サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

歴史科学大系 第23巻

歴史科学協議会 編

詳細情報

タイトル 歴史科学大系
著者 歴史科学協議会 編
著者標目 歴史科学協議会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社校倉書房
出版年 1974
大きさ、容量等 333p ; 22cm
注記 監修: 石母田正等
価格 2000円 (税込)
JP番号 73015661
巻次 第23巻
別タイトル 農民闘争史. 下
部分タイトル 百姓一揆論(北島正元) 寄生地主制形成期における農民闘争(大石慎三郎) 摂津型地域における百姓一揆の性格(津田秀夫) 封建社会崩壊期における農民闘争の一類型について(津田秀夫) 幕末の農兵と農民一揆(渡辺信夫) 世直し・農民反乱(庄司吉之助) 近世後期における塩業労働者の闘争型態とその背景(渡辺則文) 大都市の打毀しとその主体勢力-大阪の場合(岡本良一) 近世都市の騒擾について(岡本良一) 慶応二年大坂周辺打毀しについて(酒井一) 近世民衆心理の一面-「おかげ参り」より「ええじゃないか」へ(遠山茂樹) 封建制崩壊期における畿内農民のイデオロギーの展開-農民文化の一視点(小林茂) 解説 一揆研究を志す人へ続(山田忠雄)
部分タイトル 農民闘争史. 下 / 編集・解説: 山田忠雄
出版年月日等 1974
件名(キーワード) 農民一揆
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GB21
NDLC GB367
NDC 210.08
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで