サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

沖縄文化論叢 第5巻

詳細情報

タイトル 沖縄文化論叢
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社平凡社
出版年 1972
大きさ、容量等 530p 地図 ; 22cm
価格 2500円 (税込)
JP番号 73017248
巻次 第5巻
別タイトル 言語編
部分タイトル 解説(外間守善,中本正智) 総論 日本語の琉球方言について(服部四郎) 琉球文言概説(仲宗根政善) 琉球の方言(上村幸雄) 琉球先島方言の総合的研究(平山輝男,大島一郎,中本正智) チェンバレン氏の琉球語研究(吉田澄夫) 日琉語族論(折口信夫) 沖縄の言語史(外間守善) 音韻論 琉球語の母音組織と口蓋化の法則(伊波普猷) 「琉球諸島言語の国語学的研究」の概要(宮良当壮) 徳之島方言の音韻(柴田武) 宮古方言音韻論の一考察(サムエル・H.北村) P音考(伊波普猷) K音考(中本正智) 文法論 「琉球語」と「国語」との音韻法則(服部四郎) 加行変格「来る」の国頭方言の活用に就いて(仲宗根政善) 琉球語動詞の通時的考察(崎山理) 首里方言の動詞のいいきりの形(鈴木重幸) 「イッター」と「ワッター」-接尾形式の一考察(屋比久浩) 南島方言に於ける敬語法(金城朝永ほか) 喜界島に於ける敬語法(岩倉市郎)
部分タイトル 語彙・語源論 『海東諸国記』附載の古琉球語について(伊波普猷) 琉球と支那語(魚返善雄) 万葉語と琉球語(比嘉亀盛) 沖縄の外国語と外来語(成田義光) 地名「沖縄」の起源について(金城朝永) やま,もり,たけ(服部四郎) 琉球方言の太陽を意味する語について(上村考二) 北をニシと呼ぶ話-方位と風の琉球語(金城朝永) 東西南北(仲宗根政善) 中頭郡西原村に於ける日常の挨拶(比嘉春潮) 沖縄の親族語彙(徳川宗賢) 語彙統計学(言語年代学)的方法による琉球方言の研究(大城健) 文献目録:p.523-530
部分タイトル 言語編 / 外間守善 編
出版年月日等 1972
件名(キーワード) 琉球語
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC311
NDLC KF131
NDC 382.199
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで