サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

つげ義春の世界

詳細情報

タイトル つげ義春の世界
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社青林堂
出版年 1970
大きさ、容量等 313p ; 19cm
価格 780円 (税込)
JP番号 75045797
部分タイトル つげ義春論 "李さん一家"の国境線(赤瀬川原平) 存在論的反マンガ(石子順造) 笑わぬオカッパの少女論(唐十郎) すべてこれ貧窮問答歌(川崎彰彦) 子どもマンガにおける<生>の論理(梶井純) 不可能性への出版(菊地浅次郎) 「山椒魚」の完璧性と生存の問題(桂善隆) 出家遁世の隠者の芸術(佐藤忠男) 内臓外出は表現への転換点(鈴木志郎康) マンガ批評家=つげ義春(左右田本多) 水色のユーモア(竹内健) 不随意のイメージ「ねじ式」(谷川晃一) 凝視を誘う風景(波多野哲郎) 羊水のやさしさ(由良君美) 詩的な時代の恐怖絵図(吉増剛造) つげ義春のミステリィ(宮川明子) つげ義春の文章 自伝的回想記,密航,犯罪・空腹・宗教,陽気に踊る土着の大衆.つげ義春の作品 沼,李さん一家,ゲンセンカン主人
出版年月日等 1970
件名(キーワード) つげ, 義春, 1937-
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KC222
NDC 726.1
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで