サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

名古屋大学文学部二十周年記念論集

宇都宮, 清吉, 1905-1998,新村, 猛, 1905-1992,名古屋大学文学部

詳細情報

タイトル 名古屋大学文学部二十周年記念論集
著者標目 宇都宮, 清吉, 1905-1998
著者標目 新村, 猛, 1905-1992
著者標目 名古屋大学文学部
出版地(国名コード) JP
出版地名古屋
出版社名古屋大学文学部
出版年 1969
大きさ、容量等 808p 図版 ; 27cm
注記 宇都宮清吉教授・新村猛教授退官記念
JP番号 74004970
部分タイトル 宇都宮清吉教授略歴・主要著書論文,新村猛教授略歴・主要著書論文 スピノザ哲学研究序説その1(竹内良知) 独断的理性への懐疑-先批判期カントの最初の転回について(赤松常弘) ジョン・ロック「人間悟性論」についてその1(河邑光夫) 論語における《鬼神》についてー儒教の宗教的性格(山下龍二) Arthasamgraha和訳解説第2(北川秀則) 心理的ポテンシャル場の理論による文字パターンの研究(横瀬善正) 精神身体症患者の知覚に関する研究第2(内山道明,鈴木正弥) 間隔距離の知覚に関する測定条件の実験的研究第2(後藤倬男) 時間錯誤についての一考察(伊藤法瑞) Group Cohesiveness,Conflicting Induction,and Productivity(前田恒) バーミヤーンにおける千体仏的世界の展開第2部(柏瀬清一郎)
部分タイトル マックス・ウェーバーにおける社会学の意味(阿閉吉男) Associationの概念の系譜第1(田中清助) 「社会調査」研究に対する二つの立場-ソヴェト社会学とアメリカ社会学(佐野勝隆) 中世寺院における自治の発展-東寺学衆方の機構を中心に(網野善彦) 朝鮮役における水軍編成について(三鬼清一郎) 天平期における女官の動向について(玉井力) 顔氏家訓解題(宇都宮清吉) 袁世凱の帝制と段祺瑞・馮国璋(波多野善大) 五湖十六国史上における苻堅の位置(谷川道雄) 荀[イク]の生涯-清流士大夫の生き方をめぐって(丹羽兌子) オックスフォード・メソジズムの起源(岸田紀)
部分タイトル 濃・飛・越山地に出土する石皿の研究-九頭竜川上流域と庄川上・中流域(澄田正一) 瓷器の道第1-信濃における灰釉陶器の分布(楢崎彰一) 濃尾平野南部の地盤沈下と地下水利用(井関弘太郎) 都市の人口規模とBasic-Nonbasic Ratio(加藤英生) 形態的過程に関係する蓋然性のある原蒙古語に於ける長母音に就いてー原蒙古語の母音体系に就いての研究第3(野村正良) ホーマーにおけるεσθλοδについて(風間喜代三) Logograms of Japanese Vowels-A Preliminary Study(打田佐太郎) 安和の変に関する大鏡・栄花物語の記述について(松村博司) ほか
出版年月日等 1969
NDLC US15
NDC 041
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで