サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

INS-Report 380~393

[東京大学原子核研究所] [編]

詳細情報

タイトル INS-Report
著者 [東京大学原子核研究所] [編]
著者標目 東京大学原子核研究所
出版地(国名コード) JP
出版地Tanashi
出版社Institute for Nuclear Study, University of Tokyo
出版年 1980
大きさ、容量等 14冊 ; 21×30cm
JP番号 77050729
巻次 380~393
部分タイトル 380 Symmetry restoration of the electroweak interactions(Shoichi Midorikawa) 381 Equation of motion for leptons and quarks in a dynamical subquark model(Hidezumi Terazawa) 382 Algebra of subquark charges(Hidezumi Terazawa) 383 Study of the core-exchange scattering with the full-recoil coupled-Channel calculation(B.Imanishi[ほか]) 384 Anomalous nuclear enhancement in large transverse momentum hadron productions(Masashi Wakamatsu)
部分タイトル 385 Condensation of color-triplet diquarks and manifestation of color gauge theory in hadron physics(Tetsuaki Matsumoto) 386 Dynamical subquark model of pregauge and pregeometric interactions(Hidezumi Terazawa & Keiichi Akama) 387 Symmetry breaking of SO(10)and constraints on Higgs potential(1)(Masaki Yasue) 388 Comment on phenomenological aspect of SO(10)(Masaki Yasue) 389 Subquark pregeometry with spontaneously broken conformal invariance(Hidezumi Terazawa & Keiichi Akama)
部分タイトル 390 Anomalous ward identities and path integration(Kazuo Fuzikawa) 391 How to break SO(10)via SO(4)SO(6)down to SU(2)L×SU(3)C×U(1)(Masaki Yasue) 392 Symmetry behavior of the effective gauge theory(Shoichi Midorikawa) 393 Sigma model in many body problem(Hirokazu Tezuka)
出版年月日等 1980.5-11
NDLC MC261
NDC 429.5
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで