サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

近代日本における歴史学の発達 下

野原四郎, 松本新八郎, 江口朴郎 編

詳細情報

タイトル 近代日本における歴史学の発達
著者 野原四郎, 松本新八郎, 江口朴郎 編
著者標目 野原, 四郎, 1903-1981
著者標目 松本, 新八郎, 1913-2005
著者標目 江口, 朴郎, 1911-1989
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社青木書店
出版年 1976
大きさ、容量等 202p ; 21cm
価格 1500円 (税込)
JP番号 73017100
巻次
部分タイトル 世界史の現段階と近現代史の方法の反省(江口朴郎) 朝鮮史像と停滞論(旗田巍) 「東洋史」と「アジア史」(上原淳道) 東洋史学・中国・私-『吾レ龍門ニ在リ矣』あとがき(小倉芳彦) 世界史認識と古代像(太田秀通) 日本近世史の全体像の変化-戦前編(津田秀夫) モンテスキューの歴史学の構成(井上幸治) 会議派支配とインド研究の課題(中村平治) 付 近代史学史研究会報告 日本における朝鮮史研究について(旗田巍) 日本における西洋史研究について(江口朴郎) 日本の近代史研究の問題について(遠山茂樹) 近代史学史の必要性について(石母田正) 日本の東洋史学は何をしてきたかー一五年戦争にかかわって(野原四郎) 古代から封建への移行の問題をめぐって(松本新八郎)
出版年月日等 1976
件名(キーワード) 歴史学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC G12
NDC 201.2
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで