サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本近代化の研究 下 (大正・昭和編)

高橋幸八郎 編

詳細情報

タイトル 日本近代化の研究
著者 高橋幸八郎 編
著者標目 高橋, 幸八郎, 1912-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社東京大学出版会
出版年 1972
大きさ、容量等 648p ; 22cm
JP番号 73022572
巻次 下 (大正・昭和編)
部分タイトル 大正デモクラシー運動の前提-近代天皇制の軍事的編成がえ(大江志乃夫) 工場法の成立と実施における官僚群(篭山京) 第一次大戦後のわが国における労働組合法案の展開(深山喜一郎) 戦前日本資本主義における工業構成-日本資本主義の再生産構造分析のために(塩沢君夫(代表)) 大正三年・昭和十年の産業連関表試算(森一夫) 三井財閥の形成と日本帝国主義(加藤幸三郎) 後進県における製糸業の形成と展開(山田舜) 日本における鉄道政策の展開-とくに第一次世界大戦後を中心として(杉野圀明) 両大戦間のインフレーションーとくに為替相場と物価について(川合一郎) 高橋財政下の地方財政(吉田震太郎) 鈴木商店金子直吉における経営者機能と企業者機能(井上忠勝) 日露戦後における非軍国主義の潮流の一波頭-東洋経済新報の場合(松尾尊兌) 大正期のアナーキズムー大杉栄を中心に(飛鳥井雅道) 日本プロテスタンティズムと大塚史学の形成(内田芳明) 既成仏教教団の構造変化-とくに第二次大戦後を中心に(戸上宗賢) 「日本近代化論」における「地方自治」研究の問題点-K.シュタイナーの研究について(山田公平)
出版年月日等 1972
件名(キーワード) 日本--歴史--明治以後
NDLC GB411
NDC 210.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで