サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

「平和研究」 : その方法と課題

日本国際政治学会 編

詳細情報

タイトル 「平和研究」 : その方法と課題
著者 日本国際政治学会 編
著者標目 日本国際政治学会
シリーズ名 国際政治 ; 54
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本国際政治学会
出版地東京
出版社有斐閣
出版年 1976
大きさ、容量等 170, 6p ; 21cm
価格 1500円 (税込)
JP番号 72007904
部分タイトル 国際学習過程としての平和研究-新しいメタ・パラダイムの提唱(武者小路公秀) ミッション志向科学としての平和研究-医学との比較を手がかりにして(関覚治) A.ラパポートの平和研究-その思想的展開(森祐二) 南北問題とは何かー平和研究の課題として(山本満) 市民・外交・平和-民際政治の形成と外交領域(石川一雄) 平和・紛争理論の批判的展開-行動科学的紛争研究の方法論を中心に(佐藤幸男) <研究動向> アメリカにおける平和研究(臼井久和) 北ヨーロッパにおける平和研究-西独の批判的平和研究を中心に(岡本三夫) <書評> アナトール・ラパポート著『人間の創った環境の中での紛争』(多賀秀敏) ヨハン・ガルトゥング著『欧州共同体-超大国の創造』(鴨武彦) 岡倉古志郎,丸山益輝,関寛治編『平和の探求』(森利一) 馬場伸也,ジョン・F.ハウズ編『日本のキリスト教徒と社会主義者にみられる平和主義の伝統』(佳知晃子) 浦野起央著『アフリカ国際関係論』,『アフリカ国際関係資料集』(阿部司)
出版年月日等 1976
件名(キーワード) 平和
NDLC A75
NDC 319.8
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで