サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

内閣法制局史

内閣法制局史編集委員会 編

詳細情報

タイトル 内閣法制局史
著者 内閣法制局史編集委員会 編
著者標目 内閣法制局
出版地(国名コード) JP
出版地[東京]
出版社大蔵省印刷局
出版年 1974
大きさ、容量等 625p 図 肖像 ; 22cm
注記 年表: p.595-622
JP番号 72008586
出版年月日等 1974
件名(キーワード) 内閣法制局
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC AZ-332
NDC 314.2
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 内閣法制局史
  • 序 内閣総理大臣 田中角榮
  • 序 内閣法制局長官 吉國一郎
  • 目次
  • 第一 内閣法制局の沿革
  • 第一 一 内閣制度発足前(太政官時代) 一
  • 第一 一 1 法制課の誕生 一
  • 第一 一 2 法制局の設置 三
  • 第一 一 3 参事院への移管 一一
  • 第一 二 内閣制度の創設から終戦まで 一四
  • 第一 二 1 法制局官制の変遷 一四
  • 第一 二 1 (一) 明治一八年の法制局官制 一四
  • 第一 二 1 (二) 明治二三年の法制局官制 二一
  • 第一 二 1 (三) 明治二六年の法制局官制とその後の官制改正 二三
  • 第一 二 2 臨時職員の設置 三四
  • 第一 二 3 帝国議会との関係 四一
  • 第一 二 4 枢密院との関係 四七
  • 第一 二 5 法令審査の状況等 五一
  • 第一 三 終戦から法制局の解体まで 八六
  • 第一 三 1 終戦直後の法制局 八六
  • 第一 三 2 憲法改正等に果たした役割 九二
  • 第一 三 3 内閣法の制定 九七
  • 第一 三 4 法制局の解体 一〇〇
  • 第一 三 4 (一) 占領中における法令の起案・審査 一〇〇
  • 第一 三 4 (二) 一九四七年九月一六日付け内閣総理大臣あての連合国軍最高司令官の書簡 一二六
  • 第一 三 4 (三) 法制局の解体 一三〇
  • 第一 四 法務庁(府)時代 一三三
  • 第一 四 1 法務庁(府)時代の組織 一三三
  • 第一 四 2 意見の陳述及び勧告 一四二
  • 第一 四 3 赤坂離宮に入居 一四四
  • 第一 五 法制局設置法施行後現在まで 一四七
  • 第一 五 1 法制局設置法の制定 一四七
  • 第一 五 2 法制局の改称—内閣法制局へ 一六九
  • 第一 五 3 法令整理本部の設置 一七五
  • 第一 五 4 憲法資料調査室の設置 一七八
  • 第一 五 5 沖繩法制参事官の設置 一八一
  • 第一 五 6 内閣法制局の現状 一八四
  • 第一 五 6 (一) 概説 一八四
  • 第一 五 6 (二) 内閣法制府構想 一八八
  • 第一 五 6 (三) 内閣法制局の在り方 一九一
  • 第二 事務概況
  • 第二 一 法律・政令案の審査立案 二〇一
  • 第二 一 1 法律・政令案の審査立案の組織 二〇一
  • 第二 一 2 法律案の審査 二〇三
  • 第二 一 2 (一) 内閣提出予定法律案のは握及び審査予定日の決定 二〇三
  • 第二 一 2 (二) 法律案の審査 二一一
  • 第二 一 3 政令案の審査 二二一
  • 第二 一 4 法律・政令案の立案 二二三
  • 第二 二 条約案の審査 二三一
  • 第二 二 1 審査の対象 二三二
  • 第二 二 2 審査の時期 二三三
  • 第二 二 3 審査の概要 二三四
  • 第二 三 法律問題に関する意見回答 二四〇
  • 第二 三 1 法制意見 二四二
  • 第二 三 2 口頭意見回答 二五〇
  • 第二 三 3 国際復興開発銀行からの借款又は外債発行の際における法律意見書の交付 二五三
  • 第二 四 内外及び国際法制並びにその運用に関する調査研究 二五八
  • 第二 五 憲法資料調査室の事務 二五八
  • 第二 六 法律問題に関する国会答弁 二六一
  • 第二 六 1 政府統一見解の作成 二六二
  • 第二 六 2 国会答弁 二六四
  • 第二 六 3 質問主意書に対する答弁書の検討 二七〇
  • 第三 参与会 二七九
  • 第四 内閣法制局の思い出等
  • 第四 入江俊郎 戦後一、二年の法制局 二八七
  • 第四 佐藤達夫 長官卒業—法制局のあり方について— 二九三
  • 第四 林 修三 法制局長官生活十年 三〇一
  • 第四 高辻正己 内閣法制局のあらまし—再建二〇周年に寄せて— 三〇四
  • 第四 井手成三 不得己ノ儀—宮内 乾参事官の思い出 三二一
  • 第四 今枝常男 雑録 思い出すまま 三二五
  • 第四 佐藤達夫 法案作りの四半世紀 三四〇
  • 第四 吉国一郎 輸出品取締法審査の思い出 三七七
  • 第五 資料
  • 第五 一 機構、定員及び予算の変遷 三九三
  • 第五 一 1 機構 三九三
  • 第五 一 2 定員 三九七
  • 第五 一 3 予算 四〇二
  • 第五 二 法制局官制、内閣法制局設置法等の変遷 四〇三
  • 第五 二 1 太政官達関係 四〇三
  • 第五 二 2 法制局官制関係 四三一
  • 第五 二 3 臨時職員設置制関係 四五八
  • 第五 二 4 法務庁(府)設置法関係 四六二
  • 第五 二 5 内閣法制局設置法関係 四八二
  • 第五 三 職員一覧表 五二五
  • 第六 年表 五九五
  • 第六 あとがき

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで