サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本・東洋音楽論考

東洋音楽学会 編

詳細情報

タイトル 日本・東洋音楽論考
著者 東洋音楽学会 編
著者標目 東洋音楽学会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社音楽之友社
出版年 1969
大きさ、容量等 518, 326p ; 22cm
注記 創立三十周年記念
価格 6500円 (税込)
JP番号 75048901
部分タイトル 東洋音楽と西洋音楽の対立についての疑義(田辺尚雄) 伎楽曲新考(林謙三) 「風俗」余聞(平出久雄) 大原流魚山声明に介在する経過的変音について(坊城道澄) 声明の音組成に関する一考察(岩田宗一) 天吹について(白尾国利) 「歌系図」の著者(倉田喜弘) 忘れ唱歌攷(大久間喜一郎) 「語りもの」音楽における語りと伴奏(井野辺潔) 浄瑠璃評判記序文の演劇史的意義(横山正) 江戸における豊後節の停止と再建の前後(町田佳声) 長唄<次第>の形式分類(田中伝左衛門) カブキの下座音楽について(友近一義) 近代仏教音楽の展望(竹内淳有) 琉球の古典音楽と平家音楽の結びつき(山内盛彬) 続八丈島民謡考(渡辺従義) 苗族の芦笙をめぐる一考察(山口京子) 東西音楽の交流への一視点(藤井知昭)
部分タイトル 尺八の音律について(金森義雄) 民族音楽学と言語学の方法論上の平行性について(松本総) 東西音楽の比較美学(野村良雄) 支那哲学における歌謡と音楽(今井通郎) 兼常氏による平家琵琶「山路」の音律調査についての疑問および訂正試論(長内忠雄) 台南孔子廟の楽舞(黒沢隆朝) ギリヤーク民謡の音組織について(谷本一之) 八丈島のわらべうた調査(長広比登志) 奄美民謡における三味線について(蒲生郷昭) 構造式を用いて音組織を比較分析する方法(柿木吾郎) 琉球旋法について一考察(大西友信) 「田植ばやし」の田植歌謡の詩型と曲型の関係について(内田るり子) 箏組歌の旋律形態について(三谷陽子) 東大寺二月堂声明(牧野英三) 雅楽における「調子」について(増本喜久子)
出版年月日等 1969
件名(キーワード) 音楽 (日本)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 音楽 (東洋)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KD151
NDLC KD211
NDC 762.1
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで