サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

新聞集成大正編年史 大正7年度版 中

明治大正昭和新聞研究会

詳細情報

タイトル 新聞集成大正編年史
著者標目 明治大正昭和新聞研究会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社明治大正昭和新聞研究会
出版年 1975
大きさ、容量等 844p ; 27cm
価格 16800円 (税込)
JP番号 73019415
巻次 大正7年度版 中
出版年月日等 1975
件名(キーワード) 日本--歴史--大正時代
NDLC GB461
NDC 210.69
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 新聞集成大正編年史.大正7年度版 中
  • 集成新聞 大正編年史目次 大正七年度・中
  • 七月
  • 農民生活の危機・横井時敬 一
  • ヘボン講座・後日ものがたり 二
  • 法科大学から外人教授を除く 二
  • 須田町中心に大東京の建設 二
  • 小学校長、日本刀で實母を惨殺 三
  • 雇ひたい方が求職者の三倍 三
  • 驛に屑籠備付 三
  • 大阪の女11・船場女(上) 三
  • 自働車の取締 四
  • 其日の話(一) 四
  • 醫藥分業問題 四
  • 縣立工業四年生騒ぐ・岡山 五
  • 巡査の數が殖える 五
  • 麥飯のライスカレー 五
  • 其日の話(二)占い 六
  • 〓一打破と天才教育・湯原元一 六
  • 大阪の女12・船場女(下) 七
  • 勞農政府綱領 七
  • 司法官大更迭 七
  • 二瀬炭礦の贈賄 八
  • チエツク軍鳥港占領 八
  • 大阪期米の大波瀾 九
  • 蘇つた藤井兄弟・シーメンス事件 九
  • 思想界の混亂及び統一問題(下) 一〇
  • 小田原紡織の女工厭がる 一〇
  • 富士製鋼の同盟休業 一〇
  • 基本財産繰入 一一
  • 煮乾鰮の視察 一一
  • 講演相成申さず・夏期講習會の開かれる今日此の頃 一一
  • 製鍊所新設問題 一一
  • 人の町か馬の町か・木曾 一一
  • 比律賓人の學生・農林學校に 一二
  • 秀才教育・帝塚山學院問題 一二
  • 親任式、親補式、陸海軍 一三
  • 英國勞働黨の社會改造運動 一三
  • 政海七珠(26)・平田子と憲政會 一四
  • 其日の話(三)樂天宗 一五
  • チェック族の浦港占領 一五
  • 心と言葉・和辻哲郎(上) 一六
  • 中島大尉の新鋭飛行機成る 一六
  • 大學の銀時計が無くなる 一七
  • 伯刺西爾へ移住・九十一老翁 一七
  • 參謀本部の地圖(1) 一七
  • 張店廢止の第一日 一八
  • 大倉組の活躍 一八
  • 吉會借欵に反對 一九
  • 孫文歸る・平川清風 一九
  • 「茶話」 中村是公泣く・漱石のこと 二〇
  • 少年少女の犯罪・大塲茂馬 二〇
  • 大根種三萬二千貫・長崎から米國へ 二一
  • 千六百名の罷業・若松石炭仲仕 二一
  • 帝大官制改正・航空研究所 二一
  • 横暴自動車の取締 二一
  • 多いは露國人・箱根 二二
  • 參謀本部の地圖(2) 二二
  • 福岡帥範の放火生徒は校長の子 二三
  • 政海七珠(27)・原氏と加藤子 二三
  • 七十年前の米の見本 二三
  • 先づ頂上が廿圓・中元物 二四
  • 長町に大製鐵所・岩手 二四
  • 出兵の目的 二四
  • 心と言葉・和辻哲郎(中) 二五
  • 郡部の私設水道・東京 二五
  • 對支放資の趨勢 二六
  • コ中將の談 二六
  • 「鐵箒」 良犬の爲に 二七
  • 其日の話(五)看板 二七
  • 米價と一般物價・河合良成 二八
  • 水産大學の計畵 二八
  • 最も公平な採點法・高等學校 二九
  • 參謀本部の地圖(3) 二九
  • 政海七珠(28)一記者 三〇
  • 市内の交番が減る・東京 三一
  • 電車に魚は禁制・東京 三一
  • 署長召喚の眞相・東京 三一
  • 新聞紙の禁示事項 三二
  • 其日の話(六)維新史挿話 三二
  • 「鐵箒」 試験亡國論 三三
  • 心と言葉・和辻哲郎(下) 三三
  • 歷史教育と逸話教育との利弊・一二潴信三 三四
  • 日本借欵の濫費 三四
  • 百萬の部落改善・内務省 三五
  • 「文壇昔話」 土岐哀果 三五
  • 「一日一信」 秋聲 三六
  • 大阪毎日の對露策 三六
  • 一食十錢の平民食 三七
  • 女子高師生修學旅行の用意 三八
  • ク女史逝去す 三八
  • チェック蜂起事情(上)布施勝治 三八
  • 九管瀆職事件判决 三九
  • 鐵道從業員檢擧・抜取は常習 四〇
  • 銀行員徴兵忌避・三十四銀行 四〇
  • 參謀本部の地圖(4) 四〇
  • 中元、歳暮は有罪 四一
  • 登山に關する二三・辻村伊助 四二
  • 今年の富士山の物價 四二
  • 政海七珠(29)一記者・官僚の悲哀 四二
  • 森林借欵調印さる 四三
  • 伊太利へ行く職工 四三
  • 理髪營業者の取締 四三
  • 其日の話(七)薰香 四三
  • 「鐵箒」 國防と寄附 四四
  • 張氏語る 四四
  • 鳥港勞兵會大敗す 四五
  • 後藤男訪問記(一) 四六
  • 後藤男と語る(上) 四七
  • 鳥港觀戰手記(上) 四七
  • 堂島立會停止 四八
  • 越中島商船學校の大擴張 四八
  • 女工を朝鮮から 四八
  • 國勢調査の初一歩 四九
  • 都市と建築問題 四九
  • 幻影 五〇
  • チェック蜂起事情(下)布施勝治 五〇
  • 内田造船所職工の同盟罷業起る 五一
  • 米價 五一
  • 驛出札係の福音 五二
  • 彼等を救はんが爲に 五二
  • 參謀本部の地圖(5) 五三
  • 政海七珠(30)原氏の思想 五四
  • 又復眞田組子の虐待・岡山 五五
  • 東京市を縮小せよ・渡邊鐵藏 五五
  • 其日の話(八)貧乏の棒 五六
  • 「鐵箒」 獨逸の夕 五六
  • 外相の對米記者言明 五六
  • 後藤男訪問記(二) 五七
  • 「朝日評壇」 借欵頂戴 五八
  • 鳥港の觀戰手記(中) 五九
  • 秩父事件の首魁者の行方 六〇
  • 土帝崩御 六〇
  • 秩父暴動事件とは 六〇
  • 井上傳藏は總參謀長 六〇
  • 八幡製鐵所の新レコード 六一
  • 後藤男と語る(下) 六一
  • 金持連と理化學 六二
  • 政海七珠(31)政友会の妥協策 六二
  • 參謀本部の地圖(7) 六三
  • 瀆職疑獄の眞因・大塲茂馬 六四
  • 其日の話(九)風呂 六五
  • 後藤男訪問記(三) 六六
  • 邦譯ダンテ「神曲」遺篇を讀みて 六六
  • 鳥港觀戰手記(下) 六七
  • 山靈を穢す成金趣味 六八
  • 木曜會から得た夏目先生の印象(上)野上豊一郎 六八
  • 二割增收の二億枚の新切符 六九
  • 日本人の對支觀念・澤柳政太郎 六九
  • 浦鹽列國協同警備 七〇
  • 對露證券發行確定 七〇
  • 中元贈答が有罪 七一
  • 薩摩池田湖の研究 七一
  • 政界七珠(32)原内閣如何 七一
  • 米屋町稀有の大騒動・大阪 七二
  • 奪はる〓良教師・成金會社に 七二
  • 夜の立會は二度目・大阪 七三
  • 俘虜十九万・英國 七三
  • 鐵道請負工事・割增か解約か 七三
  • 古川橋墜つ・愛媛 七三
  • 北進南進 七三
  • 危なくて、東京市中が歩けぬ 七四
  • 和服監督は八日から 七四
  • 太鼓を鳴して示威運動・九州 七四
  • 參謀本部の地圖(8) 七五
  • 「凡人非凡人」 ・周旋屋の元祖(上) 七六
  • 福田狂二公判傍聽禁止 七六
  • 其日の話(一〇)狂詩狂歌 七六
  • 「鐵箒」 極東成金國 七七
  • 吉會借欵に就き 七七
  • 邦譯ダンテ「神曲」遺篇を讀みて(下) 七八
  • 「文壇昔話」 木曜會から得た夏目先生の印象(下)野上豊一郎 七九
  • 乗合自動車の許否問題・東京 七九
  • 最近貧民心理學の傾向・賀川豊彦 七九
  • 水のローマンス(一)濱町河岸 八〇
  • 後藤男訪問記(四) 八〇
  • 帝大最後の卒業式 八一
  • 敵機襲來せば 八二
  • 我觀染料界(一)明石染人 八二
  • 獨逸大使銃射さる 八三
  • 「凡人非凡人」 周施屋の元祖(下) 八三
  • 土地增價税論(一)前田稔靖 八三
  • 興國か亡國か(一)茅原華山 八四
  • 後藤男訪問記(五) 八四
  • 土新帝の即位 八五
  • 故岩本氏と希臘の神さま 八五
  • 梅小路驛の貨物抜取の關係者 八六
  • 浦港觀戰手記(下)黑龍生 八七
  • 其日の話(二)ハイカラ史 八八
  • 「文壇昔話」 (上)武林無想庵 八九
  • 水のローマンス(二) 八九
  • 三爵議員選擧 九〇
  • 男爵議員選擧 九〇
  • 上院新議員所屬 九〇
  • 各國造船高 九〇
  • 大學改革を公言 九〇
  • 增貫懲役二箇月 九〇
  • 山陽線の不通 九一
  • 第八師團管下に四千人の患者 九一
  • 我觀染料界(二)明石染人 九一
  • 支那の地租と借欵 九二
  • 政海七珠(34)政友會の苦心 九二
  • 西比利政府を訪ふ・播磨樽吉 九三
  • 土地增價税論(二)前田稔靖 九四
  • 日本人は最も黄金を濫費する 九五
  • 颱風九州を襲ふ 九五
  • 九州の豪雨被害多し 九五
  • 山陽線各所不通 九五
  • 岡山縣下の大出水 九六
  • 其日の話(一二)文身 九六
  • 日米製鐵會社設立 九六
  • 「鐵箒」 農村より 九六
  • 極東政府組織・ホ將軍宣言 九七
  • 大學及專門敎育改善案(上) 九七
  • 「文壇昔話」 (下)武林無想庵 九八
  • 憲政は出兵反對 九九
  • 岡山縣到る處洪水 九九
  • 富山縣の火事 一〇〇
  • 後藤男訪問記(六) 一〇〇
  • 我觀染料界(三)明石染人 一〇〇
  • 府立工業試驗所電氣室全燒す 一〇一
  • 政海七珠(35)牧野男の立塲 一〇一
  • 水を撒く規則・衛生課長談 一〇二
  • 土地增價税論(三)前田稔靖 一〇二
  • 巨砲牽引自動車 一〇三
  • 支那で賣れる大阪製品 一〇三
  • 其日の話(一三)釣り 一〇四
  • 九州關西方面風水害甚し 一〇四
  • 石炭船二十餘隻沈没す 一〇四
  • 和歌山の大工塲倒潰 一〇五
  • 山陰線の大椿事 一〇五
  • 滋賀縣は農作物の被害甚大 一〇五
  • 名古屋地方倒潰物多く 一〇五
  • 惨擔たる北九州 一〇五
  • 「鐵箒」 視察者 一〇六
  • 突飛な米相塲 一〇六
  • 長江没岸の風土病・河東碧梧桐 一〇六
  • 吉林の借欵反對 一〇七
  • 堂島市塲再び不穩 一〇七
  • 渡船連絡・德山下關間を 一〇八
  • 女生徒、橋と共に 一〇八
  • 暴風雨襲來 一〇八
  • 滋賀縣下・部落吹飛さる 一〇八
  • 山陰地方汽車一時不通 一〇九
  • 進行中の列車轉覆す 一〇九
  • 上郡附近被害 一〇九
  • 雑記帳 一〇九
  • 巴西行移民千七百名 一一〇
  • 各地暴風雨の被害 一一〇
  • 四國地方 一一〇
  • 和歌山方面 一一〇
  • 電信電話不通 一一一
  • 後藤外相が顔を出す・「末日會」 一一一
  • 海洋調査と水産業 一一一
  • 大學及專門敎育改善案(下) 一一二
  • 「文壇昔話」 高安月郊 一一四
  • 水のローマンス(三) 一一四
  • 大颱風襲來 一一五
  • 二瀬事件の判决 一一五
  • 岡山縣最も甚し 一一六
  • 東京附近・烈風、豪雨 一一六
  • 政海七珠(36)牧野男の將來 一一七
  • 自然を懐ふ時(一)沼波瓊音 一一八
  • 經濟界は誇大妄想(上) 一一八
  • 土地增價税論(四)前田稔靖 一一八
  • 戰艦河内爆沈す 一一九
  • 「朝日評壇」 原は曲者 一一九
  • 戰艦河内爆沈・海軍省公表 一二〇
  • 「社告」 河内殉難義金募集・大朝 一二〇
  • 日本で建造した最初の弩級艦 一二〇
  • 「青鉛筆」 カナダ日本兵 一二〇
  • 爆發の原因 一二一
  • 理化學研究所へ十萬圓 一二一
  • 日本アルプスへ露天學校を創設 一二一
  • 其日の話(一四)菓子 一二一
  • 利得税四千萬圓 一二二
  • 出兵問題如何 一二二
  • 我觀染料界(五)明石染人 一二三
  • 政海七珠(37)人格の傾向 一二四
  • 自然を懐ふ時(二)田山花袋 一二四
  • 港内被害八十萬圓 一二五
  • 經濟界は誇大妄想(下) 一二五
  • 土地增價税論(五)前田稔靖 一二六
  • 其日の話(一五)蝦夷 一二六
  • 「鐵箒」 職と職と 一二七
  • 先决問題は總辭職 一二七
  • 誤れる對支投資策 一二八
  • 工女病・生繭の出盛期には 一二八
  • 商品切手の妙な行衛 一二九
  • 琴で遊ばせた幼稚園 一二九
  • 雪を踏んで・鎗ケ嶽に 一二九
  • 其日の話(一六)風俗詩 一二九
  • 現内閣の事業 一三〇
  • 出兵と食糧問題・副島千八 一三一
  • 出兵問題 一三一
  • 伯國公使更迭 一三二
  • 「文壇昔話」 森田草平 一三二
  • 「朝日評壇」 元老會議 一三二
  • 本居翁名著の板木發見さる 一三三
  • 人物批評と時代の氣分 一三三
  • 帝大騒然・學長辭任す 一三四
  • 元老會議 一三四
  • 自然を懐ふ時(三)小川未明 一三五
  • 精錬所反對運動・地方民大擧 一三五
  • 「晝の目夜の耳」 「何々」の會 一三五
  • 上院列星・勢力一新の期待 一三六
  • 土地增價税論(六)前田稔靖 一三六
  • 民法實施以來滿二十年 一三六
  • 雪を踏んで(二)鎗ケ嶽に 一三七
  • 其日の話(一七)琉球 一三七
  • 「鐵箒」 宇宙の開拓 一三七
  • 東京醫師會の反對 一三八
  • 出兵に對する世論 一三八
  • 歷史の贋造(上)太田善男 一三九
  • 「文壇昔話」 馬塲孤蝶(上) 一三九
  • 出兵問題是非 一三九
  • 出兵問題經過 一四〇
  • 大混亂の堂島市塲 一四一
  • 廢帝暗殺さる・露國 一四一
  • 憤然職を擲つた内田露國大使 一四一
  • 孫逸仙・政務總裁承諾 一四二
  • 少數出兵に决定 一四二
  • 東大の學長互選實行 一四二
  • 官吏の旅費・五割以内增 一四二
  • 自然を懐ふ時(四)秋田雨雀 一四二
  • 「晝の目夜の耳」 魚の夢・生方敏郎 一四三
  • 作物に對する批評と私情 一四三
  • 上院列星(二)中心人物の代謝 一四四
  • 物凄き風害統計 一四四
  • 中元贈答を廢止せよ 一四四
  • 北海製鐵大發展 一四五
  • 莫斯科の大革命 一四五
  • 雪を踏んで(三)鎗ケ嶽に 一四五
  • 臨時外交調査會 一四五
  • 徹底的の米穀管理 一四六
  • 歷史の贋造(下)太田善男 一四六
  • 「文壇昔話」 馬塲孤蝶(中) 一四七
  • 新劇團消息・藝術座は松竹へ 一四八
  • 新聞紙の禁止差押へは 一四九
  • 正米空前の大暴騰 一四九
  • 眞に由々しき生活上の大問題 一四九
  • 文部省は總長公選を承認す 一五〇
  • 初めての遺傳學講座 一五〇
  • 上院列星(三)諸老の勢力失墜 一五〇
  • 岩下清周に懲役十五年 一五一
  • 自然を懐ふ時(五)水野葉舟 一五一
  • 歐米文壇物語・野口米次郎 一五二
  • 女學生が帽子を冠る 一五二
  • 娼妓契約改善 一五二
  • 小倉十二師團 一五三
  • 是れ殺人的相塲 一五三
  • 日本にも女の配達夫 一五三
  • 其日の話(一八)人相 一五三
  • 日米共同宣言提議 一五四
  • 白米が無い 一五四
  • 覆諜文案確定 一五五
  • 婦人子供の讀書界 一五五
  • 繪畵館と洋畵家の運動 一五五
  • ケレンスキー氏の對露出兵論 一五六
  • 文藝と時代常識(一)江口渙 一五七
  • 「文壇昔話」 馬塲孤蝶(下) 一五八
  • 汝の倉を開け・米の大暴騰 一五八
  • 上院列星(四)秀才復活の曙光 一五九
  • 議題に上つた學習院・男女學生の風儀 一五九
  • 米の量は秘密か 一六〇
  • 詐欺をする藝術家・野口米次郎 一六〇
  • 成金風に吹れた壯丁 一六〇
  • 米穀所有届出 一六〇
  • 自然を懐ふ時(六)窪田空穗 一六一
  • 雪を踏んで(四)鎗ケ嶽に 一六一
  • 出兵問題と政局・山公の勢力漸く衰ふ 一六二
  • 政府政友乖離 一六二
  • 出兵と其財源 一六三
  • 文藝と時代常識(二)江口渙 一六三
  • 圖書館增築・大阪 一六四
  • 「文壇昔話」 里見弴 一六四
  • 富士製紙の工塲燒く 一六五
  • ルーズベルト氏の愛息戰死す 一六五
  • 急設電話の申込み四万四千 一六五
  • 上院列星(五)多額議員の勢力 一六五
  • 出兵問題經過 一六六
  • 大阪の水泳と紀州藩(一) 一六六
  • 第〇〇師団愈出動す 一六七
  • 自然を懐ふ時(七)荻原井泉水 一六七
  • 見當違ひ・米價調節 一六七
  • あんらくいす・女流作家保護論 一六八
  • 名物筆屋のお婆さんの話(二) 一六八
  • 大暴騰の正米 一六九
  • 鈴木今度は鮮米買占め 一六九
  • 小樽瓦斯會社罷工 一六九
  • 雪を踏んで鎗ケ嶽に(五) 一六九
  • 其日の話(20)かはや 一七〇
  • 「鐵箒」 塵芥の始末 一七〇
  • 勞働者の汗を思へ 一七一
  • 素晴しい人氣の青木鶴子さん 一七一
  • 米穀管理實施し得るや 一七二
  • 升巴、堀、都留の豫審決定 一七二
  • 日本アルプス會成る 一七三
  • 邦船・十五萬噸傭船 一七三
  • 支那とも造船契約 一七三
  • 京都奥村電機の動揺 一七三
  • 水のローマンス2 一七三
  • 上院列星(六)研究幹部の樞軸 一七四
  • 府廳に放火した犯人は知事の運轉手・大阪 一七四
  • 自然を懐ふ時(八)・荻原井泉水 一七五
  • 赤ちやんの家・生方敏郎 一七五
  • 新聞記事も差止めて 一七五
  • 戰時狀態 一七六
  • 白木屋の隣りが坪二千圓 一七六
  • 旗擧した學統運動 一七六
  • 其日の話(二一)五色 一七七
  • 外人敎授へ御暇 一七七
  • 「鐵箒」 殘飯 一七七
  • 支那・巡査の大暴行 一七八
  • 上院列星(七)會權推移の岐路 一七八
  • 水のローマンス(3)里井生 一七九
  • 東京人の装身具金・月に三百貫 一七九
  • 其日の話(二二)酒 一八〇
  • 文藝と時代常識(三)江口渙 一八〇
  • 「文壇昔話」 逸話・長田秀雄 一八一
  • 變な警察の無心・滋賀 一八一
  • 憐れな避難民・過激派の暴狀 一八二
  • 立憲政治の道德的意味(一)法學博士佐々木惣一 一八二
  • 寺内内閣は辭職せざるか 一八三
  • 中島大尉の研究所へ七十五万圓を投資 一八四
  • 正米、更に騰る 一八四
  • 外米の不足が主因 一八四
  • 今日から引越す航空研究所 一八四
  • 愈々出來上つた飛田遊廓 一八五
  • 水のローマンス(4)里井生 一八五
  • 上院列星(八)研究會の三秀才 一八五
  • 良寛の事蹟を探て・赤川菊村 一八六
  • 福岡附近の工賃勞働賃 一八六
  • 暴騰に亞ぐ暴騰 一八七
  • 米價の騰貴は必ずしも恐くはない・帝大敎授矢作榮藏氏談 一八七
  • 米の収穫增加せん 一八七
  • 名門出入と内職の嫌な新法科大學長・小野塚 一八八
  • 其日の話(二三)動物の藝 一八八
  • 「鐵箒」 飛行郵便 一八九
  • 日本アルプスを大公園の計畵 一八九
  • 機械工業の大膨脹 一九〇
  • 府と市が先づ貸家研究・東京 一九一
  • 時代一瞥(上)赤木桁平 一九一
  • 「文壇昔話」 脚本改良會・岡本綺堂 一九二
  • 立憲政治の道德的意味(二)佐々木惣一 一九二
  • 又も露廢帝殺害説 一九三
  • 秀才敎育(一)京大敎授野上俊夫 一九三
  • 學統同盟會・活動に入る 一九四
  • 朝鮮米移入の失敗 一九四
  • 檢擧愈々辛辣 一九五
  • 米の高値今が絶頂 一九五
  • 水のローマンス(5)里井生 一九五
  • 露國廢帝の最期 一九六
  • 高知市内に米が無い 一九六
  • 上院列星(九)所謂研究會氣質 一九六
  • 大入大繁昌で客止の病院 一九七
  • 物理療法に盡す眞鍋氏 一九七
  • 故夏目漱石氏との因縁 一九七
  • 外字新聞の啀み合い 一九八
  • 米屋へ不意の襲撃 一九八
  • 良寛研究家玉木翁の話 一九九
  • 獸肉魚菜暴騰・肉牛が不足 一九九
  • 師範制度決定・敎育會議總會 一九九
  • 學者連から手嚴しい質問の矢 二〇〇
  • 全國に農業倉庫 二〇〇
  • 支那電報・浦鹽出兵决定 二〇一
  • 時代髷を研究する心 二〇一
  • 「鐵箒」 泥よけ 二〇二
  • 其日の話(二四)書と鐵筆 二〇二
  • 官報熱讀の第一人 二〇二
  • 警視廳は市の自治を蹂躙した 二〇三
  • 許可は公平・警視廳の意見 二〇三
  • 日本アルプス公園の第二の候補地 二〇四
  • 福島でも卅名不明・小濱沖にて 二〇四
  • 實况視察に・主務省の技師 二〇五
  • 時代一瞥(中)赤木桁平 二〇五
  • 「文壇昔話」 島村抱月(上) 二〇五
  • 立憲政治の道德的意味(三) 二〇六
  • 秀才敎育(二)野上後夫 二〇六
  • 鰹船難破す・廿九名行方不明 二〇七
  • 賣船及傭船 二〇七
  • 諠嘩兩成敗・平均相塲で解合 二〇七
  • 上海居留民大會 二〇八
  • 正米又た新高値 二〇八
  • 下米で三十圓卅錢 二〇八
  • 市民諸君安んぜよ・中村組合長 二〇八
  • 「硯滴」 濱口雄幸君 二〇八
  • 水のローマンス(6)里井生 二〇八
  • 陸軍武官大異動 二〇九
  • 上院列星(一〇)人才壅塞の排除 二一〇
  • 日本一の鰻の産地 二一〇
  • 警視廳の大革新 二一一
  • 東京に乘合自動車 二一一
  • 暴富と、生活難と二つの渦 二一一
  • 紙の時代が來た 二一二
  • 藝妓契約も改善 二一二
  • 支那出兵決定 二一二
  • 其日の話(二五)妻妾 二一二
  • 遞信省と醫師會 二一三
  • ランキン女史を訪ふ 二一三
  • 今後「米」の値を何するか 二一四
  • 秀才敎育(三)野上俊夫 二一五
  • 獨逸又媾和提議 二一五
  • 視學决定・敎育會議議了 二一五
  • 視學改善理由 二一六
  • 乘合自動車歡迎すべし 二一六
  • 亞細亞主義の誤謬・鎌田榮吉 二一六
  • 乘合自動車問題 二一七
  • 警視廳の大革新 二一七
  • 女子の學藝大學が 二一八
  • 飛行郵便の成績 二一八
  • 鐵道賣拂ひの流行 二一九
  • 臨時救護班の勢揃 二一九
  • 「文壇昔話」 島村抱月(中) 二一九
  • 時代一瞥(下)赤木桁平 二二〇
  • 日鮮工夫の衝突 二二〇
  • 辯護士から判断檢事に廿名 二二一
  • 水のローマンス(7)里井生 二二一
  • 二つの新らしい計畵・德富蘆花 二二二
  • 西原を召還せよ 二二二
  • 上院列星(二)未來の幹部候補 二二二
  • 「あんらくいす」 秘密と女 二二三
  • 「晝の目夜の耳」 鈴木三重吉氏 二二三
  • 「凡人非凡人」 鐵の神樣(上) 二二三
  • 時局に鑑み新聞局設置 二二四
  • 外人から公設市塲・市へ陳情書 二二四
  • 私の見た名古屋の女・田口照尾 二二四
  • 師範敎育改善答申 二二五
  • 製煉所反對大運動に就て 二二六
  • 果して外國人の苦情・對支借欵 二二六
  • 北海道一瞥(二)不知火生 二二七
  • 「鐵箒」 地中海 二二七
  • 其日の話(二六)翻譯 二二八
  • 地中海の日本海軍(一) 二二八
  • 秀才敎育(四)野上俊夫 二二九
  • 立憲政治の道德的意味(五) 二二九
  • 職業と良妻賢母と(上)市川源三 二三〇
  • 烈日の苦熱を浴びつゝ・加藤一夫 二三一
  • 「文壇昔話」 島村抱月(下) 二三二
  • 福井市の大火 二三二
  • 環女史・世界的の大家 二三二
  • モウ一息の學統案 二三三
  • 日本俘虜のはがき 二三四
  • 法隆寺金堂の壁畵・全部硬化 二三四
  • 上院列星(一二)練磨された人物 二三四
  • 乘合自動車 二三五
  • 文壇の裏の裏・吃驚する書簡集 二三六
  • 「凡人非凡人」 鐵の神樣(下) 二三六
  • 市營の自働車・旣に調査を開始 二三六
  • 細面に夜會巻が似合ふ 二三七
  • 仙臺の女の請書慾 二三七
  • 其日の話(二七)裸 二三七
  • 北海道一瞥(三)不知火生 二三七
  • 「鐵箒」 山の俗化 二三八
  • 秀才敎育(五)野上俊夫 二三八
  • 立憲政治の道德的意味(六) 二三九
  • 下關驛の火藥大爆發 二四〇
  • 艀船に積込中爆發 二四〇
  • 烈日の苦熱を浴びつゝ(承前)・加藤一夫 二四〇
  • 肉片三町餘も飛ぶ 二四一
  • 慘たる大破壞 二四一
  • 原因は人夫の手落 二四二
  • 地中海の日本海軍(二) 二四二
  • 職業と良妻賢母と(下)市川源三 二四三
  • 乘合自動車 二四三
  • 軍國多事・四千の女工 二四四
  • 炭礦出水の大椿事 二四四
  • 「雜記帳」 吉野作造博士 二四四
  • 水のローマンス(9)里井生 二四四
  • 福井市又も大火 二四五
  • 浦鹽諸團體の關係 二四五
  • 上院列星・新議員の一對象 二四五
  • 「茶話」 珍らしい廣告 二四六
  • 何故に斯く爆發せるか 二四六
  • 米價調節の最後は强制徴集 二四七
  • 不眞面目である事の必要 二四七
  • 「晝の目夜の耳」 帽子嫌ひの人々 二四七
  • 呪はれた現内閣 二四八
  • 更に二十三名檢擧 二四八
  • 米狂騰 二四八
  • 其日の話(二八)數 二四八
  • 北海道一瞥(四)不知火生 二四九
  • 「鐵箒」 電話の苦情 二五〇
  • 地中海の日本海軍(三) 二五〇
  • 溺死十六・炭礦出水續報 二五一
  • 立憲政治の道德的意味(七) 二五一
  • 秀才敎育(六)京大敎授野上俊夫 二五二
  • 爆發大慘事の眞因は是か 二五二
  • 水のローマンス(10)里井生 二五二
  • 嫁入本位は不同意・鎌田榮吉 二五三
  • 百八十餘名・同盟罷工 二五三
  • 下關火藥大爆發の後報 二五四
  • 名物筆屋のお婆さんの話(一) 二五四
  • 「家庭圖書館」を作れ 二五四
  • 其日の話(二九)髭 二五五
  • 北海道一瞥(四)不知火生 二五五
  • 「鐵箒」 「裸」に就て 二五六
  • 乘合自動車問題 二五六
  • 愈成金税の取立 二五七
  • 立憲政治の道德的意味(八) 二五七
  • 地中海の日本海軍(四) 二五八
  • 米價は遂に圓二升か 二五八
  • 撒水電車の試み 二五九
  • 米國回答來る 二五九
  • 飛行郵便より自動車が欲しい 二五九
  • 在西伯利邦人數 二五九
  • 米が米が・一圓に二升三合 二六〇
  • 「文壇昔話」 北原白秋(一) 二六〇
  • 組合といふ事・中村星湖 二六〇
  • 農村生活を詳密に知る爲 二六一
  • 中島大尉の飛行機見事に成功 二六一
  • 水のローマンス(11)里井生 二六二
  • 開道五十年記念三大事業 二六二
  • 出兵を提議せる米國の眞意(一)吉野作造 二六三
  • 上院列星(一五)大小天狗の寄合 二六三
  • 香川縣鹽田の釜子が同盟して 二六四
  • 突然市内に・市の水撒電車 二六四
  • 「あんらくいす」 印度旅行奇談 二六四
  • 買占の三巨魁に戰利税のお灸 二六五
  • 立憲政治の道德的意味(九) 二六五
  • 地中海の日本海軍(五) 二六六
  • 「文壇昔話」 北原白秋(二) 二六七
  • 葡萄は關西の成金に取られ 二六七
  • 自動車のために 二六七
  • 重油道の試み 二六八
  • なかなか足りない、巡査、車掌、運轉手 二六八
  • 出兵を提議せる米國の眞意(二)吉野作造 二六九
  • 水のローマンス(12)里井生 二七〇
  • 上院列星(一六)幸派幹部の中堅 二七一
  • 四百名の缺勤・東京電燈會社で 二七一
  • 官僚内閣斷末魔(一) 二七一
  • 三千人の巡査・募集は好成績 二七二
  • 新たに開く各分署 二七二
  • 愈松竹に買はれた藝術座 二七二
  • 八月
  • 期米立會休止 二七三
  • 京都も停止 二七三
  • 金澤立會停止 二七三
  • 堂島解合難 二七三
  • 其日の話(三〇)ゆかし 二七三
  • 北海道一瞥(六)不知火生 二七四
  • 組合といふ事(二)中村星湖 二七四
  • 「あんらくいす」 新しき自然描寫 二七五
  • 出兵論片 二七五
  • 債券販賣の取締・保倉銀行課長 二七六
  • 外米も此上の輸入困難 二七六
  • 米價狂ふて天井なし 二七七
  • 政府當局は日く 二七七
  • 米造船所數 二七七
  • 米價亂騰・農商務當局呆れ返る 二七八
  • 奸商を監視・警視廳の方針 二七八
  • 心配するに及ばぬ・矢作法學博士は語る 二七八
  • 期米奔騰の極・遂に立會停止 二七九
  • 正米も又一圓高 二七九
  • 「鐵箒」 上髙地 二八〇
  • 東京市・交通機關と其將來 二八〇
  • 德富蘆花氏來る 二八〇
  • 今日から開く博覧會で活氣漲る北海道 二八一
  • 立憲政治の道德的意味(十) 二八二
  • 官僚内閣斷末魔(二) 二八三
  • 貧民窟は上景氣 二八三
  • 市營の自動車を 二八四
  • 地方豪農の思惑 二八四
  • 職工の爭奪戰 二八五
  • 「文壇昔話」 北原白秋(三) 二八五
  • 一升四十五錢 二八六
  • 中元贈管を廢止せよ 二八六
  • 生活問題・投書を望む 二八六
  • 北海道一瞥(七)不知火生 二八六
  • 上水使用の最高記録 二八七
  • 素晴らしい漁村の景氣 二八七
  • 立憲政治の道德的意味(十一) 二八八
  • 千葉町は近來の大景氣 二八九
  • 上院列星(一八)崇古生 二八九
  • 日置公使任命 二八九
  • 赤十字社副社長 二八九
  • 警務總官任命 二八九
  • 萬年町の細民窟でも 二九〇
  • 某省判任官の奥樣の實話 二九一
  • わが家の生活 二九二
  • 此頃のお野菜 二九二
  • 組合といふ事(三)中村星湖 二九二
  • 「文壇昔話」 北原白秋(四) 二九三
  • 時代後れの商人 二九四
  • 「鐵箒」 地獄の繪 二九四
  • 其日の話(三一)衾枕 二九四
  • 辭職の外なかるべし 二九五
  • 徴兵忌避が昨年の三倍 二九六
  • 擴張さるる神社局 二九六
  • 「あんらくいす」 獨談議 二九七
  • 妖なる流轉の女・赤川菊村 二九七
  • 三十年後の大阪(一) 二九八
  • 廢物利用展覧會 二九八
  • 米價狂騰の惱み 二九九
  • 春秋評議員會 二九九
  • 臨時證券・總計一億圓 二九九
  • 浦鹽出兵宣言 三〇〇
  • 板垣伯の窮狀を救ふ 三〇一
  • 上院列星(一九)幸派の十七將軍 三〇一
  • 問題の乘合自動車 三〇一
  • 三十年後の大阪(二) 三〇二
  • 俘虜が逃出す 三〇二
  • 農相最後の一手 三〇二
  • 理研へ十万圓・久原氏の寄附 三〇三
  • 北海道一瞥(八)不知火生 三〇三
  • 其日の話(三二)雅號 三〇三
  • 西伯利の現情(一) 三〇四
  • 悲慘な老人と美人 三〇四
  • 「あんらくいす」 音樂的傾向 三〇五
  • 汗の出切る撒水夫の惱み 三〇五
  • 大脱税の罰金 三〇六
  • 愈々出兵が宣言された 三〇六
  • 我軍を待つ浦鹽 三〇七
  • 官僚内閣斷末魔(四) 三〇七
  • 「文壇昔話」 小山内薫(上) 三〇八
  • 立憲政治の道德的意味(一二) 三〇八
  • 獨逸氣質・安田稔氏談 三〇九
  • 帝國出兵宣言 三〇九
  • 帝國出兵理由・寺内伯爵談 三一〇
  • 澤柳博士が初めて試みた涼しい高原學校 三一〇
  • 開戰滿四年勝利の曙光(一) 三一一
  • 北海道の壯觀と俵長官の大當り 三一一
  • 岡田市長の告別式・岡山 三一二
  • 朝鮮米を召せ 三一二
  • 「鐵箒」 夏期講習 三一二
  • 味は三等米より良い 三一二
  • 敎科書の値が騰る 三一二
  • 氣の長い維新史科編纂事業 三一三
  • 東京七不思議 三一三
  • 西伯利の現情(二) 三一三
  • 北海道一瞥(九)不知火生 三一四
  • 誤られた國家主義・岩野泡鳴 三一五
  • 帝國出兵宣言 三一五
  • 捗らぬ鐵道工事 三一六
  • 買占者に警告 三一七
  • 立憲政治の道德的意味(十三) 三一七
  • 上院列星(二〇)男爵軍人の頭目 三一八
  • 獨逸氣質(下)安田稔氏談 三一九
  • 日立鑛山の大火 三二〇
  • 八年度自然增收 三二〇
  • 大阪郊外電車比べ(6) 三二〇
  • 動員令下る 三二一
  • 職工が惡くなる 三二一
  • 廢帝の靈安かれと・故ニコラス第二世の追悼會 三二一
  • 石工賃値上運動 三二二
  • 官僚内閣斷末魔(五) 三二二
  • 浦鹽に行く十五名の看護婦 三二二
  • 日本軍を待佗ぶるチエック軍 三二三
  • 全市に外米を降らす 三二三
  • 浦鹽出兵宣言 三二三
  • 岩石の樣な性格・高村光太郎 三二四
  • 「あんらくいす」 モデル問題 三二五
  • 高岡市の米騒動 三二五
  • 昔し奉行所で失敗した在米調 三二六
  • 徴兵忌避者自殺 三二六
  • 北海道一瞥(一〇)不知火生 三二六
  • 「鐵箒」 山を秘めよ 三二七
  • 前副議長の收監・京都市 三二七
  • 西伯利の現情(三) 三二八
  • 浦潮の過激派・案外の潜勢力 三二九
  • 運送船大借上・海運界影響至大 三三〇
  • アルプス學會 三三〇
  • 動員令下る 三三〇
  • 中條百合子さんが北海道でアイヌ研究 三三一
  • 二百名の女房連が米價暴騰で大運動を起す 三三一
  • 立憲政治の道德的意味(十四) 三三一
  • 俄に色めく○○市 三三二
  • 新聞檢閲の統一・小橋内務次官語 三三二
  • 米價暴騰と小農 三三三
  • 戰時氣分漲る 三三三
  • 米價は社會問題・取締は當然・仲小路農相は語る 三三三
  • 中島飛行機製作所で軍用機製造 三三四
  • 外米はお百姓の口へ 三三四
  • 北海道一瞥(十一)不知火生 三三四
  • 保釋中の橋井氏收監さる 三三四
  • 西伯利の現情(四) 三三五
  • 老いたる慘死人夫 三三五
  • 漁民女房連の示威運動益猛烈 三三六
  • 「鐵箒」 成金調節 三三六
  • 米國政府の聲明 三三六
  • 立憲政治の道德的意味(十五) 三三七
  • 通貨膨脹と物價 三三八
  • 帝國飛行協會へ五十萬圓御下賜 三三八
  • 帝國海軍出動 三三九
  • 朝鮮米大評判 三三九
  • 無給囑託醫制度に縣醫師會反對を唱ふ 三三九
  • 藝術座と松竹の事(上)島村抱月 三四〇
  • 「文壇昔話」 小山内薫(下) 三四〇
  • 寺内首相に數回の脅迫狀 三四一
  • 米國娯樂税倍加 三四一
  • 愈々賣出された朝鮮米 三四一
  • 開拓使の鼻祖鍋島直正 三四一
  • 在官當時の思ひ出〔其一〕前長官歷訪記 三四二
  • フラフラ内閣の倒れざる一因 三四二
  • 「あんらくいす」 劇的と小説的と 三四三
  • 小賣は一升卅七錢・公設市塲大繁昌 三四三
  • 「文藝家の集まり」 初心會 三四三
  • 朝日艦浦鹽より還る 三四四
  • 上院列星(二二)最大多數の無力 三四四
  • 沼津在の大火 三四四
  • 諸廣告欄 三四五
  • 朝鮮米の賣出し 三四六
  • 奈何なる者を不良職工となすか 三四六
  • 米國の出兵宣言・意味頗る深長 三四七
  • 「東人西人」 早稲田大學騒動 三四八
  • 北海道一瞥(十二)不知火生 三四八
  • 「鐵箒」 小屋掛け 三四九
  • 立憲政治の道德的意味(十六)法學博士佐々木惣一 三四九
  • 女房の一揆擴大す・富山 三四九
  • 更に三百名の新集團・滑川町 三五〇
  • 東京で火藥爆發 三五〇
  • 米國宣言交付 三五〇
  • 讀賣新聞・米國の宣言 三五〇
  • 米國出兵宣言 三五一
  • 乘合自動車問題卑見・川久保源治 三五二
  • 米國で評判の良い日本人の兵隊・沙市や桑港で召集され 三五二
  • 藝術座と松竹の事(中)島村抱月 三五三
  • 掃除人夫の同盟休業・日本橋區 三五三
  • 「文壇昔話」 高須梅渓(上) 三五四
  • 不正買占屋・三人警告さる 三五四
  • 外米の小口賣 三五五
  • 米價の暴騰を憤りて農商務省を脅す 三五五
  • 米價暴騰と清酒 三五五
  • 機業苦言(一) 三五五
  • 宇都宮中將莞爾として 三五六
  • 上院列星(二三)政黨敵視の張本 三五六
  • 市内巡査連盟歎願書を提出・大阪 三五六
  • 巡査生活難・警察當局の大頭痛 三五七
  • 不自然なる金融狀態 三五七
  • 爲替資金充實 三五八
  • 時事新報・米國の出兵宣言 三五八
  • 蘆花氏鞆の津へ 三五九
  • 戰後の人口政策(一)法學博士高野岩三郎氏講演 三五九
  • 車掌や運轉手が巡査に早變り 三六〇
  • 十五割の物價暴騰に 三六〇
  • 在米千八百萬石 三六〇
  • 大臣室へ糞尿を撒いて啖呵を切 三六〇
  • 開拓使の鼻祖鍋島直正(二) 三六一
  • 在官當時の思ひ出(二)杉田定一氏 三六一
  • 「涼萬斛」 道博行・前長官達の來遊 三六二
  • 西伯利の現情(六)勞兵會 三六二
  • 米價更に暴騰・政策の大矛盾 三六二
  • 米紙出兵評 三六三
  • 日本は酒と女の國 三六四
  • 米の暴騰が生んだ富山の女一揆 三六四
  • いろは長屋・慘話いろいろ 三六四
  • 郡長逃げ出す・富山 三六五
  • 重大なる現象・丸山救護課長談 三六六
  • 西伯利の現情(一) 三六六
  • 生てるのが不思議 三六七
  • 米價の奔騰を暫らく忍べ 三六七
  • 血眼で朝鮮米を 三六八
  • 三食九錢三厘 三六八
  • 道路の取締ますます嚴重 三六八
  • 藝術座と松竹の事(下)島村抱月 三六九
  • 海員不足の實相 三六九
  • 遂に圓一升臺へ 三七〇
  • 「文壇昔話」 高須梅渓(中) 三七〇
  • 俘虜の生活・習志野收容所 三七一
  • 職工拂底・靜岡地方昨今の賃錢 三七一
  • 上院列星・土曜會の三光星 三七二
  • 米一升が五十錢を越す 三七二
  • 外國人が潮の樣に 三七三
  • 生活問題・模範食堂の必要 三七三
  • 市長の言責を糺す 三七四
  • 前橋石炭挽子賃金値上を迫る 三七四
  • 殺人的米價暴騰 三七四
  • 富山の女一揆擴大して二千の男軍繰出す 三七五
  • 米安賣を 三七五
  • 石川島造船所百五十名罷業 三七五
  • 成金國 三七五
  • 乘合自動車に各區で反對決議 三七六
  • 血と酒とで親分乾分の誓ひ 三七六
  • 各署に諮問し交通の模範取締 三七七
  • 戰後の人口政策(二) 三七七
  • 師範學校の賭博・名古屋 三七八
  • 開拓使の鼻祖鍋島直正(其三) 三七八
  • 在官當時の思ひ出(三)園田安賢男 三七九
  • 郵便飛行・反對の聲 三八〇
  • 白米遂に一升臺 三八〇
  • 女中から女工へ 三八〇
  • 戰後の人口政策(三) 三八一
  • 福岡縣下在米高 三八一
  • 姫路も窮迫・市民大會 三八二
  • 新しい考案の圖書館遊戯 三八二
  • 物價調節協議・憲政政務調査 三八二
  • 開道五十年間の縮圖 三八三
  • 在官當時の思ひ出(其四) 三八六
  • 現れた大谷將軍 三八六
  • 陽氣な聲洩る・大谷將軍邸 三八六
  • 戰には持て來いの師團 三八六
  • 白米商組合で米價引下の相談 三八七
  • 「鐵箒」 お伽公會堂 三八八
  • 西伯利の現情(二) 三八八
  • 佛紙日本出兵宣言評 三八八
  • 日本宣言と露紙 三八八
  • 外米直賣の請願・大阪市農相へ 三八九
  • 知事市長に陳情・大阪 三八九
  • 尼崎の窮迫・日給者同盟轉職 三八九
  • 看守騒ぐ・增俸の歎願書を差出 三九〇
  • 浦潮新聞論調 三九〇
  • 女房一揆に亭主も加勢して 三九〇
  • 安賣を始める・富山 三九一
  • 廉賣決す・富山 三九一
  • 魚津町暴動説 三九一
  • 富山市民 三九一
  • 若松市大火・損害約十萬圓 三九一
  • 歷史敎育の意義・鎌田榮吉 三九一
  • 文藝家の集まり(其二)創作月評會 三九一
  • 足らぬ足らぬ女中さん 三九二
  • 「文壇昔話」 高須梅渓(下) 三九二
  • 石川島造船同盟罷業 三九三
  • 正米値段の恐怖時代 三九三
  • 白米小賣商の奸手段 三九三
  • 目が廻る陸軍省 三九三
  • 氣焰を揚げし女敎員大會・水戸 三九三
  • 朝鮮離宮の造營も御見合 三九四
  • 問題の後藤外相 三九四
  • 富山縣泊町は救助を決議す 三九五
  • 米また高し 三九五
  • 内閣問題・寺内伯と原氏 三九五
  • 富山縣の女一揆 三九五
  • 淺野造船所の内訌 三九六
  • 女房一揆更に富山にも起る 三九六
  • 女房連の鎭撫策・富山 三九六
  • 露廢帝の最期 三九七
  • 一升五十錢臺 三九七
  • 首相と農相米價評定 三九七
  • 大阪神戸に外米小賣所 三九七
  • 外米廻送方を池上市長より 三九七
  • 問屋筋の釣上げ・神戸 三九七
  • 京都市電從業員同盟請願書を 三九八
  • 東尾絨氈・職工盟休 三九八
  • 土佐の山火事 三九八
  • 米價調節策 三九八
  • 米は十分に在る・調節策の失敗 三九九
  • 夜半退散・終に千五百名・富山 四〇〇
  • 魚津町も騒ぐ・臨時町會を開く 四〇〇
  • 東西水橋町の町會決議 四〇〇
  • 郡書記を毆打す・滑川町 四〇〇
  • 上院列星(二五)侃諤黨の今昔觀 四〇〇
  • 「あんらくいす」 木彫と塑像と 四〇〇
  • 米の騒動各地に勃發す 四〇一
  • 白米組合員全部に朝鮮米を渡せ 四〇一
  • 漁民に同情 四〇二
  • 有効なる物價調節策 四〇二
  • 新製鐵會社創立 四〇三
  • 正米奔騰・石將に五十圓 四〇三
  • 魚津や生地も不穏・窮狀を哀訴 四〇三
  • 四万町でも・富山 四〇三
  • 泊町の救助・富山 四〇三
  • 堺の米屋續々閉店 四〇三
  • 女一揆飛火す・高松 四〇三
  • 岡山市でも米騒動 四〇四
  • 德島聯隊の食糧缺乏 四〇四
  • 西伯利の現情(三) 四〇四
  • 知識階級と生活難(上)法博戸田海市 四〇五
  • 天聲人語 四〇五
  • 越中滑川の騒動 四〇六
  • 高松の慘情・女房委員の陳情 四〇六
  • 大津市窮乏・公設市塲を開く 四〇六
  • 愈外國米を阪神で賣る 四〇六
  • 鮮米賣出し取締法 四〇六
  • 鹿児島縣・縣外移出禁止 四〇七
  • 寄附金を利用して米價を安く 四〇七
  • 米穀取引所を襲撃す・岡山 四〇七
  • 京都市電從事員增給要求 四〇七
  • 實費診療所・醫員全部辭職す 四〇八
  • 滑川町會は三十五錢廉賣を決議 四〇八
  • 鈴木商店の辯明・利益は政府に 四〇八
  • 文藝家の集まり(其三)武藏野會 四〇八
  • 米を求める凄い聲・神戸 四〇九
  • 「文壇昔話」 岩野泡鳴(上) 四〇九
  • 浦鹽派遣軍司令部編成 四〇九
  • 女驛長・十九歳の婦人 四一〇
  • 天津會議に就いて・天民生 四一〇
  • 米價狂騰は悲劇的・飢饉に類す 四一〇
  • 官許のストライキ・田尻市長 四一一
  • 師團長更迭 四一一
  • 京都の在米缺乏す 四一一
  • 堺市の細民不穏なり 四一一
  • 岡山取引所で仲買人が毆られる 四一一
  • 生地町にも一揆起る・富山 四一一
  • 津山も騒ぐ 四一一
  • 本間家先づ賣出す 四一一
  • 産米輸禁無根・鹿児島縣知事 四一二
  • 臺灣米移入高 四一二
  • 米價問題は危險圏に入る 四一二
  • 十石調本日で終る 四一二
  • 德山丸撃沈せらる 四一二
  • 通貨膨脹と米價 四一二
  • 仲小路農相に辭職を勸む 四一三
  • 川崎工塲の罷工騒ぎ・富士紡 四一四
  • 富山縣滑川の一揆・又も火の手を揚ぐ 四一四
  • 四万町にも蜂起・富山 四一四
  • 六十錢の聲に脅かされてゐる 四一四
  • 京都市の增給 四一四
  • 特殊部落民の暴行・山口 四一四
  • 堺の米屋續々閉店 四一五
  • アハヤ富山縣の二の舞・神戸 四一五
  • 米穀同業組合の希望を陳述す 四一五
  • 鮮米三十萬俵・白米商にと强要 四一五
  • 上院列星(二六)書記泣せの横綱 四一五
  • 「あんらくいす」 評論家悉く創作に志す 四一六
  • 「晝の目夜の耳」 漱石僞物現はる 四一六
  • 續賣新聞・米價の騰貴 四一六
  • 立花師團長・自ら總指揮官 四一七
  • 全市大混亂に陥る・大阪府 四一七
  • 神戸は一等米六十三錢 四一七
  • 借欵問題・英記者の評論 四一七
  • 日米特産植物の交驩(上) 四一八
  • 戰後の人口政策(四)高野岩三郎 四一八
  • 米・安全辯 四一九
  • 派遣軍司令官任命 四二〇
  • 今は昔の假學校・札幌農學校 四二〇
  • 「茶話」 飯を安く食ふ法 四二一
  • 續賣新聞・米の恐怖 四二一
  • 上院列星(二七) 四二一
  • 德島聯隊の食糧缺乏 四二二
  • 自動車運轉系統 四二三
  • 「鐵箒」 新聞局 四二三
  • 農相は何と見る・生活の危機 四二三
  • 神戸市の大慘劇 四二四
  • 奸商征伐・大阪今宮町の騒動 四二四
  • 米價問題演説會・名古屋 四二四
  • 米商の發狂自殺・愛知 四二五
  • 京都米屋襲撃 四二五
  • 師團行の米を妨害・女房軍起つ 四二五
  • 六百名の女、役塲に押寄す 四二五
  • 知識階級と生活難(中)戸田海市 四二五
  • 米の委託販賣・高松市營で 四二六
  • 京都公設市塲 四二六
  • 飯屋の休業で騒ぐ・大阪 四二六
  • 大阪の外米賣出 四二六
  • 此際富豪の義捐を待つ・大阪 四二七
  • 米屋に談判・湯淺町民集會す 四二七
  • 神戸の外米賣出 四二七
  • 米の速達輸送・鐵道 四二七
  • 市民の饑餓を他所にして避暑 四二七
  • 此の悲鳴を聞け・滅びゆく中産階級 四二八
  • 西伯利の現情(四)極東政府 四二八
  • 恐怖すべき米暴動 四二九
  • 京都市暴動 四二九
  • 生活間題・断乎たる手段を 四二九
  • 二百名の警官隊群衆を包圍す 四三〇
  • 女一揆米船を襲ふ・富山 四三〇
  • 經濟變遷狀態調べ 四三一
  • 白米一升十八錢・日立 四三一
  • 未層有の米價暴騰で苦情百出 四三一
  • 米高の結果、職工の盟休頻發す 四三二
  • 米の相塲を發狂せしめたのは誰か(一) 四三二
  • 四十日間白米三合宛給與 四三二
  • 物價騰貴の影響(1)・度量衡の不正(上) 四三三
  • 綿絲更に奔騰 四三三
  • 在米决して豐富にあらず 四三四
  • 獨逸軍港の革命 四三四
  • 解放された町人の女 四三四
  • 帝大夏期講座のお土産話 四三五
  • 新潟の米價制限 四三五
  • 村役塲へ殺到す・鹽田稼の男女 四三五
  • 戰後の人口政策(五)高野岩三郎 四三五
  • 一日の勞銀で米が一升五六合 四三六
  • 各地の工塲で外米原價販賣 四三六
  • 廣島縣三次町の騒動 四三七
  • 米に對する閣議 四三七
  • 京都府市の外米輸入策 四三七
  • 名古屋では公園に集る 四三七
  • 大阪市では、外米七萬石の安賣 四三七
  • 天津會議に就いて・天民生 四三八
  • 賣米勸説・仲小路農相談 四三九
  • 各派の米價協議 四三九
  • 中禪寺湖畔の天幕生活 四四〇
  • 兩富豪から一萬圓を・倉敷 四四〇
  • 米國鐵道隊浦鹽行 四四一
  • 續々閉店す・米屋・堺市 四四一
  • 生きて行く困み 四四一
  • 有効なる物價調節策(再) 四四一
  • ホルワート將軍と語る(下) 四四二
  • 大阪市民大會・米價調節問題 四四二
  • 僕は月下氷人・龜さんの氣焰 四四二
  • 政友院外大會・米價調節問題 四四三
  • 價格公定難點 四四三
  • 舞戻つた龜さん・西原 四四三
  • 各地に訓電して救濟に盡す 四四三
  • 通貨膨脹が原因・稲垣乙丙氏 四四四
  • 府の朝鮮米賣出し 四四四
  • 勇しき征途・○○驛頭の壯觀 四四五
  • 各地の米騒動・名古屋の一揆 四四五
  • 其の後の柳原・京都 四四五
  • 演説では不可ぬ・東西屋 四四六
  • 責任は鈴木商店 四四六
  • 太鼓を叩いて再會して 四四六
  • 米價調節に關する憲政會の决議 四四六
  • 物價騰貴の影響(2)・度量衡の不正(下) 四四七
  • 米高も先が見えた・鈴木商店總支配人金子直吉氏談 四四七
  • 倉敷の騒ぎ・米屋へ放火 四四七
  • 米券倉庫を襲ふ・林野町の米一揆 四四八
  • 終に血を流す・湯淺町の騒動 四四八
  • 鶴舞公園に集る三萬人・名古屋 四四八
  • 細民へ米の貸賣・滑川町の便法 四四八
  • 富山の細民團不穏を呈す 四四八
  • 米暴動愈々擴大・京都大擾亂 四四八
  • 京都全市擾亂の巷と化す 四四九
  • 非常線を突破す・京都 四四九
  • 電車を運轉させず・京都 四四九
  • 喇叺を吹て暴行・京都 四四九
  • 軍隊出動す・全市恐怖・京都 四四九
  • 群衆五万人・名古屋市街を横行 四五〇
  • 警官隊劔で毆り群衆と格鬪 四五〇
  • 警官に毆られし者瓦石に・名古屋 四五〇
  • 大阪も暴動 四五〇
  • 米の大安賣・東京は今日から 四五〇
  • 三千名の大衆團 四五一
  • 「雜記帳」 渡邊鐵藏博士 四五一
  • 警視廳で細民調査 四五一
  • 上院列星(二八)鼠算の人口增加 四五一
  • 名古屋の暴動・鶴舞公園に一萬の群衆、買占屋を殺せと絶叫 四五二
  • 巡査の家政を調査して救濟策 四五二
  • 驛長を捕えて米を掠奪・廣島縣 四五二
  • 豪農皆藏を開く・酒田の本間家、秋田の山内、山形の岸兩氏 四五二
  • 姫路の外米忽ち賣切れ 四五三
  • 眼が覺めた名古屋市長 四五三
  • 關西の米一揆擴大・京都にては軍隊出動 四五三
  • 暗黑中の大爭鬪 四五三
  • 京都の全市混亂 四五三
  • 名古屋大騒擾・警官は抜劔群衆は瓦を投げて爭鬪す 四五四
  • 細民團米屋を襲撃・眞先に派出所を破壞し 四五四
  • 村井倉庫を襲ふ 四五五
  • 大鐘を亂打して 四五五
  • 殺氣立てる市民大會・呉 四五五
  • 京都柳原町民米屋を襲ふ 四五六
  • 一揆の動機・油斷は出來ぬ 四五六
  • 播州でも女軍役塲を襲ふ 四五六
  • 某師團への積荷を妨害す 四五六
  • 朝鮮米本塲で暴騰を來す 四五六
  • 鮮人憤つて警察へ押寄す 四五七
  • 米屋を破壞す・湯浅の騒動 四五七
  • 取引所を破壞せんとす・金澤 四五七
  • 不正警官收監さる・滋賀 四五七
  • 京都市の大警戒・柳原町包圍 四五七
  • 婦女連米屋に殺到す・京都 四五八
  • 十一日夜・外米一千石京都に入 四五八
  • 京都今後の廉賣方法 四五八
  • 米買入の混亂・死物狂の京都柳原町民 四五八
  • 遂に軍隊出動・歩騎兵百七十名 四五八
  • 土工を雇ひ防戰・京都 四五九
  • 大阪市にも暴動 四五九
  • 大阪市外今宮の騒亂 四五九
  • 棍棒を携て倉庫を襲ふ仲仕・京都 四五九
  • 是れ最後の手段・堀切内務參事官談 四六〇
  • 監察官を急派・大都市の救濟狀況 四六〇
  • 米價問題と政府及政黨 四六〇
  • 西伯利の現情(5) 四六一
  • 浦潮の二政府(下)・中平亮 四六二
  • 奔騰の原因 四六三
  • 豐岡も不穏・米屋大恐慌 四六三
  • 坑夫の不穏・揃つて解傭願 四六三
  • 日本軍上陸・浦港 四六四
  • 米騒動益猛烈・神戸に暴動勃發 四六四
  • 抜劔巡査三名を斬る 四六四
  • 鈴木商店燒打 四六四
  • 大阪全市混亂・到處に大群勃發 四六五
  • 電車を襲撃す 四六五
  • 倉庫を破り白米掠奪・名古屋 四六五
  • 交番米屋を破壞・米屋町に突進 四六五
  • 宛然たる戒嚴令・西陣の形勢益不穏・京都 四六五
  • 名古屋市・軍隊出動 四六六
  • 豐橋市にも暴動起る 四六六
  • 富豪漸く起つ・岩崎三井兩家ら 四六六
  • 日比谷・昨夜三百名許り集つた 四六六
  • 司令部進發・大谷將軍以下 四六七
  • 米穀立會開始・相塲動揺す 四六七
  • 堂島總解合迫る 四六七
  • 名古屋總解合 四六七
  • 「鐵箒」 商船の船長 四六七
  • 日米船鐵交換同盟會 四六八
  • 軍需評議會の職員 四六八
  • 船の今昔(一)「丸」の話 四六八
  • 府の米安賣・淺草で最初の試み 四六九
  • 府で賣る外國米は一升十五錢 四六九
  • 米暴動と訓令・小橋内務次官談 四六九
  • 朝触米の巡回販賣 四七〇
  • 囚人自動車や電車で米運搬 四七〇
  • 府市協力廉賣 四七〇
  • 救濟調査會・内務省に招集 四七〇
  • 大阪市役所賣出・鈴木鮮米 四七〇
  • 大分市に米の大缺乏 四七〇
  • 暴民に化せしむる勿れ 四七〇
  • 京阪米騒動・一揆益擴大す 四七一
  • 群衆警官隊と戰ふ・群衆は斧、竹槍、鳶口、楷棒 四七二
  • 白晝の襲撃・大阪 四七二
  • 徹宵警戒の軍隊・京都 四七三
  • 町民暴れる・備中早島に 四七三
  • 豐岡 四七三
  • 北海道の發達と女(上) 四七三
  • ダヌンチオの壯圖 四七四
  • 廣島でも窮民團騒ぐ 四七四
  • 知識階級と生活難(下)戸田海市氏 四七四
  • 西伯利の現情(六)・勞兵会 四七五
  • 遂に軍隊出動す・京都 四七五
  • 千本倉庫を襲撃 四七六
  • 遂に軍隊出動す 四七六
  • 大阪の米屋襲撃 四七六
  • 名古屋でも大騒ぎ 四七七
  • 大阪の暴動 四七七
  • 全市に漲る 四七七
  • 米商の看板を撤せしむ 四七七
  • 廣島の米商悉く强襲さる 四七七
  • 徴發のみ・關税撤廢は旣に遲し・米價問題の根本解決・帝大敎授・渡邊鐵藏博士談 四七八
  • 鮮米更に値下げ 四七八
  • 田尻市長醒む 四七八
  • 新聞社で廉賣 四七八
  • 增貫の一万圓・東京府へ寄附 四七八
  • 東京市漸く救はれん 四七九
  • 鮮米安賣・貧民窟の三小學で 四七九
  • 内米管理を斷行せよ・法學博士・堀江歸一 四七九
  • 金子總支配人を襲ふ 四七九
  • 米廉賣・前橋市と桐生町 四七九
  • 神戸新聞燒拂はれ 四八〇
  • 京都市民軍隊と衝突す 四八〇
  • 消防夫と群衆との大格鬪 四八〇
  • 川越で米の安賣り 四八一
  • 暴動地へ急派・内務省各地へ 四八一
  • 日本煉瓦の罷業騒ぎ 四八一
  • 川崎富士紡の職工六百名罷業 四八一
  • 堂島で白米廉賣 四八一
  • 西成郡役所の應急策 四八一
  • 物價騰貴の影響(3)・殘飯屋の繁昌 四八二
  • 政府で徴發の外はない 四八二
  • 拘束二百四十二名 四八二
  • 襲はれたる米屋二百五十・大阪 四八三
  • 一齊に首を縮めた全市の米屋・大阪 四八三
  • 市吏員一同米屋となつて大汗 四八三
  • 上院列星(二九)長州理財の三傑 四八四
  • 浦鹽派遣軍上陸 四八四
  • 外紙論壇・新聞局 四八四
  • 關西騷擾續く 四八五
  • 名古屋市でも軍隊出動を乞ふ 四八五
  • 憲兵隊來援す 四八五
  • 外米廉賣决議・東京 四八五
  • 全市に外米を・東京 四八六
  • 大阪市では百五十萬圓 四八六
  • 名古屋市の無料米 四八六
  • 下瀬戸町の騒擾 四八六
  • 「文壇昔話」 岩野泡鳴(中) 四八六
  • 米を與へよ賃銀を上げよ・三菱造船の大騒擾 四八七
  • 總數九千名に及ぶ・三菱造船 四八七
  • 戰後の人口政策(七)法學博士高野岩三郎氏講演 四八八
  • 大阪市民大會 四八九
  • 岡山縣の暴團 四八九
  • 米價暴騰と打合・福岡縣 四八九
  • 警官隊に抜劔・群集四十名を斬 四九〇
  • 敢然たる手段に出よ 四九〇
  • 有効なる物價調節策(三度)・大藏省の誤謬 四九〇
  • 强制買收・農商務の協議 四九一
  • 米穀强制買收・國庫金千萬圓 四九二
  • 政府當局の説明 四九二
  • レーニンの聲明 四九二
  • 仲小路農相談 四九二
  • 政府の責任也・中橋徳五郎氏談 四九二
  • 内務當局意見・米價問題 四九三
  • 活動寫眞燒打 四九三
  • 呉の騒擾・海兵團及憲兵隊出動 四九三
  • 静岡暴動 四九三
  • 警察署を襲ふ・豐橋の騒動 四九四
  • 堺市終に軍隊出動 四九四
  • 大阪大暴動 四九四
  • 精米所の火災・西成郡の燒打 四九四
  • 群衆兵士の爲に突殺さる 四九五
  • 工廠職工暴動・舞鶴の大混亂 四九五
  • 岡山でも燒打・富豪の家全燒す 四九五
  • 支那金本位制・大總統令 四九五
  • 船の今昔・ペイロンが事 四九五
  • 騒擾更に擴大・東京市民亦騒ぐ 四九六
  • 市内の騒擾・日比谷の群衆 四九六
  • 伊藤延の宅襲はる 四九七
  • 深川の大警戒 四九七
  • 正力監察官負傷す 四九七
  • 憲兵隊出動・隊長も出張 四九七
  • 六百餘名株式取引所襲撃 四九七
  • 御下賜の參百萬圓・内務大臣談 四九八
  • 「浦潮昔語」 柯公 四九八
  • 在郷軍人の出動を 四九九
  • 市内北方面の襲撃強奪 四九九
  • 東成の騒擾 四九九
  • 南河内に村民騒出す 四九九
  • ストライキ・市外に頻繁・大阪 五〇〇
  • 五百四名拘引さる・大阪 五〇〇
  • 米屋休む・大阪 五〇〇
  • 米屋に一粒もなし・大阪 五〇〇
  • 神戸に軍隊出動 五〇〇
  • 義金は二百萬圓・大阪 五〇〇
  • 市からも兵力請願・大阪 五〇一
  • 金持の寄附續々・東京 五〇一
  • 輜重隊と電車で米の輸送・東京 五〇一
  • 鈴木の女主人は東京へ 五〇一
  • 物價引續き騰貴 五〇一
  • 廣島の米商悉く强襲 五〇一
  • 東京市遂に不穏に陥る 五〇二
  • 銀座界隈は暗黑 五〇二
  • 農商務省へ 五〇二
  • 藝者の自動車に投石す・東京 五〇三
  • 十二時過は暴徒と認む 五〇三
  • 群衆一万と軍隊の大衝突・神戸 五〇三
  • 滿洲里へ派兵 五〇三
  • 岡山市の暴動綿火藥を投ず 五〇四
  • 御内帑金三百萬圓下賜 五〇四
  • 外米輸入成績公表 五〇五
  • 大阪全市の拘束五百四十二名 五〇六
  • 軍隊出動要請は手遲・大阪 五〇七
  • 凄愴の氣充てる府警察部・大阪 五〇七
  • 木村權襲はる・大阪 五〇七
  • 富豪府廳に集まる・大阪 五〇七
  • 富豪を襲ふ・三重 五〇八
  • 拘束百五十名・檢事局全部出動 五〇八
  • 名古屋の大暴動・騎兵憲兵出動 五〇八
  • 岡山地方の騒擾 五〇九
  • 廣島の米一揆 五〇九
  • 各地の暴動 五〇九
  • 香川の棺桶騒ぎ 五一〇
  • 昨夜東京も遂に民衆的 五一〇
  • 深更再び日比谷へ 五一一
  • 熱辯逬る青年會館 五一一
  • 軍隊と群衆と大阪は遂に流血 五一一
  • 鈴木商店寄宿舎燒打ち 五一一
  • 軍隊と衝突頻々・大阪 五一二
  • 暴徒と認めて一々檢束・警視廳 五一二
  • 軍隊も群衆も・空砲と瓦礫の接戰中・大阪 五一二
  • 拘留者奪還運動・大阪住吉署に 五一二
  • 紅蓮さんの米騒動觀 五一二
  • 「文壇昔話」 岩野泡鳴(下) 五一三
  • 服役在營延期 五一三
  • 鈴木商店の別荘燒却 五一三
  • 岡山市の富豪燒打 五一三
  • 警戒嚴重の名古屋・警察署襲撃 五一三
  • 金澤では升二十五錢で 五一三
  • 靜岡も米商襲撃 五一四
  • 横濱市の不安 五一四
  • 一千萬圓で貯藏米の買收 五一四
  • 帝都の良民を飢しむる勿れ 五一四
  • 市内十五區の廉賣開始 五一五
  • 深夜に輸送電車・憲兵隊からも 五一五
  • 青年団の巡回販賣 五一五
  • 日比谷の群衆音樂堂上に・千の警官隊と憲兵出動 五一五
  • 靜岡に勃發・尾崎代議士邸を襲 五一五
  • 豐玉河岸の騒擾・活動寫眞館に 五一六
  • 水野内相包圍さる 五一六
  • 幽靈騒ぎから富士紡に闖入 五一六
  • 群衆數萬渦巻く・大阪 五一六
  • 群衆警察署に肉迫 五一六
  • 金澤にも飛び火 五一七
  • 東京にも怪集團 五一七
  • 福岡白米小賣組合の恊議 五一七
  • 門司市役所の外米賣出 五一七
  • 下關も外米安賣 五一七
  • 救助細民調査・福岡市役所 五一七
  • 糠巻米販賣處分 五一七
  • 明石の米屋襲撃 五一七
  • 六千圓・星島・日笠兩 五一八
  • 輸出禁止・津山町其他 五一八
  • 玉島夜襲 五一八
  • 鞆町漁民不穩の兆あり 五一八
  • 十數名檢擧・總社 五一八
  • 吉備津神社へ集れ 五一八
  • 撫川町平穩に歸す 五一八
  • 鐘や太鼓を打鳴らし・備前琴浦 五一八
  • 女子隊山上邸を襲ふ・岡山 五一九
  • 警官も手の附樣なし・岡山 五一九
  • 竹鎗で警察包圍・大阪 五一九
  • 天主閣に落雷・福山市 五一九
  • 井原町の救濟決す 五一九
  • 早島町の騒擾者逮捕 五一九
  • 凄惨を極めた昨夜の燒打・岡山市 五二〇
  • 更に軍隊增援・數萬の群集荒廻 五二〇
  • 軍隊細民を包圍す・京都は猶ほ大混亂 五二〇
  • 各地の食料暴動 五二〇
  • 在庫米一齊檢査・警察一思案 五二一
  • 米商を燒拂へと貼紙・石巻町 五二一
  • 日本軍上陸光景 五二一
  • 後藤外相聲明・出兵は露國援助 五二二
  • 賜金分配・極めて迅速に實施 五二二
  • レニン逃走 五二三
  • レニン逃亡説 五二三
  • 「鐵箒」 雅號の事 五二三
  • 天幕生活・中禪寺湖畔 五二三
  • 大阪富豪の寄附金百十二萬圓 五二四
  • 神戸の義金百五十萬圓 五二四
  • 冷淡な富豪・京都の救濟 五二四
  • 時計職工罷業工賃値上要求・名古屋 五二五
  • 田尻市長の米買收歩き 五二五
  • 外米一升十錢 五二五
  • 引下決議・三等卅五錢に・東京 五二五
  • 騒擾の報道禁止・昨夜突如命令發せらる・東京 五二五
  • 鮮人勞働者の眞價 五二六
  • 市の米配給策・大阪 五二七
  • 貯藏米強制買收法學博士・戸田海市 五二七
  • 神戸では呉服店を・軍隊と群衆の大衝突 五二八
  • 全國に瀰蔓せる・米動亂 五二八
  • 福井の米一揆・市長、知事邸を 五二八
  • 明石の襲撃强奪・竹槍を手に 五二九
  • 奈良も不穩の貼紙 五二九
  • 和歌山の威嚇暴動 五二九
  • 軍隊と群衆は各所に衝突す・大阪 五二九
  • 彌次馬禁止令・拘留又は科料 五三〇
  • 朝鮮米三十錢・外米十五錢・大阪 五三〇
  • 市電運轉停止・大阪 五三〇
  • 日本橋通における白晝の掠奪團・殆んど無警察の状態 五三一
  • 大部隊の軍隊出動・大阪 五三一
  • 地方の米一揆 五三一
  • 舞鶴・三千人の集團 五三二
  • 呉市・全市戰場の如し 五三二
  • 三次・着剣銃隊を先頭に 五三二
  • 愛知・福岡町民の町長襲撃 五三三
  • 岡山・各所に放火・亂暴狼籍 五三三
  • 各方面の應急策漸く其緒に・一升十錢で供給・東京 五三三
  • 井上知事・恐懼して語る 五三四
  • 廻米問屋連へ訓示 五三四
  • 團體的行動は謹で貰たい 五三四
  • 米暴動に關する一切の記事掲載を禁止せらる・水野内相の説明 五三四
  • 大阪の寄附百十四万圓 五三四
  • 八幡製鐵所同盟罷工起る 五三五
  • 米穀官營法を制定せよ法律制度改善期成同盟會成る昨夜辯護士其の他の決議 五三五
  • 米價狂騰と對應策法學博士・氣賀勘重 五三五
  • 米價騰貴に伴ふ民衆蜂起事件の記事掲載絶對禁止 五三六
  • 事件の擴大を恐る 五三六
  • 聖旨を體して府の恩賜記念 五三八
  • 岩崎三井が各百万圓 五三八
  • 立會停止・暴落の虞れか 五三八
  • 鮮米暴落す 五三八
  • レーニンの遁走は獨逸の壓迫 五三八
  • 好成績の養育院・安房分院 五三八
  • 夜間は通行禁止・大阪府 五三九
  • 三千の巡査募集が當外づれ 五三九
  • 闇のどん底・生か死の境に呻く人々・細民窟めぐりの記 五三九
  • 模範的食料調節・米國が威張るのも無理は無い 五四〇
  • 買被つた田尻市長 五四一
  • 知事官舎を破壞す・福井市 五四一
  • 暴動政治的色彩を帯ふ 五四一
  • 殺人放火・大阪府西成郡の椿事 五四一
  • 暗黑の心齋橋筋 五四一
  • 別府にも米騒動 五四二
  • 製鐵所職工の要求 五四二
  • 各地當局の計畫白米商の奮發 五四二
  • 米騒動の波紋更に東京・呉・豐橋に及び大阪・神戸・岡山等 五四三
  • 呉の騒擾・海軍衛兵と衝突 五四三
  • 豐橋でも群衆米屋に放火 五四三
  • 有馬道三ッ輪を襲ひ 五四三
  • 外米一升金五錢・名古屋 五四三
  • 上院列星(三〇)實業熱心の伯爵 五四三
  • 緊急神戸市民に訴ふ 五四四
  • 「文壇昔話」 河井酔茗 五四六
  • 現内閣糺彈・大阪三新聞社の蹶起 五四七
  • 外米は賣れぬ・京阪 五四八
  • 記事掲載禁止 五四八
  • 米價釣上の虞・鎌田榮吉氏談 五四九
  • 記事差止撤廢要求 五四九
  • 憲政聯合大會 五四九
  • 「鐵箒」 眞剣 五五〇
  • 政府通貨政策・市來大藏次官 五五〇
  • 船の今昔(三)湖神の嫌ふ釘舟 五五〇
  • 施米=昨日增上寺で 五五一
  • 軍隊の投宿を謝絶・廣島 五五一
  • 鮮米又復値下げ・府では卅錢・東京 五五二
  • 一圓で三升・市の白米廉賣・東京 五五二
  • 三百名の職工不穏・工賃値上・門司 五五三
  • 廉米も買へぬ・與謝野晶子女史 五五三
  • 大阪市の善後策定る 五五三
  • 報道禁止 五五三
  • 日本は野心を有せず 五五四
  • 極端なる記事差止 五五四
  • 淺野セメントの職工團結す 五五四
  • 米穀商の奮發 五五四
  • 「浦潮昔話」 柯公(四) 五五四
  • その日その日・寺内首相他 五五五
  • 米は下るまい 五五五
  • 大阪市の米廉賣 五五六
  • 岸和田も禁止區域 五五六
  • 高松の外出禁止・大阪と同樣 五五六
  • 大阪の義金 五五六
  • 尼崎市營で一升二十五錢 五五六
  • 廣島の米飢饉・旅館客を斷はる 五五六
  • 白米一升二十九錢 五五六
  • 尼崎と米 五五六
  • 米の問題 五五七
  • 寺内内閣は斯の如き理由の下に各地の米騒擾に關する一切の記事掲載を禁止せり・新聞雜誌に米騒擾に關する記事一切の掲載を禁ずる理由 五五七
  • 永田警保局長談 五五八
  • 「社告」 大朝 五五八
  • 天保時代其儘 五五八
  • 京都富豪の逃腰 五五九
  • 府廳衛生係の罷休・米價騰貴で 五五九
  • 寺田甚與茂氏の宅に放火す 五五九
  • 貯米買收不徹底 五五九
  • 誤れる新聞記事差止・ジヤパン・クロニクル紙社説の大要 五五九
  • 物價騰貴の影響(4)亡びゆく成金職工・職工より鮟鱇へ 五六〇
  • 各地暴動記事掲載禁止さる 五六〇
  • 發狂せしめたのは誰か(二) 五六一
  • 禁止命令來・不法なる官憲の壓迫 五六一
  • 本社編輯局 五六二
  • 多數の本紙を押収し去る 五六二
  • 市電連轉停止 五六二
  • 憲政蹂躙權力濫用 五六二
  • 東京市吏員も增給運動を始む 五六三
  • 木炭の不安 五六三
  • 味噌、醬油も大暴騰 五六四
  • 總辭職の外なし・首相に此決心ありや 五六四
  • 知事市長と富豪提携して救濟會設立・澁澤男を會長に 五六四
  • 富豪の一肌脱ぐ時・藤山雷太氏 五六四
  • 救濟會へ即日寄附 五六五
  • 外米の賣行頗る盛ん 五六五
  • 京都の救濟團組織 五六五
  • 四十錢賣と廿錢賣 五六五
  • 朝鮮米も制限・輸出制限令公布 五六五
  • 市當局が經營する乘合自動車 五六六
  • 八幡製鐵所の同盟罷工 五六六
  • 北海道の米商・米の廉賣始む 五六六
  • 「文壇昔話」 茅野蕭々(上) 五六六
  • 文藝家の集まり・談笑會 五六七
  • 上院列星(三一)享和寛政の錦繪 五六七
  • 「晝の目夜の耳」 小宮豐隆氏 五六八
  • 「あんらくいす」 秋風吹く 五六八
  • 軍隊出動要求・福島市會知事に 五六八
  • 白米一萬二千石御下賜金を以て購入・一升卅錢 五六八
  • 一升廿八錢・岩沼の申合 五六九
  • 立會休止・期米も正米も 五六九
  • 十五錢の外米・愛婦支部の活動 五六九
  • 米暴動に就て謹告・河北 五六九
  • 福岡の白米値下 五六九
  • 素晴しい救濟基金の申込・兵庫 五七〇
  • 大盛飯が一杯九錢・飯屋の暖簾から見た昨今 五七〇
  • 騒亂を顧みて・全く開闢以來の大珍事 五七〇
  • 農相の寝言・三百年來の重大問題 五七一
  • 言論抑壓・春秋會起つ 五七二
  • 起てよ全國の新聞紙・新愛知 五七二
  • 全國記者大會の急催 五七三
  • 物價騰貴趨勢・開戰以來二倍三割一月以來二割九分 五七四
  • 「鐵箒」 研究旅費 五七四
  • 箇人廉賣差止 五七四
  • 市民救濟が第一義・岩田岡山署長 五七四
  • 臨時樞府會議 五七四
  • 穀類收用令公布 五七五
  • 記事差止問題凝議 五七五
  • 騒擾公報發表・内務省より 五七五
  • 近畿記者大會 五七五
  • 東海記者大會 五七五
  • 浦潮税關抗議 五七五
  • 軍需評議會・會長評議員任命 五七五
  • 東人西人・記事差止 五七六
  • 府債市債を起しても米安賣 五七六
  • 肥料會社職工の罷業・熊本 五七六
  • 白米三千石を買占む・宮崎 五七六
  • 神奈川縣の縣令發布 五七六
  • 「青鉛筆」 長岡市 五七六
  • 强制買收は迅速敏活が肝要・法學博士渡邊鐵藏氏談 五七七
  • 手を燒いた政府の金溜主義・三宅雪嶺博士談 五七七
  • 騒擾尚熄ず・内務省發表 五七八
  • 内閣彈劾の企畵に就て 五七八
  • 「社告」 第四回全國優勝野球大會の中止に就て・大朝 五七九
  • 「生活研究」 家賃と衣類(上) 五八〇
  • 富豪の義金と白米・白米商に一任は危險 五八〇
  • 弗々得意先へ二升三升と持運ぶ 五八一
  • 京都の白米施與方法 五八一
  • 廣島の禁令 五八一
  • 内閣動揺す・鎭靜後引責か 五八一
  • 緊急案市會・大阪 五八二
  • 「浦潮昔話」 柯公(五)外國人側 五八二
  • 「朝日評壇」 内閣動揺 五八三
  • 横暴なる言論壓迫 五八三
  • 寺内内閣を倒せ・十七日大阪ホテルの會合 五八四
  • 明日から賣出す廉米・大阪市内 五八四
  • 米の問題 五八五
  • 市設簡易食堂・大阪・寄附金で二箇所に急設 五八五
  • 大阪荷扱驛夫ストライキ 五八六
  • ストライキ・日本窒素肥料職工 五八六
  • 計量の不正確驚く許り・静岡 五八六
  • 内務省發表の米暴動事件 五八六
  • 公報發表は一時の手段・永田警保局長の談 五八六
  • 東京・十四日・日比谷の群衆 五八七
  • 駒形劇塲の群衆 五八七
  • 日本橋方面の群衆 五八七
  • 神田方面の群衆 五八七
  • 軍隊遂に出動す 五八七
  • 上野附近の大集團 五八七
  • 辭職あるのみ・寺内 五八七
  • 本所では細民團の運動 五八八
  • 暴行漸く熄む・東京 五八八
  • 静岡縣・遂に出兵を要求 五八八
  • 愛知縣・名古屋多少の暴行 五八八
  • 岐阜縣・宿營中の兵士傷けらる 五八九
  • 京都府は平穩 五八九
  • 大阪府・夜は外出を禁止す 五八九
  • 神戸と各地・神戸に千名の集團 五八九
  • 岡山市は今尚ほ不安狀態 五八九
  • 廣島縣・到る所の米屋襲はる 五九〇
  • 呉市・大商店を襲ふ 五九〇
  • 和歌山縣・警戒甲斐なく 五九〇
  • 官民互に死傷あり・和歌山 五九〇
  • 要塞重砲兵出動す・和歌山 五九〇
  • 湖西在米缺乏・静岡 五九〇
  • 静岡市の米屋休業 五九〇
  • 愛媛縣・米屋廿戸を襲撃す 五九一
  • 香川縣・五手に別れて殺到す 五九一
  • 米商四十戸襲撃破壞さる 五九一
  • 福島縣・第二師團より兵員派遣 五九一
  • 各地の白米廉賣 五九一
  • 米穀收用の勅令は貧民救濟 五九二
  • 鈴木商店支店長宅に放火 五九二
  • 物價騰貴の影響(5)ストライキの頻發・感情罷業より賃銀罷工へ 五九二
  • 言論擁護内閣彈劾協議會 五九三
  • 近畿同業大會を開く 五九三
  • 京都市の救濟方法 五九三
  • 九管の從業員救助協議 五九四
  • 山口縣の救濟 五九四
  • 滿鐵・米價補助 五九四
  • 米の相塲を發狂せしめたは誰か(三) 五九四
  • 各地における米大安賣 五九四
  • 總辭職あるのみ 五九五
  • 米價と社會問題・北澤新次郎 五九五
  • 仲小路農相訓示・内務部長會議 五九六
  • アイヌの女は哲學的です・中條百合子孃のアイヌ研究 五九七
  • 合子孃のアイヌ研究 五九七
  • 魚がしと神田の若衆・廉米を巡回販賣 五九八
  • 狐と狸・原敬 五九八
  • 「文壇昔話」 茅野蕭々(下) 五九八
  • 米廉賣續々・福岡縣 五九九
  • 福岡縣で何程の米を喰ふか 六〇〇
  • 市米價調節會の活動・久留米 六〇〇
  • 「あんらくいす」 劇作家の收入 六〇〇
  • 鳴呼亂世の嘆・内務省公報 六〇一
  • 上院列星(三二)疾風迅雷の手腕 六〇一
  • 根本的救濟策・法博大塲茂馬 六〇二
  • 内務省の公表せる三府十五縣の騒擾眞相 六〇三
  • 東京 六〇三
  • 東京・十五日の夜 六〇四
  • 京都 六〇四
  • 大阪 六〇四
  • 兵庫 六〇四
  • 奈良 六〇五
  • 愛知 六〇五
  • 靜岡 六〇五
  • 大阪朝日新聞號外・内務省發表 六〇五
  • 大阪府 六〇五
  • 兵庫縣 六〇五
  • 奈良縣 六〇六
  • 愛知縣 六〇六
  • 滋賀縣 六〇六
  • 岐阜縣 六〇六
  • 福島縣 六〇六
  • 岡山縣 六〇七
  • 石川縣 六〇七
  • 富山縣 六〇七
  • 香川縣 六〇七
  • 愛媛縣 六〇七
  • 政府對新聞紙 六〇七
  • 火の車の巡査生活 六〇八
  • 上院列星(三三)各派苛めの條件 六〇八
  • 政友院外決議 六〇九
  • 根本的救濟策・大塲茂馬 六〇九
  • 外人支那人の殺到・市の米廉賣 六一〇
  • 富山各紙決議 六一〇
  • 「鐵箒」 ヤンキー氣質 六一〇
  • 不穩の地多し 六一〇
  • 昨日正午内務省發表・東京市 六一一
  • 京都府 六一一
  • 大阪府 六一一
  • 兵庫縣 六一一
  • 名古屋 六一一
  • 靜岡縣 六一一
  • 山梨縣 六一一
  • 岐阜縣 六一一
  • 福島縣 六一一
  • 廣島縣 六一一
  • 高知縣 六一一
  • 滋賀縣 六一一
  • 岡山縣 六一一
  • 和歌山縣 六一一
  • 午後十時發表 六一一
  • 午後十二時發表 六一一
  • 米國・日本食料許可 六一二
  • 米國過激派と斷つ 六一二
  • 聯合國對レニン交渉顚末 六一二
  • 騒擾記事解禁・内務當局の反省 六一二
  • 春秋會對内相交渉顚末 六一二
  • 群集と水兵衝突・呉 六一三
  • 仙臺も亦騒ぐ 六一三
  • 甲府若尾家燒く 六一三
  • 宿怨の放火・岸和田の富豪 六一三
  • 豪農を脅かす・大阪 六一三
  • 横濱の米騒動・各所に投石 六一四
  • 岡半襲撃さる 六一四
  • 昨今の海運界 六一四
  • 門司市の掠奪 六一五
  • 崇られた家々・公園の松本樓 六一五
  • 「生活研究」 家賃と衣類(下)戰時氣分と贅澤品 六一五
  • 夜の臨時樞議 六一六
  • 政府責を負はす 六一六
  • 米價問題所見(一)法學博士河上肇 六一七
  • 大阪市の米販賣法決議 六一七
  • 蟲のいい禁止取消 六一八
  • 水野内相屈す・春秋會決議 六一八
  • 東海記者も憤起 六一八
  • 「浦鹽昔語」 柯公(六) 六一八
  • 寫眞・大阪の白米廉賣 六一九
  • 市外の廉賣 六一九
  • 今宮天王寺方面 六一九
  • 購買組合式に・林知事談 六二〇
  • 市營で玄米精白・大阪 六二〇
  • 各地の米騒動尚續・内務省發表 六二〇
  • 廉賣初日の不始末・大阪 六二二
  • 穀類收用令・運用方法如何 六二二
  • 根本的物價調節策を樹立せよ 六二三
  • 「雜記帳」 松岡均平博士 六二四
  • 神戸・尼ケ崎 六二四
  • 燒津町の暴動 六二四
  • 富豪四十戸を襲ふ 六二四
  • 横濱・夜間休業多し 六二四
  • 天井より闖入す・福島市 六二四
  • 横須賀も群衆 六二四
  • 記事解禁・内相覺書交付 六二四
  • 岡山精米機關の全滅 六二五
  • 門司暴動・小倉より軍隊出動 六二五
  • 津取引所に放火 六二五
  • 岡半放逐の决議 六二五
  • 穀類收用令 六二五
  • 田中伯邸を襲ひ一千圓を 六二六
  • 藤枝の暴動・富豪を襲撃 六二六
  • 騒擾報道は内務省發表の分に限り紙上に掲げらる 六二七
  • 穀類收用令の説明・片山米穀管理部長の談 六二七
  • 苦しい慈善團體 六二七
  • 「先づ」派遣されたる日本軍の使命如何・布施勝治 六二八
  • 沐猴政治・水野内相の羊頭狗肉 六二八
  • 「外紙論壇」 米價調節と内閣 六二九
  • 大阪商業會議所の活動 六三〇
  • 内相覺書 六三〇
  • 憲政宣言 六三〇
  • 北海道博覧會 六三一
  • 研究幹部警告 六三一
  • 政黨領袖達は今も避暑地に 六三一
  • 農相と會議所會頭と穀類收用令問答 六三二
  • 「時事新報」 穀類收用令 六三二
  • 中學校長檢擧・名古屋 六三三
  • 檢擧千六百名・放火强盗騒擾罪 六三四
  • 岡山の燒打騒動 六三四
  • 呉では三名殺さる 六三四
  • 水野内相遂に禁止令を取消す 六三四
  • 公開演説中止 六三四
  • 收穀細則 六三四
  • 收穀令説明・仲小路農相談 六三五
  • 横濱記者團決議 六三五
  • 福井記者團決議 六三五
  • 石川記者團決議 六三五
  • 「鐵箒」 まろやのまろ 六三六
  • 軍隊巡邏す・仙臺市靜穩 六三六
  • 新潟市中劾々不穩 六三六
  • 各地騒擾・内務省發表 六三六
  • 喰べる許りか家さへ持切ぬ 六三六
  • 新潟の火事・小學校類燒 六三七
  • 原造船所の職工騒ぐ 六三七
  • 一倍稼ぐか節食するか・山脇房子女史 六三七
  • 浦潮派遣軍進撃 六三七
  • 騒動に怖れて米屋が米を引取らぬ停車塲に白米山積 六三七
  • 宇部村炭礦の坑夫數千名大暴動 六三八
  • 添田炭礦も亦不穩 六三八
  • 船の今昔(四)大湊造船所 六三八
  • 政府の回答・記者團の抗議に 六三九
  • 醫師を襲撃す・診斷を怒つて 六三九
  • 軍司令部上陸・第十二師團北進 六四〇
  • 春秋會の抗議と水野内相の屈服 六四〇
  • 餘りに手緩い・渡邊鐵藏博士談 六四〇
  • 各地記者團起つ 六四一
  • 海軍陸戰隊と鬪ふ・重輕傷九十 六四一
  • 松山市も大混亂 六四一
  • 群衆一千名警察を襲ふ・高知市 六四一
  • 内務省公報・炭坑夫一千名放火騒擾す 六四一
  • 宇部炭坑の大暴動 六四二
  • 北垣部落民の蜂起 六四二
  • 岡半漸く居住を許さる 六四二
  • 東京全く平穩 六四二
  • 百餘名逮補・岡山の騒動 六四二
  • 井原町不安 六四二
  • 呉の窮乏尚安心出來ず 六四二
  • 收監三百・名古屋騒擾の跡 六四三
  • 山口町 六四三
  • 新宮騒ぐ 六四三
  • 松山では看守が出た 六四三
  • 高松に米なし・宿屋は客を斷る 六四三
  • 坑夫騒ぐ・添田炭坑 六四三
  • 内務省發表 六四三
  • 二百五十の鯨群海岸に上陸 六四四
  • 物價騰貴の影響・退學させて奉公 六四四
  • 言論擁護内閣彈劾・近畿新聞大會 六四五
  • 各地米騒擾・津の放火騒擾詳報 六四六
  • 津市も靜穩 六四六
  • 廣島騒擾の首魁 六四六
  • 東京府が米商人に脅されて 六四七
  • 終に長野縣に發生す 六四七
  • 暴動尚歇まず・各地の危檢狀態 六四七
  • 大阪市内は全く平穩 六四八
  • 精白が間に合はぬ・大阪 六四八
  • 神戸も無事 六四八
  • 原造船の盟休・横須賀 六四八
  • 八幡製鐵職工要求容れらる 六四八
  • 先づ近畿を揺がす内閣彈劾の叫び 六四九
  • 「一日一信」 夢二 六四九
  • 工塲長を襲ふ・大宮鐵道院工塲 六四九
  • 底抜の大安賣り・津の米商連 六五〇
  • 依然騒擾・昨日正午内務省公表 六五〇
  • 民衆運動としての米騒擾の意義・馬塲孤蝶氏談 六五一
  • 馬塲孤蝶氏談 六五一
  • 府市意見合はず・東京 六五二
  • 京城でも救濟會 六五二
  • 農商務省の課長は曰ふ・一般に贅澤の傾向 六五二
  • 廉賣の後に横はる問題・中産階級民と小賣商 六五三
  • 外紙論壇 六五三
  • 被検擧者は勞働者許り・收監二百廿餘 六五四
  • 新子安の職工騒ぐ 六五四
  • 鮮人同化(上)教育萬能主義・井上圓了氏談 六五四
  • 尼崎方面・軍隊の警戒 六五五
  • 六百俵を奪去る・戸畑町の暴動 六五五
  • 川上邸も燒かる・長岡の米穀商 六五五
  • 騒擾の責任と處罰 六五六
  • 米價問題(二)法學博士河上肇 六五六
  • 「鐵箒」 戮力主義 六五七
  • 三菱方城炭坑の不穩 六五八
  • 村長宅を燒拂ふ・大阪府下 六五八
  • 青年團員の助役襲撃・京都府 六五八
  • 鈴木出張所・海上に避難 六五八
  • 日本軍隊を歡迎 六五八
  • 船の今昔・(五)鵜飼船 六五九
  • 東人西人・日本商人は信用出来ぬ 六五九
  • 誰か此裡の教訓を讀む 六五九
  • 米騒動の教訓(上)國家制度に關して法學博士佐々木惣一 六六〇
  • 何時まで居据るか・内閣今後の運命 六六一
  • 「浦潮昔語」 柯公(八) 六六一
  • 各地尚騒擾・峰地炭礦の爆藥戰 六六二
  • 署内に山の如き・掠奪品 六六二
  • 空砲で脅かす・長岡の騒擾 六六三
  • 富豪邸を燒く・山口縣安下庄 六六三
  • 検束百四十・愛媛縣郡中町 六六三
  • 長居村長の宅燒く・住職の倅 六六三
  • 長野縣 六六三
  • 長岡の放火 六六三
  • 米屋はポツポツ 六六三
  • 五個中隊出動して炭礦一揆 六六三
  • 首謀者捕はる・日向延岡町 六六四
  • 火事場の如き・新潟市中 六六四
  • 大阪市中・先づ安心の狀態 六六四
  • 京都は平穩 六六四
  • 内務省發表 六六四
  • 各地米騒擾・山口縣大島郡 六六四
  • 一夜に變る天地・奢侈贅澤忽ち復活 六六五
  • 通貨の膨脹と其收縮 六六五
  • 我兵哈爾賓を發す 六六六
  • 田尻市長の米巡禮・奥羽北陸 六六六
  • 朝鮮米が來るわ來るわ 六六六
  • 吉原町に暴動蜂起 六六六
  • 東海記者大會・内閣倒壞決議 六六六
  • 福岡記者大會 六六七
  • 貧弱なる教育・湯原女子高師校長談 六六七
  • 昨夜、多町の騒動 六六七
  • 中産階級の救濟・横濱市會 六六七
  • 恐るべき兇猛振り 六六八
  • 内務省公報・十八日の發表 六六九
  • 大阪米騒擾の検束者 六六九
  • 大電製作所の職工騒ぐ 六六九
  • 暴動九州に猖獗す 六六九
  • 乞食の類ひが減つた 六七〇
  • 特種部落民と騒擾 六七〇
  • 西伯利經濟援助 六七一
  • 東京監獄に二百人 六七一
  • 廉米販賣の範圍を擴張 六七一
  • 米高し・期米も正米も 六七一
  • 「文壇昔話」 内藤鳴雪(上) 六七二
  • 各地騒擾・内務省公表 六七二
  • 米騒動を一家の誡に 六七三
  • 問題の中産階級生活 六七三
  • 今回の事件は活きた教材・上流子弟に・林尚氏談 六七三
  • 外紙論壇 六七三
  • 期米昻騰 六七四
  • 「あんらくいす」 米と文壇 六七四
  • 米騒動は日本全國に亙る 六七四
  • 東京神田大火 六七五
  • 再び燃え上る・日本法科大學燒失 六七五
  • 峰地暴動詳報 六七五
  • 北九州の暴徒檢擧 六七六
  • 峰地坑の暴動 六七七
  • 市の廉賣米は米屋の手へ・東京 六七七
  • 米國の自働車業 六七八
  • 喧騒!米屋大會 六七八
  • 上院列星(三五)交友派の大臣株 六七九
  • 支那米を輸入・片山管理部長談 六八〇
  • 穀類收用の幕開き・昨日愈々指定商が確定 六八〇
  • 成金輩・己れを愼しめ 六八一
  • 當にならぬ内務省公報 六八一
  • 米騒擾の二大原因・成金跋扈 六八一
  • 二市二十五郡・兵庫縣 六八二
  • 金は有つても米は無い 六八四
  • 「あんらくいす」 珠と塊の論 六八四
  • 問題の告白文學(一)・前田晁 六八五
  • 暴動監察報告 六八五
  • 「物價騰貴の影響」 腰辨の悲哀 六八六
  • 喰ふといふ問題 六八六
  • 頗る便利だが 六八七
  • 米の押買をした資産家・呉市 六八七
  • 長門宇部・即死十五名 六八七
  • 米價問題(四)法學博士河上肇 六八七
  • 「鐵箒」 慈善買收 六八八
  • 農村から都會へ・農學博士横井時敬氏談 六八八
  • 手紙より遲い電報 六八九
  • 濱田町の大暴動 六八九
  • 騒動中にも米の買占・呉の買占 六八九
  • 元師刀愈制定 六九〇
  • 船の今昔(六)船と龜甲觀念 六九〇
  • 生活問題は政治なり 六九〇
  • 日本軍來る 六九一
  • 米騒動の教訓(中)・法學博士佐々木惣一 六九一
  • 筑豐各炭礦の不穩 六九二
  • 米屋の座敷へ爆彈 六九二
  • 資産家を襲ふ・和歌山 六九二
  • 宇部村の群衆山を越えて 六九三
  • 内務省公表 六九三
  • 醫者へ凄文句・高松 六九三
  • 廉米配給の狀況・大阪 六九三
  • 鐵道の從業員・之れでは衝突も 六九四
  • 子供隊米屋を襲ふ・浜田 六九四
  • 上田も不穩 六九四
  • 米價と通貨膨脹・大蔵當局に 六九四
  • 陸軍火藥製造所爆發・岩鼻 六九五
  • 米暴動事件の檢擧擴大 六九五
  • 大阪電燈製作所の職工騒ぐ 六九五
  • 「窮民救濟」 官民共に奔走す 六九六
  • 日光町 六九六
  • 足尾町 六九六
  • 今市町 六九六
  • 石橋町 六九六
  • 南犬飼 六九六
  • 栃木町 六九六
  • 小山町 六九六
  • 宇都宮 六九六
  • 足利町 六九六
  • 御厨村 六九六
  • 「米廉賣」 六九六
  • 浦和町 六九七
  • 秩父町 六九七
  • 川越町 六九七
  • 松山町 六九七
  • 與野町 六九七
  • 兒玉町 六九七
  • 比企郡 六九七
  • 川口町 六九七
  • 本庄町 六九七
  • 羽生町 六九七
  • チ軍謝禮使入京 六九七
  • 大阪鐵工所因の島工場騒がし 六九八
  • 市の白米廉賣は米屋に一任 六九八
  • 農商務省自ら小賣も行る覺悟 六九八
  • 通貨流通年表 六九八
  • 本邦製鐵能力 六九八
  • 外紙論壇 六九八
  • 米屋の保護に・田尻市長の態度一轉 六九九
  • 本多博士の鋼鐵研究 六九九
  • 磁石の鐵の發見・田丸博士語る 七〇〇
  • 「一日一信」 川田順 七〇〇
  • 各地騒擾内務省公表・長岡市の騒ぎ 七〇〇
  • 岐阜縣岩村町・犯人十名檢擧 七〇〇
  • 侵入と強談・京都の郡部 七〇〇
  • 鐘を撞て集合・村長宅を襲ふ 七〇〇
  • 放火と暴行・山口縣宇部村 七〇〇
  • 襲撃・破壞・掠奪・反抗・福岡縣の暴動・小倉師團出動 七〇〇
  • 「文壇昔話」 内藤鳴雪(下) 七〇一
  • 石卅圓の米を精げて幾何に賣れば 七〇一
  • 再度の米相談・福岡 七〇一
  • 大分縣の救濟 七〇一
  • 宮崎縣の在米 七〇二
  • 各炭礦に暴動蜂起す 七〇二
  • 濱田の暴動・軍隊に抵抗 七〇二
  • 米國援露團體設立 七〇二
  • 英國對露援助 七〇二
  • 援露委員任命 七〇二
  • 知事の進退・暴動事件引責 七〇二
  • 物價の亂騰と切詰た家庭・斷然酒造を半減せよ・羽仁もと子女史談 七〇二
  • 米屋は元の因業 七〇三
  • 米騒動の教訓・法學博士佐々木惣一・下ノ一 七〇三
  • 眞率に事實を認めよ 七〇四
  • 女房軍襲ふ・千葉縣勝山町 七〇五
  • 檢擧四十名・長岡の騒擾 七〇五
  • 内務省發表 七〇五
  • 檢擧千五百名・山口 七〇六
  • 支那米・買占 七〇六
  • 電機工盟休・大阪 七〇六
  • 米價問題(五)法學博士河上肇 七〇六
  • 「鐵箒」 O・Kに就て 七〇七
  • 米廉賣・水戸 七〇七
  • 佐世保工厰職工騒ぐ 七〇七
  • 刑法の立場から(一)牧野英一 七〇七
  • 東京の檢擧は千名を超ゆ 七〇八
  • 米收用の手初め 七〇八
  • 木炭も暴騰した 七〇九
  • 騒擾の原因調査・成金輩の放恣跋扈を 七〇九
  • これでは遣り切れぬ・大阪の警察力 七〇九
  • 暴動首謀者の家を圍む・福岡 七一〇
  • 暴動中の海兵・呉海兵團 七一〇
  • 鎭守府もチト困る 七一〇
  • 不徹底なる米收用 七一一
  • 學界未曽有の鋼鐵研究所・東北帝國大學に設置 七一一
  • 米の大買占に指定商の凝議 七一二
  • 米上向く正米も期米も高し 七一二
  • 米騒動漸く鎭靜・今回は政治的色彩なく危險思想あるを認めず・關西視察より歸つた天宅事務官談 七一二
  • 各地騒擾・内務省發表 七一二
  • 「文壇昔話」 生田葵(上) 七一三
  • 問題の告白文學(二)前田晁 七一三
  • 上院列星(三六)我黨内閣は法度 七一四
  • 大阪米騒動・市民廿三萬人 七一五
  • 「凡人非凡人」 優曇華總理(上) 七一五
  • 次の問題・土地の騰貴家賃の引上げ 七一五
  • 成金の煽る宴會 七一六
  • 各地の米暴動 七一六
  • 三田井稍不穩 七一七
  • 暴動後の大阪 七一七
  • 騒擾の原因・成金の跋扈を憤慨 七一七
  • 通貨收縮難からず(下)堀江歸一 七一七
  • 貨車二輌の米盗まる・酒田 七一七
  • 闇を彷徨せる政治家 七一八
  • 三相伏奏 七一八
  • 刑法の立場から(二)法學博士牧野英一 七一九
  • 東大の特別會計愈廢止と決す 七一九
  • 天津樂園記・天津にて・夏積 七二〇
  • 漁民町役場を包圍す・飾磨町又もや 七二〇
  • 日本と列國・日本大出兵論・デーリー・メール社説 七二一
  • 米紙米騒動觀 七二一
  • 紐育サン紙 七二一
  • 地方官の進退伺 七二一
  • 援露委員會 七二一
  • 米價問題(六)法學博士河上肇 七二二
  • 「鐵箒」 荷車と女の袖 七二三
  • 劣等米混入の奸商・嚴重取締・東京 七二三
  • 蟲の好い白米商・苦情を持出す 七二三
  • 鮫ケ橋邊の氣樂な生活 七二三
  • 五十年後の米・緊切な米問題の新研究・東京農科大學長農學博士古在由直 七二四
  • 宮内省消防士自殺を圖る・生活難の結果精神異狀 七二四
  • 「生活研究」 ある巡査の家計 七二四
  • 出兵と娘子軍(一)狼嘯生 七二五
  • 愈米の强制買收・大阪神戸京都 七二五
  • 神戸市騒擾の主魁者を檢擧 七二六
  • 軍隊で包圍して・門司 七二六
  • 記者團協議・警察部長の放言 七二六
  • 印度亞仁多の生活(一)澤村胡夷 七二六
  • 米騒動の敎訓・下ノ二・佐々木惣一 七二七
  • 内閣の最後に・障害とは何ぞ 七二八
  • 市の米買入値段・東京市 七二九
  • 成金の謹慎を望む 七二九
  • 生活問題・此生活難を如何 七二九
  • 後藤外相の訓示 七二九
  • 進退伺を出した兩知事 七三〇
  • 巡査志願・米高と警官 七三一
  • 佐世保工廠造機工騒ぐ 七三一
  • 「文壇昔話」 生田葵(下) 七三二
  • 文藝家の集まり・美術攻究會 七三二
  • 「一日一信」 ゆづる 七三二
  • 印刷業者の痛苦と出版界の恐慌・又々印刷料三割の値上げ 七三三
  • 混沌たる成金税 七三三
  • 成金と社會問題 七三四
  • 貪婪な白米商・東京 七三四
  • 市の泣寝入・東京 七三四
  • 奸商續々發覺・市民注意せよ・東京 七三五
  • 依然米の危險 七三五
  • 京都で先鞭を・中産階級救助 七三五
  • 時局問題の調査・日本辯護士協會 七三五
  • 斯民の聲を聽け・廉賣米を買占めて鷄の餌・東京 七三六
  • 上院列星(三七)學界の二大人物 七三六
  • 「あんらくいす」 論評家の缺乏 七三六
  • 問題の告白文學(三)前田晁 七三七
  • 告白小説を取上げた經過(上)中村星湖 七三七
  • 外人の抗議・天洋丸内の出來事 七三八
  • 貴婦人よ、先づ工塲に出張れ 七三八
  • 成金鳴を鎭む 七三九
  • 市の廉米切符・東京 七三九
  • 「凡人非凡人」 優曇華總理(下) 七三九
  • 汝の自在鍵を締めよ 七四〇
  • 濟生會の新事業 七四〇
  • 米價問題(七)法學博士河上肇 七四〇
  • 宇和島大騒擾・鈴木の支店に放火 七四一
  • 炭坑夫暴動續發す・兵士出動 七四一
  • 石見の騒動・米屋を襲撃 七四一
  • 氣鑵爆發の大慘事 七四一
  • 「鐵箒」 階前萬里 七四一
  • 野方村の東京市施療院へ放火す 七四二
  • 船の今昔・船の進水 七四二
  • 西伯利の過激派(上)牛木生 七四三
  • 内相訓令の不備 七四三
  • 印度亞仁多の生活(二)澤村胡夷 七四四
  • 茨木川の堤防決潰 七四五
  • 佐賀記者團 七四五
  • 現内閣糺彈と各派 七四五
  • 米價問題所見(八)法學博士河上肇 七四六
  • 出兵と娘子軍(二)妾は最初の遠征軍中村狼嘯生 七四七
  • 盟休の主謀者拘引さる・德山 七四八
  • 九十名を檢擧す・濱田の米一揆 七四八
  • 司法官に休暇取消・米騒動審理 七四八
  • 「生活研究」 勞働者に二派ある 七四八
  • 邦人凌辱さる・南比律賓地方の迫害加はる 七四九
  • 警察部長の正誤・福岡 七四九
  • 迂遠極まる廉賣方法・水戸 七四九
  • 刑法の立塲から(三)牧野英一 七五〇
  • 果して支那米百萬石が日本へ 七五〇
  • 東京、大阪指定商・米收用の競爭 七五一
  • 嚴しく糺彈する・米暴動の檢擧 七五一
  • 米廉賣・所沢・岩槻・大宮 七五一
  • 「文壇昔話」 大須賀乙字 七五一
  • よみうり抄・夢二・俊子 七五二
  • 騰るばかりの期米正米 七五二
  • 政黨の無責任 七五二
  • 國民の生活を根本より安全にせよ澤田五郎 七五三
  • 爲替資金調査會設置 七五三
  • 新に外米輸入・臺灣米と支那米 七五三
  • 内米買入商指定 七五四
  • 北露政廳宣言 七五四
  • 自動車協議會・市營を決議す 七五四
  • 騒擾と國家の損失 七五五
  • 「あんらくいす」 新時代の歸去來 七五六
  • 上院列星(三八)上院辯論の趨向 七五七
  • 問題の告白文學(中)中村星湖 七五七
  • 秘密の米がある・深川筋に〓 七五八
  • 名古屋記者團・彈劾演説 七五八
  • 「鐵箒」 漁師町 七五八
  • 福岡縣・宮田村炭坑の坑夫騒ぐ 七五九
  • 南方軍政府役割 七五九
  • 嚴罰に處する方針・林檢事談 七五九
  • 廣東軍政府會議 七五九
  • 支那米輸出反對 七五九
  • 却々行渡らない白米の廉賣券・東京 七五九
  • 郡部で始めた恩賜日・東京 七五九
  • 困難な鐵道工事 七六〇
  • 東京市の買占めに高岡市の米價暴騰 七六〇
  • 浦潮領事團の決議 七六〇
  • 船の今昔(九)德川時代末の航海術 七六〇
  • 浦潮騷亂勃發 七六一
  • 辭職を勸告せん・三浦梧樓子談 七六一
  • 憲政有志歷訪・三浦子 七六一
  • 東人西人・シベリヤ援助 七六二
  • 西伯利の過激派(下)牛木生 七六二
  • 國債規則改正 七六三
  • 通貨收縮は容易なり 七六三
  • 石川縣下では女房團 七六四
  • 菅牟田炭礦・不穩 七六四
  • 捕へられた米騒擾首魁者・大阪 七六四
  • 千二百名の女工罷業・大垣日紡 七六四
  • 眼ざすは九州米 七六四
  • 九州米盛んに出る 七六四
  • 支那防穀令・一部解禁に決す 七六五
  • 輸出差止・神戸市主務省へ折衝 七六五
  • 宇出津町の女房軍 七六五
  • 收監百名・京都 七六五
  • 檢擧四百名・私立大學生・岡山 七六五
  • 米價問題と朝鮮米(一)河田嗣郎 七六五
  • 九州新聞大會・内閣彈劾 七六六
  • 印度亞仁多の生活(三)澤村胡夷 七六六
  • 賣船及傭船 七六七
  • 朝日評壇・獨帝の頑冥 七六七
  • 言論擁護内閣彈劾關西新聞社通信社大會 七六七
  • 滿洲里方面への出兵 七六八
  • 休暇中に値上・京都の下宿料 七六八
  • 人心一新の手段・内閣の辭職 七六九
  • 刑法の立塲から(四)牧野英一 七七〇
  • 泡沫のやうな廉賣・千葉 七七〇
  • 不良茶差押へ處分・靜岡 七七一
  • 廉賣切符の第一日・東京 七七一
  • 文藝家の集まり・三九會 七七一
  • 内務省から技師派遣 七七二
  • 辯護士會活動・日辯 七七二
  • 騒擾と刑事政策・平沼騏一郎 七七二
  • 切符の數が少い・東京 七七二
  • 石炭酸工塲の爆發・福岡 七七三
  • 福岡市の米價補償 七七三
  • 「あんらくいす」 鷹の井戸 七七三
  • 上院列星(三九)過去現在の論客 七七四
  • 下宿料値上げは九月から實行 七七四
  • 問題の告白文學(五)中村星湖 七七五
  • 米騒動の底に世界思潮の影響 七七五
  • 船の今昔(一〇)御朱印船 七七六
  • 「鐵箒」 見得坊 七七六
  • 米の貯藏研究 七七六
  • 警視廳の手も借て廉賣券配付 七七七
  • 横須賀の海軍倉庫燒く 七七七
  • 西伯利の經濟的援助と保全・法學博士戸田海市氏談 七七七
  • 「生活研究」 困つた辯護士 七七八
  • 公正なる政策を要す・米騒動の跡始末 七七九
  • 大手筋の買占・北陸の民心動揺 七八〇
  • 呉の米價問題大會中止 七八〇
  • 我軍攻勢に轉す・陸軍省公報 七八〇
  • 各炭礦尚不穩 七八一
  • 因の島も不穩・鮮人夫大擧して 七八一
  • 宇和島の米騒擾・檢擧百數十名 七八一
  • 嚴罰主義でない・辯護士團起つ 七八一
  • 隧道崩壞・福井 七八一
  • 不眞面目なる政治家 七八一
  • 刑法の立塲から(五)牧野英一 七八二
  • 金銀取締・本日公布 七八二
  • 千八百人へ成金税 七八三
  • ただ一本道に稼ぐが極意 七八三
  • 法は法、情は情・豐島法務局長 七八四
  • 石油の恐怖時代・世界各國血眼になつて新油田の發見に熱中・是れ國防上の必要 七八四
  • 絲つむぎ紅女の達引一千名の同盟罷業・白粉の新潟女、長襦袢の富山女 七八五
  • 岡半米界を退く 七八五
  • 日支兵の衝突 七八五
  • 支兵暴行事件 七八六
  • 上杉伯爵家の美擧 七八六
  • 配當二十割・函館船渠株式會社 七八六
  • 寺内内閣の暴政を責め猛然として彈劾を決議した關西記者大會の痛切な攻撃演説 七八六
  • 出兵と娘子軍(三)下町のドン底生活 七八六
  • 銅貨の拂底 七八七
  • 騒擾の後始末・超司法處分的 七八七
  • 餘り侮れぬ過激軍 七八八
  • 市に魁して東京府で公設市塲を作る・中産者の爲には購賣組合 七八九
  • 政府が買取る米の値・片山米穀管理部長談 七八九
  • 憲政調査會・物價政策討議 七八九
  • 東人西人・政友外米輸入関税徹廢反対 七九〇
  • セ軍戰線の印象(上)牛木生 七九〇
  • 慈善を排す・山田わか子女史 七九一
  • 「鐵箒」 色彩と健康 七九一
  • 指定商の買占・米價また沸騰 七九一
  • 五十年後の米・古在由直氏談 七九二
  • 米價問題と朝鮮米(二)河田嗣郎 七九二
  • 惡辣な白米商・廉賣券を二錢三錢で買占む 七九三
  • 東京の騒擾事件は二百四十名起訴日本辯護士協會の活動 七九三
  • 魚津の女人隊米車に縋つて哀訴す 七九三
  • 仲買の軒別へ不穩の貼紙 七九三
  • 山形での米收用悉く失敗 七九四
  • 中産民に公設市塲・細民に共同食堂 七九四
  • 米屋に委せた米廉賣は失敗 七九四
  • 新劇の實を摘む時 七九五
  • 愈々發表した米公定相塲 七九五
  • 此秋若し不足だつたら 七九六
  • 内米收用價格發表 七九六
  • 持米は速に賣放つべし 七九六
  • 内米販賣價格 七九七
  • 「文壇昔話」 兒玉花外(上) 七九七
  • 刑法の立塲から(六)牧野英一 七九七
  • 東京米騒擾の跡始末 七九八
  • 佐世保・市吏員の同盟罷業 七九八
  • 山岸製材の同盟罷工 七九八
  • 小學生の頭に何う響いて居る・帝國小學校の試み 七九九
  • 電報の長文句・大谷局長談 七九九
  • 三共會社の火事 八〇〇
  • 買入れ困難・山形縣 八〇〇
  • 自轉車規則改正・茨城縣 八〇〇
  • 船の今昔(一二)天磐船 八〇一
  • 米麥公營案 八〇一
  • 通貨收縮は容易なり(再論) 八〇二
  • セ軍戰線の印象(下)牛木生 八〇三
  • 東京が劣つて居る・細民施設 八〇三
  • 東京近在は到處稀有の大旱魃 八〇四
  • 馬鈴薯研究・米代用の食料 八〇四
  • 「鐵箒」 藤枝車 八〇五
  • 商船喪失數 八〇五
  • 燒拂はれた酒精會社 八〇五
  • 町役塲全滅・町長以下總辭職 八〇六
  • 諸戸家の寄附 八〇六
  • 米價問題と朝鮮米(三)河田嗣郎 八〇六
  • 米價收價格決定 八〇六
  • 買米は着々進行せん 八〇七
  • 新原炭礦の騒擾・遂に軍隊出動 八〇七
  • 賣出價格は追て發表 八〇七
  • 形勢急に一變す 八〇八
  • 米倉に張番・讃岐の米騒動 八〇八
  • 米食を節せよ・井上府知事訓令 八〇八
  • 雜記帳・有島武郎外 八〇九
  • 補償金額算定法に對する疑義 八〇九
  • 刑法の立塲から(七)牧野英一 八〇九
  • 車掌運轉手が同盟罷業の申合 八一〇
  • 穀類收用令の運用方針(一)法學博士戸田海市 八一一
  • 小猫の宿・鈴木大拙夫人 八一一
  • 海軍採炭所に暴動 八一一
  • 更に辛辣な青田買・鈴木商店 八一二
  • 成金税から見た酒と慾の世の中 八一二
  • 花柳界のホクホク 八一二
  • 今秋の院展と二科 八一三
  • 府の公設市塲何處に設けるか・市には適當な塲所が無い 八一三
  • 斯んな廣告・現代社會の一面・救世軍士官の驚き 八一四
  • 晶子女史は窮民でない・廉賣券の交付を謝絶さる・女子は語る「本とうに困るから願ひました」 八一四
  • 收穀實施不可・男爵澁澤榮一 八一五
  • 「文壇昔話」 兒玉花外(中) 八一五
  • 「鐵箒」 河上博士に質す 八一六
  • 石ころ・警視廳 八一六
  • 船の今昔(一三)A字形檣の謎 八一六
  • 諸物價の騰貴率 八一七
  • 米國從軍記者團來る 八一七
  • 女が働かぬ・米廉賣の利害 八一七
  • 印度亞仁多の生活(六)澤村胡夷 八一八
  • 新原炭礦の坑夫一揆 八一八
  • 市設の貸長屋・大阪救濟新事業 八一九
  • 熱辯を振ふ・富山縣の米騒動 八一九
  • 京神の指定商 八一九
  • 控訴棄却さる・懲役二月の增貫 八一九
  • 大阪電燈會社の煤煙被害 八一九
  • 軍人の恩給生活 八一九
  • 農民は困る 八二〇
  • 米騒ぎから町長自殺す・福岡 八二〇
  • 貴族院が首相へ膝詰談判 八二一
  • 二瀬炭坑の暴動 八二一
  • 特殊部落民の殺到 八二一
  • 松尾鐵工塲の大騒動 八二一
  • 雜記帳・船成金夫人は皆ソレ者達 八二一
  • 芝の區議、廉米を買占む 八二二
  • 再び政府の猛省を促す 八二二
  • 英國の食物制限現狀・會津常治 八二二
  • 府の廉賣改正・東京 八二三
  • 米の收用に多少の不公平は 八二三
  • 越中八尾町の米騷動 八二四
  • 理學博士で技手の奥樣は信號の揚役・藤原咲平氏の家庭 八二四
  • 京城に米騒動 八二四
  • 全國に普く公設市塲 八二四
  • 越中八尾町復た騒ぐ 八二五
  • 「茶話」 十六人の女房 八二五
  • 鐵道院の購買組合 八二五
  • 「晝の目夜の耳」 巨人對女優 八二五
  • 上院列星(四〇)とりどりの辯才 八二六
  • 釀造高記録破り・米價暴騰の一方 八二六
  • 穀類收用令の運用方針(二)戸田海市 八二七
  • 湯屋飲食店續々休業・東京 八二七
  • 政友會は何故黙過する 八二七
  • 炭坑暴動頻發・佐賀聯隊出動す 八二八
  • 炭礦騒擾續發す・三菱相知炭坑 八二九
  • 杵島にも暴動・軍隊二個中隊 八二九
  • 二瀬炭坑平穩に・百餘名引致 八二九
  • 無感覺なる寺内内閣 八二九
  • 朝日評壇・大鹽と跡部 八三〇
  • 米價問題と朝鮮米(五)河田嗣郎 八三一
  • 食堂と下宿と長屋 八三一
  • 「生活研究」 開業醫(上) 八三二
  • 五百餘名を檢擧・九州炭坑 八三二
  • 炭坑靜まる 八三三
  • 大阪辯護士會の協議・米騒動 八三三
  • 屑成金が出來た・東京 八三三
  • 上院列星(四一)華族議員の論告 八三三
  • 「凡人非凡人」 目白の石地藏 八三四
  • 貝島の炭坑も暴動 八三四
  • 東京の成金税・總て三千人 八三五
  • 買米商人厄病神のやうに 八三五
  • 小川理事官は空しく歸阪 八三五
  • 支那學生排日熱・引揚げた二千 八三六
  • 岩屋炭坑の暴動・坑夫爆裂彈を 八三六
  • 「文壇昔話」 兒玉花外・下ノ一 八三六
  • 「一日一信」 役人の不親切 八三七
  • 成金の國民的使命(一)米田庄太郎 八三七
  • 凄じき炭礦の暴動 八三八
  • 資本と勞働の調和 八三八
  • 「文壇昔話」 兒玉花外・下ノ二 八三九
  • 露國農奴解放に付ての舊農奴の不滿足(上) 八四〇
  • 颱風襲來 八四〇
  • 大旋風家屋を倒潰す 八四一
  • 帝都も暴風雨に襲はる 八四一
  • 一万人の坑夫軍隊と衝突す・岩屋坑 八四一
  • 米は高くも貯金がどしどし 八四一
  • 戒告されし・小倉久兵衛 八四二
  • 穀類收用令の運用方針(三)戸田海市 八四二
  • 上院列星(四二)貴族の先天資格 八四三
  • 「あんらくいす」 ABC廢止論 八四三
  • 簡易食堂に舊市廳・東京市 八四四
  • 米騒擾檢擧五千人 八四四

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで