サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

房総地方史の研究

地方史研究協議会 編

詳細情報

タイトル 房総地方史の研究
著者 地方史研究協議会 編
著者標目 地方史研究協議会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社雄山閣出版
出版年 1973
大きさ、容量等 452p ; 22cm
価格 3800円 (税込)
JP番号 73011908
部分タイトル 房総地方史の問題点(荒居英次) 縄文時代における東京湾沿岸の貝塚文化について(後藤和民) 房総半島における古墳文化の展開-特に六世紀前後の古墳をめぐって(川戸彰) 妙見信仰の千葉市(土屋賢泰) 室町初期における上総国国衛領についてー覚園寺戌神将胎内文書の検討を中心に(伊藤喜良) 東葛地方の中世の豪族(松下邦夫) 三つの合戦の古文書-永禄年間における両総の動乱(小笠原長和) 椿新田における新田地主の形成過程(中村勝) 勘定組頭堀江荒四郎と流作場開発(大谷貞夫) 九十九里浜旧地曳網漁業における水主対策について(海保四郎) 下総の在郷商人-近世後期,九十九里浜の干鰯を取引して台頭した(篠丸頼彦) 近世房総の歴史的評価に関する一試論-旗本領の人口動態に関連して(川村優)
部分タイトル 維新直後の支配形態と房総地方の郷村支配について(高梨輝憲) 安房地方における自由民権運動(滴草充雄) 明治十年代における千葉中学校と千葉県会-千葉中学校における中学校教則大綱の具現過程(三浦茂一) 明治期における千葉県の社会主義運動と北総平民倶楽部(神尾武則) 房総地方における鉄道網の形成とその問題点-房総地方鉄道史序説(青木栄一) 大正末より昭和初期の千葉県における農業災害-特に早害について(池田宏樹) 昭和初期の小作争議-主として東総における(堀江俊次) 付録房総地方史研究便覧 研究史(小笠原長和) 市町村史編纂の動向-昭和48年6月現在(川村優,川戸彰) 房総地方史文献目録(三浦茂一) 県内史料の所在と保存施設(篠丸頼彦) 県内研究団体の動向-昭和48年5月現在(川村優)
出版年月日等 1973
件名(キーワード) 千葉県--歴史
NDLC GC61
NDC 213.5
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで