サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

マルセル・モースの世界

アルク誌 [編],足立和浩 [等]訳

詳細情報

タイトル マルセル・モースの世界
著者 アルク誌 [編]
著者 足立和浩 [等]訳
著者標目 足立, 和浩, 1941-1987
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社みすず書房
出版年 1974
大きさ、容量等 258p 図 ; 20cm
注記 『アルク』 (フランスの季刊雑誌) 第48号 (1972年) の特集号の翻訳
価格 1800円 (税込)
JP番号 73009800
別タイトル アルク
部分タイトル 民族学と社会学、社会学と社会主義(ドニ・オリエ) マルセル・モースとフィールドの研究者(ジョルジュ・コンドミナス) 実現しつつある科学(ルイ・デュモン) 原典への回帰(クロード・デュバル) 贈与論(エヴァンス=プリチャード) 大学における民族学の誕生(ヴィクトル・カラディ) 社会主義から贈与へ(ピェール・ビルンボーム) 自民族中心主義とマルクス主義のあいだ(J.P.テライュ) 社会学の中での心地悪さ(ドニ・オリエ) 札つきの人間(カトリーヌ・バケス=クレマン) 太陽中心的な交換(ロドルフ・ガシュ) 氷壁の回廊(ブルーノ・マルスナック) 思い出のマルセル・モース(アンドレ・オドリワール) 付録:マルセル・モースの業績解題(『社会学と人類学』への序文) (クロード・レヴィ=ストロース) 高等法院判決と社会主義者の宣伝活動(マルセル・モース) 巻末:文献
出版年月日等 1974
件名(キーワード) Mauss, Marcel, 1872-1950
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 民族学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC G121
NDC 389
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで