サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

演習古文書選 古代・中世編

日本歴史学会 編

詳細情報

タイトル 演習古文書選
著者 日本歴史学会 編
著者標目 日本歴史学会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社吉川弘文館
出版年 1971
大きさ、容量等 168p ; 19×27cm
JP番号 73015616
巻次 古代・中世編
出版年月日等 1971
件名(キーワード) 日本--歴史--古代--史料
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 日本--歴史--中世--史料
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GB39
NDLC GB196
NDLC GB271
NDC 210.08
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 演習古文書選. 古代・中世編
  • 目次
  • 凡例 8
  • 〔奈良時代〕
  • 一 大宝二年 筑前国島郡川辺里戸籍 9
  • 二 天平五年 右京計帳 10
  • 三 天平十年 筑後国正税帳 11
  • 四 天平十七年十月廿日 掃部司解 12
  • 五 天平廿年 他田日奉部神護解 13
  • 六 天平宝字二年九月四日 大津大浦啓 14
  • 七 (年未詳)九月十日 田辺史真人校生貢進状 15
  • 八 天平宝字二年十月一日 東大寺献物帳 16
  • 九 天平宝字四年九月十八日 史戸赤麻呂請仮解 17
  • 一〇 天平宝字六年六月七日 道鏡牒 18
  • 一一 宝亀三年正月十三日 太政官符 19
  • 〔平安時代〕
  • 一二 天長十年三月廿五日 円珍度縁 20
  • 一三 弘仁四年十一月廿五日 最澄尺牘 22
  • 一四 天徳元年十二月二日 太政官牒 23
  • 一五 延久二年七月七日 官宣旨 24
  • 一六 (長承二年)九月七日 平忠盛書状 25
  • 一七 天養二年七月九日 鳥羽院庁下文 26
  • 一八 応保二年三月七日 下野国司庁宣 27
  • 一九 (仁安二年)九月十七日 源仲綱請文 28
  • 二〇 治承四年五月十一日 皇嘉門院惣処分状 29
  • 二一 寿永二年九月廿五日 八条院庁下文 30
  • 〔鎌倉時代〕
  • 二二 元暦二年六月十五日 源頼朝下文 31
  • 二三 建久六年正月十一日 北条時政下文 32
  • 二四 建久八年十二月三日 前右大将家(源頼朝)政所下文 33
  • 二五 貞応元年七月廿四日 関東下知状 34
  • 二六 寛喜三年四月 日 藤原景基寄進状 35
  • 二七 寛元二年八月十八日 大宰府守護所下文 36
  • 二八 建長二年十一月十四日 後嵯峨上皇院宣 38
  • 二九 弘安四年五月廿九日 六波羅下知状 39
  • 三〇 正応二年二月十六日 小早川定心(政景)譲状 40
  • 三一 正応三年九月十二日 六波羅御教書 41
  • 三二 正応五年十一月卅日 薩摩国伊作庄幷日置北郷領家雑掌地頭代和与状 42
  • 三三 正応六年三月廿一日 関東御教書 44
  • 三四 延慶二年二月十日 関東御教書 45
  • 三五 文保二年五月廿七日 関東下知状 46
  • 三六 元応元年十月三日 吉川一心(経高)譲状関東安堵外題 48
  • 三七 元亨二年四月廿七日 沙弥兼好(卜部兼好)田地売券 49
  • 三八 元亨元年十月四日 後伏見上皇願文案 50
  • 三九 元亨三年九月五日 島津宗久相伝所領安堵申請証文案 52
  • 四〇 (正中元年)九月廿六日 結城宗広書状 56
  • 四一 元徳二年二月廿九日 鎮西下知状 58
  • 四二 元徳二年十二月廿日 鎮西下知状 59
  • 四三 正慶元年十二月九日 関東御教書 60
  • 四四 正慶二年閏二月廿七日 熊谷直経合戦手負注文 61
  • 〔南北朝・室町時代〕
  • 四五 元弘三年四月一日 大塔宮護良親王令旨 62
  • 四六 元弘三年六月十四日 市村王石丸代軍忠状 63
  • 四七 (元弘三年)八月六日 後醍醐天皇綸旨 64
  • 四八 元弘三年十一月五日 雑訴決断所牒 65
  • 四九 暦応四年十二月四日 文殿注進状 66
  • 五〇 康永四年九月 日 山城国下久世庄百姓等陳状幷具書案 67
  • 五一 貞和五年閏六月廿七日 足利直義下知状 68
  • 五二 (文和二年)九月十四日 足利尊氏感状 69
  • 五三 延文四年卯月五日 島津道鑑(貞久)置文 70
  • 五四 応安二年七月 日 東寺雑掌申状案 72
  • 五五 康暦二年十月廿一日 足利義満安堵状 73
  • 五六 永徳二年十一月十八日 足利義満公帖 74
  • 五七 至徳元年七月二日 平子重房紛失状 75
  • 五八 明徳二年十一月廿六日 河内国田井庄内畠地相博状 76
  • 五九 応永廿四年二月九日 僧承謹名主職売券 77
  • 六〇 応永廿六年七月廿六日 東寺領丹波国大山庄代官請文 78
  • 六一 永享十一年閏正月廿五日 室町幕府奉行人連署奉書 79
  • 六二 (応永卅三年四月廿五日) 後小松上皇女房奉書 80
  • 六三 (応永廿八年七月五日) 伏見宮貞成王消息案 82
  • 六四 宝徳三年九月吉日 小早川本庄・新庄一家中連判契約状 84
  • 六五 享徳三年十二月廿日 室町幕府奉行人連署奉書 85
  • 六六 寛正三年三月卅日 将軍足利義政御教書 86
  • 六七 寛正三年六月十七日 管領細川勝元施行状 87
  • 六八 寛正三年六月廿三日 丹後守護一色義直遵行状 88
  • 六九 寛正三年七月十日 丹後守護代延永直信遵行状 89
  • 〔戦国時代〕
  • 七〇 (文明元年ヵ)十二月六日 大内政弘推挙状 90
  • 七一 文明二年正月廿二日 斯波義廉施行状 91
  • 七二 延徳二年二月九日 吉川経基充行状 92
  • 七三 文亀三年十月十七日 北畠材親(具方)書状 93
  • 七四 文亀三年十月十七日 伊勢国木造城領覚書 94
  • 七五 天文廿二年正月十七日 伊達晴宗知行安堵状 95
  • 七六 天文廿二年十二月三日 山内隆通条書幷毛利元就等連署返書 96
  • 七七 弘治三年十一月廿六日 今川義元裁許判物 97
  • 七八 (弘治三年)霜月廿五日 毛利元就書状 98
  • 七九 (永禄四年)卯月廿七日 上杉政虎(輝虎)印判状 100
  • 八〇 (年未詳)五月一日 武田信玄(晴信)書状 101
  • 八一 永禄九年五月七日 上杉輝虎願文 102
  • 八二 (元亀元年)七月十六日 日乗朝山書状 104
  • 八三 (元亀三年)正月九日 北条氏印判状 105
  • 八四 元亀三年六月廿一日 北条氏裁許印判状 106
  • 八五 (天正三年)八月廿八日 近衛前久書状 107
  • 八六 天正四年二月十四日 武田氏印判状 108
  • 八七 天正五年六月 日 織田信長安土山下町中掟書 110
  • 八八 (年未詳)十月十六日 相馬義胤書状 112
  • 八九 (天正八年)三月十日 大友円斎(宗麟)書状 113
  • 九〇 (天正十年)二月廿三日 織田信長黒印状 114
  • 九一 (天正十一年)六月廿日 千宗易(利休)書状 115
  • 九二 天正十四年卯月六日 島津義久起請文案 116
  • 九三 天正十二年三月廿六日 森長可遺言状案 118
  • 九四 (天正十八年八月カ)三日 孝蔵主消息 119
  • 九五 (天正十八年)五月廿日 豊臣秀吉朱印状 120
  • 九六 (天正十八年)八月十二日 豊臣秀吉朱印状 122
  • 九七 文禄三年七月十六日 豊臣秀吉朱印状 123
  • 九八 文禄三年七月十六日 石田三成覚書案 124
  • 九九 (文禄四年)六月三日 豊臣氏奉行連署副状 125
  • 一〇〇 (慶長元年カ)八月廿八日 加藤清正書状 126
  • 釈文・解説 128
  • (付録)異体字・略体字表 旧字体(正字)表 変体仮名表 167

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで