サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

塙保己一記念論文集

詳細情報

タイトル 塙保己一記念論文集
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社温故学会
出版年 1971
大きさ、容量等 475p 肖像 ; 22cm
注記 塙保己一検校百五十年祭記念出版 編者: 塙保己一検校百五十年祭記念論文集編集委員会
価格 3500円 (税込)
JP番号 73005314
部分タイトル 塙検校の識見(坂本太郎) 塙保己一と近世の古典学(久松潜一) 近世史学史上における塙検校(久保田収) 和学と国学と(藤井貞文) 塙検校と国学(重松信弘) 国学の動向と塙保己一先生(尾形裕康) 塙検校と大日本史(三木正太郎) 塙検校と群書類従(川瀬一馬) 類聚国史と群書類従-和学の成立をめぐって(小林健三) 江戸時代の叢書と正・続群書類従(梅田義彦) 『群書類従』の分類次序について(平田俊春) 『群書類従』版木と刷立出版事業(斎藤政雄) 群書類従と神宮関係書(鎌田純一) 「続群書類従」と三河-三河国関係所収本と該社寺蔵本との校異を中心として(太田正弘)
部分タイトル 『武家名目抄』<文書部>の古文書学的考察(高橋伸幸) 検校塙保己一とその周辺の人々(岸本芳雄) 塙検校の師雨富検校について(結解治) 「しきしまの道」の一考察-塙保己一を起点として(小笠原春夫) 塙検校の借財について(太田善麿) 塙保己一の遺文(中江義照) 歴史主義の克服(森田康之助) 宣化紀二年条の史料性-とくに大伴氏家牒との関連において(鈴木靖民) 平安時代における親王任官への一考察-官職秘抄(鈔)・職原抄(鈔)を手がかりとして(黒板伸夫) 続類従未収本『三善氏系図』考(所功) 塙保己一関係研究書籍論文綜覧
出版年月日等 1971
件名(キーワード) 塙, 保己一, 1746-1821
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GK30-ハナワ,ホキノイチ(塙保己一)
NDC 289.1
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで