サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

Research report : IPPJ 557~568

[名古屋大学プラズマ研究所] [編]

詳細情報

タイトル Research report : IPPJ
著者 [名古屋大学プラズマ研究所] [編]
著者標目 名古屋大学プラズマ研究所
出版地(国名コード) JP
出版地Nagoya
出版社Institute of Plasma Physics Nagoya University
出版年 1982
大きさ、容量等 12冊 ; 30cm
JP番号 77050722
巻次 557~568
部分タイトル 557 Heat flux in the presence of shifting cold and hot electron Maxwellian distributions(Hideo Ichiba & Masatada Ogasawara) 558 Stabilization of electrostatic flute mode due to hot electron ring and rf field(H.Sanuki) 559 Possible method for burn control by compression-decompression(Masao Okamoto[ほか]) 560 Plasma measurement by feedback-stabilized dual-beam laser interferometer(Akio Yasuda[ほか])
部分タイトル 561 Trapped-ion anomalous diffusion coefficient on the basis of single mode saturation(Yuji Koshi[ほか]) 562 Stochastic motion of particles in tandem mirror devices(Yoshi H.Ichikawa[ほか]) 563 Population inversion and threshold condition for laser oscillation in optically thin and thick recombining plasmas(Toshiatsu Oda & Utaro Furukane) 564 Collision experiment on highly ionized ions using vacuum spark source(S.Takagi[ほか])
部分タイトル 565 Cross sections for one-electron capture by hyghly stripped ions of Be,B and C from H2 and Ar below 10 KeV(S.Takagi[ほか]) 566 Is magnetic compression effective in burning tokamak experiments?(K.Yamazaki) 567 Experiment on heating with simultaneous injection of neutralbeam and lower hybrid waves in the Jipp T-2 Torus(N.Noda[ほか]) 568 Summary of USA-Japan workshop on sub-millimeter diagnostic techniques January 18 - January 21,1982
出版年月日等 1982.3-4
NDLC MC241
NDC 427.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで