サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

津田左右吉

上田正昭 編

詳細情報

タイトル 津田左右吉
著者 上田正昭 編
著者標目 上田, 正昭, 1927-2016
シリーズ名 人と思想
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社三一書房
出版年 1974
大きさ、容量等 418p ; 20cm
価格 1800円 (税込)
JP番号 73008202
部分タイトル 討論津田左右吉の学問と思想(貝塚茂樹,家永三郎,司会:上田正昭) 『神代史の新しい研究』序(白鳥庫吉) 『文学に現はれたる我が国民思想の研究(貴族文学の時代)』を読む(西田直二郎) 津田左右吉先生の学問と人(栗田直躬) 津田左右吉先生のことども(松下栄一) ある日の津田博士と私(丸山真男) 津田史学の特質と現代的意義(渡部義通) 津田左右吉博士のさいきんのしごとについて(井上清) 歴史家について(石母田正) 津田史学の本質と課題(上田正昭) 歴史意識と国際感覚(増淵竜夫) 日本古代史と津田左右吉(井上光貞) 津田史学の思想史的考察(家永三郎) 津田左右吉《明治ナショナリズムの残映》(大久保利謙) 青年津田左右吉における文学の問題(大室幹雄) 解説 津田左右吉研究への視角 津田史学の批判的継承ということ(山尾幸久) 津田左右吉の<生>と<情調>(大室幹雄)
出版年月日等 1974
件名(キーワード) 津田, 左右吉, 1873-1961
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 歴史学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GB36
NDC 210.01
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで