サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

仏教思想論叢 : 佐藤博士古稀記念

佐藤, 密雄, 1901-

詳細情報

タイトル 仏教思想論叢 : 佐藤博士古稀記念
著者標目 佐藤, 密雄, 1901-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社山喜房仏書林
出版年 1972
大きさ、容量等 1118, 5, 5p 肖像 ; 26cm
価格 15000円 (税込)
JP番号 74006780
部分タイトル 無記説とパリバージャカ(石上善応) 浄土教研究における一、二の問題(続)(春日井真也) 正理学派の推論法に対する唯物論の難駁(金倉円照) ニカーヤにおけるbrahma-とdhamma-との対句用例(雲井照善) 入真言門論について(酒井真典) karuna,mahakaruna,大悲(桜部建) 大乗十法経の如来蔵説(高崎直道) 婆沙所収異部教義について(宅見春雄) アショーカ時代の仏教史研究の問題点(塚本啓祥) 無尽財と部派(友松円諦) 浄土信仰にともなう問題の普遍性と特殊性-名号と変成男子とについて(中村元) 清弁の声聞批判-インドにおける大乗仏説論(野沢静証) パーリ仏教における輪廻と解脱(早島鏡正) 三衣について(平川彰) 華厳経の譬喩表現(福原亮厳)
部分タイトル 原始仏教における禅定思想(藤田宏達) 倶舎論の教義についての二,三の覚え書き(舟橋一哉) 一来について(真野竜海) Guhyasamaja-tantraの五仏説について(壬生台舜) 近時の「心性本浄」研究の展開と問題(西義雄) サーンクャ(数論)の解脱の主体についてーサーンクャ・カーリカー(数論頌)六四をめぐって(村上真完) ダルマ(法)と智恵の問題-サーンキャ・ヨーガと仏教(山口恵照) 『梵網戒経』の注釈についてー道[セン]・法進・善珠をめぐって(石田瑞麿) 維摩経における玄弉訳の特質(大鹿実秋) 円覚経惟愨疏について(鎌田茂雄) 教相と教判(関口真大) 唯識思想の中国的屈折序説(武内紹晃) 羅什の仏身論(玉城康四郎)
部分タイトル 南山大師の戒律観について(徳田明本) 僧宝について(土橋秀高) 観世音応験記に関する一、二の問題(牧田諦亮) 中国仏教と大乗戒壇(道端良秀) 自搏と自撲についてー楊聯陞教授の論説によせて(吉岡義豊) 四分律宗の戒体論(宮林昭彦) 江戸時代浄土宗の復古と革新運動(井川定慶) 法然上人における逆修について(大谷旭雄) 救済思想の一考察-特に親鸞の思想をめぐりて(桐渓順忍) 覚鑁無言行について(櫛田良洪) 法然上人の戒観史考(三田全信) 伝戒護国と立正安国(竹田暢典) 浄土宗一条派の確立(玉山成元) 法然上人の念仏思想組成と廃助傍の三義について(坪井俊映) 機の論理(服部英淳) 浄土教美術再論(藤吉慈海) 永平教団における寂円派について(古田紹欽)
部分タイトル 浄土三部経音義集における緯書(安居香山) 仏教と社会主義・共産主義(大類純) 道徳と宗教(川田熊太郎) 浄土教における「危機」の特質(竹中信常) 受戒の民俗性(中村康隆) 日本人の宗教意識の本質に関する一考察(序説)(仁戸田六三郎) 沖縄の仏教儀礼-石垣市における"大焼香"覚書(藤井正雄) ハイデガーと浄土教-Instandigkeitとpurva-pranidhana(峰島旭雄) 仏教の真実、中道と涅槃-中道の原始型と根本中の立場(宮本正尊) 西トルキスタンの仏教(B.A.Livtisky著 水谷幸正訳) 報恩-anrnya(原実) 荻原博士蒐集パーリ語語彙(佐藤良智) 佐藤密雄博士略歴・論文・著作目録
出版年月日等 1972
件名(キーワード) 仏教
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC HM51
NDC 180.4
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで