サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

Research report : IPPJ 497~507

[名古屋大学プラズマ研究所] [編]

詳細情報

タイトル Research report : IPPJ
著者 [名古屋大学プラズマ研究所] [編]
著者標目 名古屋大学プラズマ研究所
出版地(国名コード) JP
出版地Nagoya
出版社Institute of Plasma Physics Nagoya University
出版年 1981
大きさ、容量等 11冊 ; 30cm
JP番号 77050717
巻次 497~507
部分タイトル 497 Characteristics of hot electron ring in a simple magnetic mirror field(M.Hosokawa & H.Ikegami) 498 XUV radiation transfer through high-Z metal foil in a laserproduced plasma(J.Mizui[ほか]) 499 Twin tori for a new bundle divertor(Kazunari Ikuta) 500 Reacting plasma project at IPP Japan(A.Miyahara[ほか])
部分タイトル 501 Overview of surface study of fusion research in universities linkage organization 2(Akira Miyahara[ほか]) 502 Simulation for implosion of hollow shell target bombarded by proton beam(Shigeo Kawata & Keishiro Niu) 503 Overview of neutral beam injector technology development at universities(Akira Miyahara) 504 Spectroscopic determination of ion density ratio n(He++)/n(He+) in and MPD arcjet plasma(K.Matsunaga[ほか])
部分タイトル 505 Study of effects of impurity ions and neutral atoms on reversed-field pinch by 2-D MHD pinch simulation(A.Nagata[ほか]) 506 Impurity behavior before and during the rise of the electron density in JIPP T-2 tokamak plasma(M.Sato[ほか]) 507 Impurity sheath formation scenario for plasma edge cooling(K.Ikuta & T.Hatori)
出版年月日等 1980.12-1981.2
NDLC MC241
NDC 427.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで