サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

禅と日本文化の諸問題

荻須純道 編

詳細情報

タイトル 禅と日本文化の諸問題
著者 荻須純道 編
著者標目 荻須, 純道, 1907-
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社平楽寺書店
出版年 1969
大きさ、容量等 435, 16p 図版 ; 22cm
価格 3000円 (税込)
JP番号 74006593
部分タイトル 日本中世禅思想の展開-臨済禅を中心として(荻原純道) 日本禅の特色(柳田聖山) 法燈円明国師之縁起についてー中世における唱導と絵解の一例(宮崎円遵) 僧伝小考三題(玉村竹二) 中岩円月の中国文学的背景(久須本文雄) 絶海中津と明僧との交渉-文学へのいましめ(牧田諦亮) 瑞溪周鳳の『刻楮集』について(伊藤東慎) 華叟宗曇とその門下(平野宗浄) 鉄山宗鈍(古田紹欽) 斯経慧梁と江湖道場の開創について(加藤正俊) 徒然草の思想-特に仏教文学作品としての一試論(鷲山樹心) 謡曲における禅語の二三について(佐竹大鑑) 鈴木正三の念仏禅(藤吉慈海) 禅における宗教と文化の関係-「転」の宗教と「幽」の文化の相即(西村恵信) 無諍の論理-「仏教における戦争体験」6(市川白弦) 禅と日本文化の将来(西谷啓治) 禅における人間尊重観-特に黄檗・臨済父子の禅を中心として(西義雄) The stone garden(Toru Mori)
出版年月日等 1969
件名(キーワード)
件名(キーワード) 日本--文化
NDLC HM175
NDC 188.8
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで