サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

鎌倉仏教形成の問題点

日本仏教学会 編

詳細情報

タイトル 鎌倉仏教形成の問題点
著者 日本仏教学会 編
著者標目 日本仏教学会
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社平楽寺書店
出版年 1969
大きさ、容量等 262p ; 22cm
価格 2000円 (税込)
JP番号 74003198
部分タイトル 鎌倉新仏教興起の因由-特に中古天台を中心としての一考察(西義雄) 旧仏教における復古思想(納富常天) 鎌倉仏教の歴史的評価(田村円澄) 鎌倉仏教と体制イデオロギー(北西弘) 鎌倉仏教の形成と戒律の問題(武田賢寿) 高野山における鎌倉仏教(和多昭夫) 鎌倉期における真言教学史上の問題点-頼瑜の位置とその思想(佐藤隆賢) 解脱上人とその念仏(富貴原章信) 明恵上人とその周辺(岡村圭真) 鎌倉期に発揮された唯識説(山崎慶輝) 日本中世における臨済禅の形成について(荻須純道) 仏教思想史上における道元(玉城康四郎) 道元禅師の禅法に就いて(中川孝) 日蓮の宗教における一般性と特殊性(宮崎英修) 末法思想に関する試論-「末法為正」(日蓮)の意味について(町田是正) 歴史観における日蓮の特色(茂田井教亨) 聖徳太子廟の信仰と鎌倉仏教(藤田清) 中世仏教における伝道の問題-主として絵解について(宮崎円遵)
出版年月日等 1969
件名(キーワード) 仏教--日本--歴史--鎌倉時代
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC HM85
NDC 180.21
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで