サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

論集現代史

藤原彰, 松尾尊兌 編

詳細情報

タイトル 論集現代史
著者 藤原彰, 松尾尊兌 編
著者標目 藤原, 彰, 1922-2003
著者標目 松尾, 尊兌, 1929-2014
著者標目 井上, 清, 1913-2001
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社筑摩書房
出版年 1976
大きさ、容量等 386p ; 19cm
注記 井上清先生の還暦記念論文集
価格 2500円 (税込)
JP番号 73012497
部分タイトル 幕府文久軍制改革における兵賦予定数と実数-井上師旧説の検討(松浦玲) 森村市左衛門の「独立自営」論-福沢的「独立自尊」精神の一類型(ひろた・まさき) 日露戦争期における京都府下経済の動向(藤井松一) 日本におけるマルクス主義婦人解放思想の歩みー明治期を中心に(犬丸義一) 第一次大戦後の治安立法構想-過激社会運動取締法案の立案経過(松尾尊兌) 大島町事件・王希天事件と日本政府の対応(今井清一) 「昭和」とは何かー元年批判(藤田省三) 普通選挙制下の無産政党の基盤-香川県農民運動史の再検討(岩村登志夫) 統一戦線論への視座「プロレタリア独裁」のスローガンをめぐって(山本明) 陸軍省の満州事変観(江口圭一) 国防国策をめぐる陸海軍の対立(藤原彰) 天皇の戦争責任問題とアメリカ(荒井信一)
出版年月日等 1976
件名(キーワード) 日本--歴史--明治以後
NDLC GB411
NDC 210.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで