サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

最高裁労働判例 : 問題点とその解説 1

経営法曹会議 編

詳細情報

タイトル 最高裁労働判例 : 問題点とその解説
著者 経営法曹会議 編
著者標目 経営法曹会議
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本経営者団体連盟弘報部
出版年 1972
大きさ、容量等 517p ; 22cm
価格 2000円 (税込)
JP番号 72008423
巻次 1
部分タイトル 生産管理の違法性 山田鋼業事件=昭和25.11.25大法廷判決ほか(小倉隆志) 一部組合員が行なった生産管理 理研小千谷工場事件=昭和26.7.18大法廷判決(岩淵信一) 政治活動を禁止する特約の効力 十勝女子商業事件=昭和27.2.22二小判決(大野義夫) 業務妨害の意義 小松製作所事件=昭和28.1.30二小判決(神保泰一) 解雇協議(同意)約款の効力 池貝鉄工事件=昭和29.1.21一小判決(御宿義,岩井国立) 保険給付決定前における労災保険金請求の許否 正木土建事件=昭和29.11.26二小判決(山田弘之助) 組合管理による電車の運行 横浜人民電車事件その一=昭和29.12.23一小判決,その二=昭和36.12.1二小判決(堀合辰夫) 組合活動と細胞活動 富士精密工業事件=昭和30.10.4三小判決(宮本光雄)
部分タイトル レッド・パージ解雇 日紡貝塚工場事件=昭和30.11.22三小判決(松本正一) 賃金債権に対する相殺の許否 関西精機事件=昭和31.11.2二小判決(村瀬鎮雄) 管理者に対する監禁吊し上げ 三菱茶志内坑事件=昭和32.3.28一小決定(佐藤貞夫) 新組合の看板取りはずし等の刑事責任 旭硝子牧山工場事件=昭和32.4.4一小判決(橋本勝) 事業主の保険料滞納中の事故 恵那貨物自動車労災事件=昭和32.5.31二小判決(辻巻真) ピケの正当性の限界 駐留軍横浜部隊事件=昭和33.6.20二小判決(稲木延雄)
部分タイトル 納金スト 電産湊川分会事件=昭和33.9.19二小判決,電産熊野分会事件1=昭和39.9.19,同2=昭和39.11.24三小決定(前原仁幸) 警官に対する不法監禁吊し上げ 日本炭鉱高松一杭事件=昭和34.4.28三小判決(山口定男) 労組法第一条第二項の労働組合の正当な行為 三井鉱山三池鉱業事件1=昭和34.1.5二小判決,同2=昭和34.7.3二小判決(三原道也) 労組法第二七条第一一項(改正前)の趣旨 電産秋田事件=昭和34.6.26二小判決(久保田嘉信) 非組合員の解雇撤回を要求する争議行為 高知新聞争議事件=昭和35.4.26三小判決(近石勤)
部分タイトル ピケの正当性の限界 嘉穂鉱業事件=昭和35.5.26一小判決(荒木邦一) 違法な時間外労働と割増賃金 小島燃糸事件=昭和35.7.14一小判決(中森宏) 公労法第三五条による仲裁裁定の履行請求・国鉄仲裁裁定事件=昭和35.8.31一小判決(坂本雄三) ピケの正当性の限界 三井三池染料事件=昭和35.10.18三小判決(高橋真清) 証券会社外務員の性格 山崎証券外務員事件=昭和36.5.25一小判決(岩瀬三郎) 労災保険給付と損害賠償請求 山崎鉱業所労災事件=昭和37.4.26一小判決(梶谷玄) ほか
出版年月日等 1972
件名(キーワード) 労働法--判例
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC AZ-512
NDC 366.1
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで