サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

大阪の研究 第4巻 (蔵屋敷の研究・鴻池家の研究)

宮本又次 編

詳細情報

タイトル 大阪の研究
著者 宮本又次 編
著者標目 宮本, 又次, 1907-1991
出版地(国名コード) JP
出版地大阪
出版社清文堂出版
出版年 1970
大きさ、容量等 771p ; 22cm
価格 5000円 (税込)
JP番号 73021991
巻次 第4巻 (蔵屋敷の研究・鴻池家の研究)
部分タイトル 蔵屋敷の研究 近世初頭の大阪における米穀流通-蔵屋敷研究の予備作業として(宮本又次) 大阪の蔵屋敷と蔵元および掛屋(宮本又次) 大阪の蔵屋敷と名代(宮本又次) 大阪の蔵屋敷と御館入(宮本又次) 加賀藩蔵屋敷払米制度に関する史料紹介(宮本又次)
部分タイトル 鴻池家の研究 鴻池家のことども(宮本又次) 近世前期大阪商人資本の存在形態-鴻池家経営史料の分析(川上雅) 近世的利子つき資本の存在形態-鴻池両替商資本の歴史的特質(作道洋太郎) 前期的資本の蓄積過程-鴻池家算用帳の研究の一節(安岡重明) 前期的資本の蓄積過程(続編)-鴻池家算用帳の研究の一節(安岡重明) 前期的資本の変質過程-鴻池研究の一節(安岡重明) 関東大名の大阪借銀-鴻池家の掛合控を中心として(森泰博)
部分タイトル 町人請負新田の経営的性格-河州鴻池新田について(藤田貞一郎) 町人請負新田における下作百姓の住家-河州鴻池新田の場合(藤田貞一郎) 徳川期鴻池新田における地主・小作関係の特質(川上雅) 鴻池新田における地主小作関係の展開(川上雅) 中新田西寺嶋・三嶋新田における下作経営(川上雅) 明治期における鴻池家の機構改革と鴻池家憲法(宮本又次) 附録 鴻池家研究文献目録(宮本又次,森泰博) 鴻池家の系図・その1・その2・近江源氏山中氏系図(作道洋太郎) 元禄末大坂大名蔵屋敷・名代・蔵元・銀掛屋(森泰博)
出版年月日等 1970
件名(キーワード) 大阪府--歴史
NDLC GC161
NDC 216.3
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで