サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

論集日本歴史 1

原島, 礼二, 1931-

詳細情報

タイトル 論集日本歴史
著者標目 原島, 礼二, 1931-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社有精堂出版
出版年 1973
大きさ、容量等 375p ; 22cm
注記 監修: 豊田武, 児玉幸多, 大久保利謙
JP番号 73018917
巻次 1
別タイトル 大和王権
部分タイトル 石上神宮と七支刀(上田正昭) 高句麗広開土王陵碑文再検討のための序章-参謀本部と朝鮮研究(佐伯有清) 倭の五王に関する基礎的考察(志水正司) 五世紀の日本と朝鮮-中国南朝の冊封と関連して(坂元義種) いわゆる「継体・欽明期の内乱」の政治的基盤-古代豪族論の一齣(藤間生大) 継体天皇の系譜についてー釈日本紀所引上宮記逸文の研究(黛弘道) 国家論に関する覚書(吉田晶) 『ミヤケ制の政治史的意義』序説(井上辰雄) 吉士についてー古代における海外交渉(三浦圭一) 国造の姓と系譜(阿部武彦) カバネの制度に関する新研究序説(北村文治) 古代族長継承の問題について(阿部武彦) 推古朝政治の性格(関晃) 冠位十二階考(黛弘道) 廐戸皇子の立太子について(直木孝次郎) 大化前後の大夫について(関晃) 記紀系譜の成立過程について(笠井倭人)王仁の後裔氏族と其の仏教-上代仏教と帰化人の関係に就いての一考察(井上光貞) 解題(原島礼二) 文献目録(原島礼二)
部分タイトル 大和王権 / 原島礼二 編
出版年月日等 1973
件名(キーワード) 日本--歴史--大和時代
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GB71
NDLC GB165
NDC 210.1
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで