サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

世界史における1930年代 : 現代史シンポジウム

江口朴郎, 荒井信一, 藤原彰 編著

詳細情報

タイトル 世界史における1930年代 : 現代史シンポジウム
著者 江口朴郎, 荒井信一, 藤原彰 編著
著者標目 江口, 朴郎, 1911-1989
著者標目 荒井, 信一, 1926-
著者標目 藤原, 彰, 1922-2003
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社青木書店
出版年 1971
大きさ、容量等 214p ; 21cm
注記 1970年7月開かれた第1回現代史サマー・セミナーの記録をもととし、報告者による必要な加筆訂正をおこなったうえまとめられたもの
価格 550円 (税込)
JP番号 73002207
部分タイトル 世界史における1930年代 1930年代と現代史の方法について(江口朴郎) 現代史における30年代(中西功) 統一戦線論 日本における統一戦線(神田文人) フランス人民戦線の知的源泉(吉原功) 抗日期中国共産党の統一戦線理論の発展(古厩忠夫) ファシズム論 日本ファシズムと官僚制(粟屋憲太郎) ワイマル共和制からファシズムへの移行(伊集院立) ニューディールにかんする一考察(新川健三郎) 第二次世界大戦論 第二次世界大戦の性格(荒井信一) 太平洋戦争と満州侵略(鈴木隆史) 両大戦間期東欧の諸問題(阪東宏) 付:現代史研究の課題 最近の「近代化」論の動向をめぐって(金原左門) 日本現代史研究の最近の動向(江口圭一)
出版年月日等 1971
件名(キーワード) 世界史--20世紀
NDLC GA76
NDC 209.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで