サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

支那事変陸軍作戦 2 (昭和十四年九月まで)

防衛庁防衛研修所戦史室 編

詳細情報

タイトル 支那事変陸軍作戦
著者 防衛庁防衛研修所戦史室 編
著者標目 防衛庁防衛研修所戦史室
シリーズ名 戦史叢書
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝雲新聞社
出版年 1976
大きさ、容量等 466p 図 地図・表4枚 (袋入) ; 22cm
価格 4200円 (税込)
JP番号 73023114
巻次 2 (昭和十四年九月まで)
出版年月日等 1976
件名(キーワード) 日中戦争 (1937-1945)
NDLC GB521
NDC 393.2
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 支那事変陸軍作戦
  • 目次
  • まえがき・凡例
  • 第一章昭和十三年三月ころの全般状況 一
  • 一 戦面不拡大方針の決定と作戦指導要綱 一
  • 支那事変処理根本方針の決定 (1)
  • 長期戦準備と不拡大方針 (3)
  • 陸軍の作戦指導要綱 (5)
  • 二 戦闘序列の変更、在支各軍の基本任務 六
  • 三 昭和十三年三月ころの戦況概要 一一
  • 北支方面の概況 (11)
  • 蒙彊方面の概況 (16)
  • 中支方面の概況 (16)
  • 第二章不拡大方針の破綻と徐州会戦 二四
  • 一 台児庄方面の作戦 二四
  • 津浦線方面の敵軍の活発化 第二軍の撃壌指示
  • 第十師団の南進命令 北支那方面軍命令 第二軍の南進命令 瀬谷支隊の南進 瀬谷支隊の台児庄進出 坂本支隊の南下困難 台児庄方面の戦局激化 瀬谷支隊主力の台児庄攻撃 坂本支隊の台児
  • 庄方面進出 両支隊の台児庄方面離脱 坂本支隊を第十師団長に配属 中国側の戦勝宣伝 北支那方面軍戦闘序列改定
  • 二 徐州作戦への発展と作戦計画 四三
  • 北支那方面軍の徐州作戦要望 大本営の徐州作戦下令 大本営派遣班 北支那方面軍の会戦指導方
  • 策方面軍の準備命令 作戦打ち合わせ会議第一軍の開封占領要望 方面軍命令下達 中支那派遣軍の徐州会戦計画
  • 三 徐州作戦の経過概要 五二
  • 第二軍の敵主力抑留作戦 (52)
  • 第十師団の敵攻勢阻止 第十師団の攻勢移転 草場支隊の増加 第五師団の折州攻略と南下 北労溝地区の苦闘 片桐支隊の攻撃 坂本支隊の第五師団復帰 関東軍からの応急派兵
  • 第二軍の徐州作戦発動と作戦指導 (61)
  • 第二軍の準備命令 第二軍の徐州作戦発動第十六師団の攻撃 第十師団の微山湖西方転進 大本営の作戦地境指示と急進撃 第五師団の追撃作戦第百十四師団の追撃
  • 第一軍の徐州作戦準備と黄河渡河 (65)
  • 第一軍作戦準備命令 第十四師団の黄河渡河 第十四師団の帰徳転進問題 蘭封攻略
  • 中支那派遣軍の作戦指導 (69)
  • 坂井支隊の廬州占領 佐藤支隊の阜寧占領 海軍の連雲港占領 派遣軍主力の攻撃前進 派遣軍主力の前進方面決定 第三師団の作戦参加 徐州突進の軍命令 徐州、宿県の占領 軍の追撃部署 大本営指示と軍の集結
  • 北支那方面軍の追撃 (73)
  • 方面軍の追撃部署 帰徳攻略 方面軍、開封南東方地区進出を下令 大本営の作戦規制と蘭封以西の追撃 方面軍の兵力集結 中国軍の黄河決壊 魯西掃討作戦 第一軍司令官等の更迭
  • 四 徐州作戦間における既占拠地域の警備 七九
  • 第一軍の粛清作戦 (79)
  • 新警備態勢への転移 第二十師団の勇戦苦闘 第二十師団の総攻撃開始 第一軍の新配備
  • 北支那方面軍直轄地域の警備 (82)
  • 中支における占拠地の警備 (82)
  • 第三章武漢攻略作戦 八四
  • 一 漢口攻略作戦決定とこれに伴う諸施策 八四
  • 漢口作戦実施決定の経緯 (84)
  • 中国側の一般状況 漢口作戦実施決定の経緯 南北両政権の声明
  • 内閣改造と国内の戦時態勢強化 (88)
  • 内閣改造と五相会議 今後の支那事変指導方針 政府声明 軍需動員の一端
  • 中国現中央政権に対する対策 (92)
  • 中国現中央政府屈伏(否屈伏)の対策 対支謀略 陸軍の謀略計画
  • 支那新中央政府樹立指導方針と内面指導大綱 (102)
  • 支那新中央政府樹立指導方策 支那政権内面指導 大綱 現地軍の意見 対支特別委員会の設置
  • 陸軍の秋季作戦を中心とする戦争指導大綱 (106)
  • 全般の兵力整備と対ソ警戒 (107)
  • 満州方面 北支方面 中支方面 全般配置
  • 二 大本営の作戦構想と現地軍との調整 一〇九
  • 大本営の作戦構想 現地軍との調整 大命下令
  • 三 中支那派遣軍の作戦準備 一一一
  • 徐州作戦直後の地歩獲得作戦 (111)
  • 寿県地区の攻略 安慶攻略 安慶攻略に伴う宣伝 湖口攻略 中支那派遣軍、第二軍、第十一軍の戦闘序列 (114)
  • 漢口作戦の兵力部署と集中 (117)
  • 大本営との漢口作戦打ち合わせ 派遣軍の準備命令 陸海軍協定 陸海軍航空協定 輸送処理と通貨問題 第二軍の集中 派遣軍直轄兵団の集中
  • 第十一軍の集中地獲得作戦と集中 (129)
  • 第六師団の黄梅攻略 九江攻略 星子攻略 第九師団の九江進出 第二十七師団の九江方面進出
  • 張鼓峯事件の勃発 (134)
  • 四 作戦経過の概要 一三六
  • 大本営及び派遣軍の攻略命令 (136)
  • 大本営命令 派遣軍命令
  • 第二軍の信陽攻略と大別山系突破作戦 (139)
  • 第二軍の攻撃部署 六安、霍山の占領 商城占領固始、光州の攻略 羅山占領 第二軍正面の敵
  • 兵力増加 大別山系突破、信陽進出の派遣軍命令
  • 第二軍の兵力部署 道路不良と淮河遡江輸送
  • 信陽攻略 漢口方面南下の派遣軍命令 信陽からの南下 大別山系の突破
  • 第十一軍の瑞昌、徳安、広済、田家鎮への前進 (151)
  • 第十一軍の会戦準備要領 瑞昌攻略 徳安北方への前進 広済攻略 田家鎮要塞の攻略 第十一軍に志摩支隊配属
  • 瑞昌西方への進出と第十一軍の作戦指導変更 (161)
  • 瑞昌西方地区への進攻 第十一軍の作戦指導の変更 第二十七師団の戦闘加入
  • 第十一軍の武漢進攻と粤漢線遮断 (165)
  • 漢口攻略の派遣軍命令 第十一軍の武漢攻略命令
  • 富水に向かう追撃 第百六師団の徳安西方に向かう作戦 救援部隊の派遣 江岸作戦の推進 第六師団の漢口進攻 漢口進入の派遣軍命令 漢口 攻略 第九師団、波田支隊の富水渡河 武昌攻略と粤漢線遮断 徳安攻略 永修占領
  • 武漢攻略後の追撃作戦 (190)
  • 大本営の作戦統制 第二軍の作戦指導 応山、徳安(安陸)、花園地区の撃滅戦 応城、孝感地区への進出 騎兵第四旅団の配属 第二軍の兵力整頓
  • 第十一軍の岳州進攻 今村支隊の遡江作戦 第十一軍の警備態勢転移命令
  • 武漢作戦における航空作戦概要 (200)
  • 航空部隊の編制改正 在支航空部隊の戦闘序列下令 航空兵団の中支集中 航空兵団の作戦部署 各飛行団の作戦概要 航空撃滅戦 航空作戦の実績
  • 武漢作戦終了に伴う警備態勢転移 (207)
  • 派遣軍の態勢整理 第二軍の配備変更と戦闘序列解除 第十一軍の警備態勢転移 兵站の整理 政務処理要綱
  • 武漢作戦間における北支方面の概況と武漢作戦策応 (211)
  • 戦闘序列の改定と一般警備態勢 第一軍、騎兵集団の漢口作戦策応 飛行部隊の策応 治安粛正要綱
  • 第四章広東攻略作戦 二一九
  • 一 広東作戦実施決定の経緯と大本営の作戦構想 二一九
  • 作戦実施決定の経緯 第三国に対する配慮 作戦準備 攻略命令と作戦構想
  • 二 作戦軍の作戦準備と馬公集合 二二五
  • 第二十一軍の作戦計画 (225)
  • 馬公集合と作戦命令下達 (226)
  • 各部隊の馬公集合 南支方面の敵情 軍命令下達
  • 三 作戦経過の概要 二三一
  • 軍主力の馬公出発と陽動 (231)
  • 軍主力の発進 汕頭方面陽動
  • 白耶士湾上陸から東江河畔までの作戦 (232)
  • 上陸成功 第十八師団の追撃 及川支隊の追撃
  • 第百四師団の追撃 軍の作戦指導 第十八師団の恵州攻略
  • 東江から増江に至る作戦 (235)
  • 第十八師団の前進 増城を奇襲占領 及川支隊の竜華〓進出 第百四師団の追及状況
  • 増城付近の戦闘と広東に向かう追撃 (238)
  • 第十八師団の増城地区攻撃準備 軍の追撃命令第十八師団の増城陣地突破 軍の作戦指導 第十八師団の広東突入 及川支隊の従化進出 第百四師団の大平場進出
  • 第五師団の珠江遡江作戦 (243)
  • 作戦の繰り上げ実施 虎門要塞の攻略 広東、仏山、三水方面への進出
  • 陸軍航空部隊の状況 (246)
  • 海軍航空部隊の活躍 (246)
  • 通信、後方 (247)
  • 通信部隊の追随困難 補給の困難 人馬疾病の多発
  • 四 作戦後の態勢と戦果 二四八
  • 軍の兵力集結 (248)
  • 軍の集結命令 各兵団の配置と集結 後続部隊の追及
  • 戦果 (250)
  • 政務処理要綱
  • 第五章戦略持久転移と時局処理 二五二
  • 一 政府声明と日支新関係
  • 調整方針の決定 二五二
  • 武漢攻略と中国の抗戦士気 (252)
  • 漢口陥落に国民は歓呼 蒋介石の全国軍官民に告ぐるの書 時局処理の統一
  • 国民政府といえども拒否せざる旨の政府声明 (254)
  • 日支新関係調整方針の決定 (256)
  • 方針の決定 現地軍への通達
  • 近衛第三次声明 (260)
  • 近衛内閣の辞職と平沼内閣の誕生 (261)
  • 二 汪兆銘(精衛)の重慶脱出と呉侃俘工作 二六三
  • 汪兆銘の重慶脱出までの概要 (263)
  • 汪兆銘の和平声明と中国国防会議への和平提議 (270)
  • 汪兆銘の上海到着と渡日 (275)
  • 呉佩孚工作 (278)
  • 三 陸軍の戦争指導 二七九
  • 昭和十三年秋季以降戦争指導方針と対支処理方策 (279)
  • 情勢判断 陸軍の戦争指導方針 新中央政府樹立
  • 工作を現地軍に指示 陸軍の対支処理方策 陸軍省部の施策統一 将校に対する事変の真義徹底
  • 陸軍の対支作戦指導 (295)
  • 陸軍作戦指導要綱 任務付与の大陸命
  • 在支部隊の整理 (299)
  • 全般方針と整備概要 在支部隊の主要な動き 在支部隊の人事異動
  • 国際転機に応ずる戦争準備と事変処理 (305)
  • 参謀次長の講演
  • 四 対支処理における外交問題 三〇七
  • 興亜院の設置 (307)
  • 宇垣外相の辞任 興亜院の設置 興亜院連絡部の設置
  • 対外懸案の累積と解決対策 (315)
  • 天津租界問題 (319)
  • 日米通商航海条約破棄の予告 (320)
  • 五 三国協定問題とノモンハン事件 三二一
  • ノモンハン事件 (321)
  • 三国協定交渉の停滞と独ソの接近 (325)
  • 平沼内閣の辞職 (327)
  • 六 国内の戦時態勢の推進 三二八
  • 昭和十四年度
  • 国家総動員実施計画の設定 (328)
  • 生産力の拡充問題 (329)
  • 生産力拡充計画要綱の決定 昭和十四年度生産力
  • 拡充計画の実績
  • 国民精神総動員の強化 (331)
  • 国民精神総動員強化方策 中央聯盟の整備拡充
  • 国民精神総動員委員会の新設 国民精神総動員新
  • 展開の基本方針
  • 第六章昭和十四年初頭から秋ころまでの中国方面の作戦 三三五
  • 全般概況 (335)
  • 一 南支方面の作戦 三三六
  • 概況 (336)
  • 海南島攻略作戦 (337)
  • 海南島の戦略的価値 海南島攻略 海南島攻略の反響 政務処理 新南群島の領有宣言
  • 西江作戦 (341)
  • 四月作戦 (342)
  • 汕頭、潮州攻略作戦 (343)
  • 夏季作戦 (346)
  • 深切付近攻略戦 (346)
  • 二 中支方面の作戦 三四八
  • 概況 (348)
  • 南昌攻略作戦 (350)
  • 作戦準備(敵情 派遣軍の作戦要綱 第十一軍の会戦指導方策) 作戦径過の概要(江北方面の作戦 村井支隊の行動 修水正面の攻撃発起 戦車隊の突進 南昌攻略 第六師団の武寧方面作戦
  • 派遣軍直轄兵団の作戦)
  • 襄東会戦 (362)
  • 作戦指導(敵情 兵力転用 会戦指導方策 大本
  • 営の越境作戦認可会戦準備命令) 作戦経過の概要(包囲圏の構成 包囲圏の圧縮 反転作戦)
  • 轄湘会戦 (374)
  • 一般状況(第十一軍の諜報、謀略計画) 敵情会戦準備 作戦経過の概要
  • 三 北支方面の作戦 三八七
  • 概況 (387)
  • 粛正作戦と治安工作の概要 (403)
  • 第一期粛正作戦(昭和十四年一月ー五月) (405)
  • 三月の治安状況 南部山西軍掃討作戦 北部山西軍掃討作戦 五台作戦 蘇北作戦 春季反撃作戦
  • 第二期粛正作戦(昭和+四年六月ー九月) (422)
  • 魯南作戦 魯西作戦 晋東作戦 第二期の治安工作の概要
  • 四 航空作戦の概要 四三四
  • 航空兵団の戦政略作戦への転換 (434)
  • 奥地進行作戦の実施 (435)
  • 航空部隊の改編と作戦概要 (440)
  • むすび 四四三
  • 注 四四五
  • 付録
  • 第一 関係閣僚名簿 四五〇
  • 第二 大本営陸軍部主要関係人名 四五二
  • 第三 支那事変処理根本方針 四五三
  • 第四 昭和十三年一月十六日の政府声明 四五五
  • 第五 大陸命第二百号(別冊第二十一軍戦闘序列) 四五六
  • 第六 時局処理ニ関スル件 四六〇
  • 第七 交戦法規の適用 四六五
  • 参考「南西方面陸軍作戦ーマレー・蘭印の防衛」正誤表 巻末
  • 別冊・付図 目次
  • 付図第一 支那東部図
  • 付図第二 徐州会戦経過概要図
  • 付図第三 武漢攻略作戦経過概要図
  • 付図第四 広東攻略作戦経過概要図

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで