サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

地域概念の変遷

大阪歴史学会, 地方史研究協議会 編

詳細情報

タイトル 地域概念の変遷
著者 大阪歴史学会, 地方史研究協議会 編
著者標目 大阪歴史学会
著者標目 地方史研究協議会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社雄山閣出版
出版年 1975
大きさ、容量等 402p ; 22cm
価格 4000円 (税込)
JP番号 73022901
部分タイトル 地域概念の変遷 地域概念の歴史的変遷(芳賀登) 考古学での「地域」について(嶋田暁) 凡河内直氏と国造制(吉田晶) 古代国家の成立と難波宮(直木孝次郎) 中世末期における摂河泉地方(豊田武) 中世畿内の村落と国人一揆(福留照尚) 和泉地方における郷村制研究の視点(大越勝秋) 明治前期における大阪の民衆運動(北崎豊二) 大阪府三島郡山田村の小作争議-大正11年-昭和3年(彦坂久伸) 戦後大阪府下の市町村史編さん動向(藤本篤) 《討論要旨》地域概念の変遷 文化財保存運動 地域社会と遺蹟-大阪府枚方市における現状から(瀬川芳則) 荘園遺構の保存問題によせて(永原慶二) 河越館跡の調査と保存運動(小泉功) 千葉県における中世の城郭遺跡-その分布と構造的特徴について(伊藤一男) 富田林・寺内町保全の問題点(禰酒太郎) 歴史的風土保存とその運動-鎌倉を例として(井上隆男) 歴史的環境保存の住民運動展開のためにー多摩川の自然保護運動の経験から(横山十四男) 《討論要旨》文化財保存の問題
出版年月日等 1975
件名(キーワード) 地方史--研究・指導
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 大阪府--歴史
NDLC GB34
NDLC GC161
NDC 210.07
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで