サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

比島・マレー方面海軍進攻作戦

防衛庁防衛研修所戦史室 編

詳細情報

タイトル 比島・マレー方面海軍進攻作戦
著者 防衛庁防衛研修所戦史室 編
著者標目 防衛庁防衛研修所戦史室
シリーズ名 戦史叢書
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝雲新聞社
出版年 1969
大きさ、容量等 658p 図版 ; 22cm
注記 付 (袋入) : 地図9枚, 表2枚
価格 2200円 (税込)
JP番号 73003848
出版年月日等 1969
件名(キーワード) 太平洋戦争 (1941-1945)--海戦
NDLC GB547
NDC 393.2
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 比島・マレー方面海軍進攻作戦
  • 目次
  • まえがき・凡例
  • 序編南方作戦準備 一
  • 第一章 第二次世界大戦勃発までの南方の軍事情勢 一
  • 一 わが国と南方 一
  • 二 日米関係と作戦構想 五
  • 帝国国防方針と対米作戦構想 (5)
  • 対米作戦の一環としての比島攻略 (6)
  • 米国の極東戦略の概要 (8)
  • 三 日英、日蘭関係と作戦計画 一二
  • 対英、対蘭作戦構想 (12)
  • 英国の極東戦略の概要 (13)
  • 極東のオランダ海軍 (15)
  • 第二章 国際情勢の急転と南進政策 一七
  • 一 南進気運の台頭 一七
  • 米国の経済的圧迫と石油問題 (17)
  • 国際情勢の急転と積極的施策決定 (18)
  • 時局処理要綱に基づく政府の処置 (21)
  • 北部仏印進駐作戦 (21)
  • 泰、仏印紛争とS作戦 (22)
  • 二 南進気運の後退 二四
  • 米英可分か不可分か (24)
  • 時局処理要綱の後退 (27)
  • 三 南部仏印進駐とその影響 二九
  • 国際情勢の急転と積極政策再燃 (29)
  • 南部仏印進駐作戦 (30)
  • 在外資産凍結等とその対策 (32)
  • 第三章 南方作戦計画策定の経緯 三四
  • 一 立案と検討 三四
  • 対四カ国作戦計画案の立案 (34)
  • 比島、マレー同時作戦の決定 (36)
  • 九月中旬の聯合艦隊図上演習 (37)
  • 図上演習における問題点 (40)
  • 十月初めの第十一航空艦隊図上演習 (44)
  • 十月中旬の聯合艦隊図上演習 (47)
  • 二 作戦計画等の概成 四八
  • 作戦計画上の問題点 (48)
  • 作戦計画、陸海軍中央協定の内定 (53)
  • 第四章 戦争決意と開戦準備 五五
  • 一 戦争決意と大本営の作戦指導 五五
  • 戦争決意 (55)
  • 開戦準備下令と作戦方針の指示 (56)
  • 陸海軍中央協定 (58)
  • 二 聯合艦隊作戦計画と東京協定 六七
  • 聯合艦隊作戦計画 (67)
  • 東京協定 (79)
  • 第五章 聯合艦隊の作戦準備と作戦指導 八九
  • 一 聯合艦隊編制の拡大 九〇
  • 昭和十五年十一月の聯合艦隊改編 (90)
  • 第十一航空艦隊の新編 (91)
  • 第一航空艦隊の新編 (97)
  • 第三艦隊の新編と行動 (99)
  • 第五艦隊の新編 (102)
  • 南遣艦隊(独立艦隊)の新編 (102)
  • 二 本格的戦争準備 一〇三
  • 急速戦備発令 (103)
  • 戦時編制発令 (104)
  • 人事大異動による艦隊戦力の低下 (110)
  • 三 開戦準備行動開始 一一五
  • 展開の発令 (115)
  • 敵の情勢に伴う兵力部署の変更 (116)
  • 四 南方部隊の作戦計画と作戦準備 一一八
  • 連合国兵力判断 (118)
  • 作戦計画 (120)
  • 各部隊の作戦準備 (125)
  • 南方部隊本隊の馬公進出 (132)
  • 第六章 開戦決定とその発令 一二四
  • 開戦に決定 一悩一
  • 聯合艦隊の開戦発令 (136)
  • 第一編比島方面進攻作戦 一三九
  • 第一章 比島作戦準備 一三九
  • 一 兵要地誌の概要 一三九
  • 二 陸海軍協定 一四二
  • 協定上の問題点 (142)
  • 第三艦隊と第十四軍の協定 (143)
  • 航空作戦陸海軍協定 (147)
  • 三 比島部隊の作戦計画と展開 一五〇
  • 状況判断 (150)
  • 作戦計画 (151)
  • 開戦準備位置への展開 (155)
  • 作戦計画の修正 (157)
  • 四 南方部隊航空部隊の作戦計画と展開 一五八
  • 開戦準備位置への展開 (158)
  • 状況判断  (161)
  • 航空作戦上の問題点 (163)
  • 作戦計画  (167)
  • 第二章 航空撃滅戦等 一七〇
  • 一 開戦直前の作戦 一七○
  • 友軍の状況 (170)
  • 南方部隊航空部隊 (171)
  • 二 第一撃 一七三
  • 攻撃計画 (173)
  • 濃霧発生、攻撃隊発進遅延 (175)
  • 空襲警報発令 (178)
  • イバ飛行場の攻撃 (180)
  • クラーク飛行場の攻撃 (181)
  • その他の作戦 (183)
  • 戦果判断 (183)
  • 三 第二撃 一八四
  • 十二月九日 (184)
  • 十二月十日、第二撃 (185)
  • 第五飛行集団の作戦 (189)
  • 四 第三撃 一八九
  • 十二月十一日 (189)
  • 十二月十二日、第三撃 (190)
  • 第五飛行集団の作戦 (192)
  • 五 航空撃滅戦の概成 一九二
  • 第四撃、その他の作戦 (192)
  • 第五飛行集団の作戦 (193)
  • 撃滅戦の概成 (194)
  • 第三章 北部比島要地攻略作戦 一九六
  • 一 ルソン海峡諸島の攻略 一九六
  • 攻略準備 (196)
  • バタン島の攻略 (198)
  • カミギン島の攻略 (199)
  • カラヤン島の攻略 (200)
  • 二 アパリ急襲 二〇一
  • 作戦準備 (201)
  • 進撃 (204)
  • 揚陸と米軍の反撃 (205)
  • 三 ビガン急襲 二〇八
  • 作戦準備 (208)
  • 進撃 (221)
  • 揚陸と米軍の反撃 (213)
  • 比島部隊主隊の支援行動 (215)
  • 第四章 中南比方面第一次作戦 二二七
  • 一 作戦計画 二一七
  • 二 ダバオ空襲 二二○
  • 進撃 (220)
  • 空襲 (221)
  • 三 攻勢機雷戦 二二四
  • 敷設計画 (224)
  • 機雷敷設 (226)
  • 四 レガスピー急襲 二二九
  • 作戦計画 (229)
  • 急襲上陸 (231)
  • 南比支援隊の支援 (234)
  • パラオ基地航空兵力の作戦 (236)
  • 第五章 その後の航空作戦 二三七
  • 一 航空部隊指揮官の作戦方針 二三七
  • 報告 (237)
  • 米海空軍部隊に対する評価と判断 (238)
  • わが航空部隊の状況 (240)
  • 作戦方針 (241)
  • 二 各部隊の作戦 二四二
  • 在台湾部隊 (242)
  • 鹿屋航空隊支隊のパラオ進出 (243)
  • 在パラオ部隊 (245)
  • レガスピー派遣隊 (247)
  • 第六章 第十四軍主力上陸作戦 二五一
  • 一 比島部隊指揮官の作戦指導 二五一
  • 状況判断と作戦方針 (251)
  • 第二兵力部署の発令 (252)
  • 二 リンガエン湾揚陸 二五四
  • 護衛部隊の計画 (254)
  • 支援作戦計画 (259)
  • 進撃と合同 (259)
  • 入泊及び揚陸 (261)
  • 敵の反撃と対潜戦闘 (264)
  • 揚陸概成後の作戦 (268)
  • 南方部隊本隊及び比島部隊主隊の支援 (269)
  • 第二次上陸部隊の護衛 (270)
  • 作戦の終了と戦訓 (277)
  • 三 ラモン湾揚陸 二七三
  • 作戦準備 (272)
  • 作戦の経過 (274)
  • 第七章 ダバオ、ホロ攻略作戦 二七九
  • 一 攻略準備 二七九
  • 攻略日の繰り上げ (279)
  • 南比支援隊 (281)
  • ダバオ攻略部隊 (281)
  • ホロ攻略部隊 (285)
  • 二 ダバオ攻略 二八七
  • 進撃 (287)
  • 攻略 (289)
  • 掃蕩と航空部隊の進出 (291)
  • 三 ホロ攻略 二九四
  • 進撃 (294)
  • 敵巡洋艦を発見 (295)
  • 攻略 (297)
  • 第八章 比島進攻海軍作戦の終了 三〇一
  • 一 第二期作戦への移行 三○一
  • 聯合艦隊次期兵力部署発令 (301)
  • 南方部隊 (302)
  • 比島部隊 (303)
  • 南方部隊航空部隊 (305)
  • 二 各部隊の作戦 三〇六
  • 南方部隊航空部隊 (306)
  • 南方部隊潜水部隊 (312)
  • 三 第三南遣艦隊の新編と進攻作戦の終了 三一四
  • 第三南遣艦隊の新編 (314)
  • 海軍作戦概成までの戦果、被害等 (315)
  • 進攻作戦の終了 (317)
  • 第九章 米比軍の作戦 三一九
  • 一 第二次大戦開戦後の米国の極東戦略 三一九
  • 大戦勃発と米国 (319)
  • 米比軍の増強 (320)
  • 二 開戦初頭の作戦 三二一
  • 開戦時における米比軍の配備 (321)
  • 開戦発令さる (324)
  • 航空部隊 (324)
  • アジア艦隊 (327)
  • 陸上部隊 (329)
  • 三 その後の作戦 三三〇
  • 陸上航空部隊 (330)
  • アジア艦隊 (331)
  • 陸上部隊 (333)
  • 第二編 マレー方面進攻作戦 三三五
  • 第一章 馬来部隊の作戦準備 三三五
  • 一 兵要地誌の概要 三三五
  • 二 陸海軍協定と馬来部隊作戦計画 三三八
  • X日コタバル上陸の決定 (338)
  • 陸海軍協定 (340)
  • 状況判断 (352)
  • 作戦計画 (355)
  • 三亜における馬来部隊と甲案決定 (360)
  • 三 各部隊の作戦準備 三六五
  • 護衛隊 (365)
  • 第一航空部隊 (366)
  • 第二航空部隊 (368)
  • 根拠地部隊 (371)
  • 潜水部隊 (373)
  • 機雷部隊 (375)
  • その他の部隊 (376)
  • 第二章 第一次マレー上陸作戦 三七九
  • 一 マレー半島への進撃 三七九
  • 三亜出撃 (379)
  • 進撃 (382)
  • 六日英軍機触接、撃墜下令 (387)
  • 七日、英軍機を撃墜 (392)
  • 船団各上陸点に分進 (393)
  • 二 各上陸部隊の揚陸 三九四
  • 上陸開始までの馬来部隊 (394)
  • コタバル急襲 (395)
  • シンゴラ上陸部隊 (400)
  • パタニ、ターペ上陸部隊 (404)
  • 宇野支隊 (406)
  • コタバルの再揚陸強行 (409)
  • コタバル再揚陸完了 (413)
  • 三 航空部隊の作戦 四一四
  • シンガポール空襲 (414)
  • 第一航空部隊のその他の作戦 (417)
  • 第二航空部隊 (420)
  • 四 潜水部隊の作戦 四三
  • 第四潜水戦隊 (421)
  • 第五潜水戦隊 (422)
  • 第十三潜水隊 (423)
  • 五 機雷部隊の作戦 四三
  • 第三章 マレー沖海戦 四二五
  • 一 海戦前の状況 四二五
  • 馬来部隊指揮官の作戦指導 (425)
  • 馬来部隊の状況 (427)
  • 南方部隊本隊の状況 (430)
  • 二 英艦隊の北上 四三〇
  • 英艦隊発見 (430)
  • 英艦隊発見第一報の遅達 (433)
  • 馬来部隊指揮官、夜戦企図 (434)
  • 南方部隊指揮官、翌朝決戦企図 (436)
  • 第一航空部隊指揮官の夜間攻撃強行決意 (439)
  • 馬来部隊指揮官誘致に努む (440)
  • 馬来部隊指揮官の誘致断念 (444)
  • 南方部隊指揮官、進撃要領指示 (446)
  • 第三水雷戦隊、合同を急ぐ (446)
  • 潜水部隊の配備変更 (448)
  • 英艦隊の触接を失う (449)
  • 三 英艦隊の再発見と水上部隊の進撃断念 四五〇
  • 水上部隊主力の合同と南進 (450)
  • 伊五十八潜の英艦隊再発見 (451)
  • 水上部隊追撃を断念 (453)
  • 四 航空部隊の索敵攻撃、英戦艦撃沈 四五四
  • 航空部隊の索敵、攻撃計画 (454)
  • 索敵攻撃隊の発進 (455)
  • 索敵機、英艦隊発見 (460)
  • 各攻撃隊の行動 (462)
  • 攻撃、二戦艦撃沈 (465)
  • 攻撃成果と損害 (475)
  • 戦闘概報 (480)
  • 五 他部隊の作戦 四八一
  • 潜水部隊 (481)
  • 水上部隊 (482)
  • 六 聯合艦隊司令部 四八三
  • 七 大本営海軍部発表 四八六
  • 八 英東方艦隊の作戦 四八七
  • 九 戦訓 四九〇
  • 航空攻撃による航行中の戦艦撃沈 (490)
  • 本航空攻撃の特徴 (491)
  • 航空関係戦訓 (492)
  • 通信 (495)
  • 潜水艦の戦務 (497)
  • 水上部隊主力の作戦 (498)
  • 十 本海戦の及ぼした影響 四九九
  • 南方作戦 (499)
  • わが海軍の兵術思想 (501)
  • 軍戦備 (503)
  • 第四章 第二次マレー上陸と英領ボルネオ攻略 五〇五
  • 一 作戦計画 五〇五
  • マレー沖海戦後の状況 (505)
  • 作戦計画 (507)
  • 二 第二次マレー上陸 五一一
  • カムラン湾出撃 (511)
  • 進撃 (513)
  • 揚陸 (516)
  • オランダ潜水艦の撃沈 (518)
  • 作戦終了 (520)
  • 三 英領ボルネオ攻略 五二一
  • ミリの攻略 (521)
  • 「東雲」の沈没 (523)
  • 反撃の激化とクチン攻略の延期 (525)
  • クチン攻略作戦と混乱 (528)
  • クチンの攻略 (531)
  • 第五章 第二期作戦 五三八
  • 一 初頭の作戦計画 五三八
  • 聯合艦隊の第三期兵力部署発令 (538)
  • 南方部隊新兵力部署に移行 (539)
  • マレー攻略促進計画 (540)
  • 馬来部隊、新兵力部署に移行 (543)
  • 初頭の情勢 (546)
  • 作戦上の問題点 (547)
  • 二 クワンタン急襲上陸(Q作戦) 五四九
  • 陸海軍協定と作戦計画 (549)
  • 作戦準備 (553)
  • 作戦の取りやめ (554)
  • 三 第二十五軍及び第十五軍船団の護衛 五五七
  • 作戦準備 (557)
  • 作戦経過 (561)
  • 四 初期の航空作戦 五六五
  • 航空基地問題 (565)
  • 第一航空部隊 (570)
  • 五 エンドウ、メルシン急襲上陸(S作戦)アナンバス基地の占領 五七一
  • 陸海軍協定 (571)
  • 航空作戦協定 (573)
  • アナンバス基地占領計画 (576)
  • 馬来部隊兵力部署 (577)
  • S作戦準備 (579)
  • 航空撃滅戦開始 (581)
  • S作戦の延期 (582)
  • 空母、戦艦出現の情報とS作戦再延期 (583)
  • 急襲上陸を資材揚陸に変更 (586)
  • 第十八師団主力船団の護衛 (579)
  • 陸軍航空資材のエンドウ揚陸 (590)
  • エンドウ沖海戦と揚陸の終了 (591)
  • アナンバス基地の占領 (597)
  • 六 潜水部隊の作戦 五九九
  • 南方部隊の作戦指導 (599)
  • 馬来部隊潜水部隊 (599)
  • 南方部隊乙潜水部隊 (602)
  • 七 後期の航空作戦 六〇五
  • 第一航空部隊 (605)
  • 第二航空部隊 (608)
  • 第六章 マレー攻略作戦の終了 六一〇
  • 一 第三期作戦兵力部署に移行 六一〇
  • 二 バンカ、パレンバンの攻略(L作戦) 六一一
  • 三 初期の航空作戦 六一二
  • 第一航空部隊 (612)
  • 第二航空部隊 (612)
  • 第三航空部隊 (619)
  • 四 シンガポール攻略とマラッカ海峡水路啓開 六二〇
  • シンガポールの攻略 (620)
  • L作戦の終了と兵力部署の変更 (621)
  • 水路啓開 (622)
  • 五 作戦終了、戦果被害 六二五
  • 第七章 連合軍の作戦 六二七
  • 一 大戦勃発以後の連合国の極東戦略 六二七
  • 英国の極東防衛計画 (627)
  • ADA協定 (628)
  • ADB協定 (630)
  • 英国の兵力増強とマタドール計画 (631)
  • 英東方艦隊の新編とマレー進出 (632)
  • 二 開戦初期の連合軍の作戦 六三四
  • 開戦直前の状況 (634)
  • 開戦時の連合軍の配備 (636)
  • マレー方面 (639)
  • 東方艦隊主力の出撃と敗北 (640)
  • ボルネオ方面 (640)
  • オランダ潜水部隊の活躍 (641)
  • 三 第二期以後の連合軍の作戦 六四一
  • ABDAコマンドの新編 (641)
  • 英軍 (643)
  • むすび 六四五
  • 注 六四九
  • 付録第一 海軍兵学校卒業期別と卒業年 七五七
  • 付録第二 部隊符(記)号一覧表 六五八
  • 参考 「沖縄方面海軍作戦」正誤表 巻末
  • 別冊・付図付表 目次
  • 付図第一 比島、マレー方面概要図
  • 付図第二 比島方面上陸作戦行動図
  • 付図第三 中南比方面第一次作戦行動図
  • 付図第四 ダバオ、ホロ攻略作戦行動図
  • 付図第五 第一次マレー作戦行動図
  • 付図第六 第一次マレー作戦航空部隊行動図
  • 付図第七 マレー沖海戦行動図
  • 付図第八 第二次マレー上陸作戦、英領ボルネオ攻略作戦行動図
  • 付図第九 マレー第二期作戦行動図
  • 付表第一 南方作戦関係主要職員表
  • 付表第二 南方部隊艦艇要目性能表

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで