サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

裁判法の諸問題 上

兼子, 一, 1906-1973

詳細情報

タイトル 裁判法の諸問題
著者標目 兼子, 一, 1906-1973
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社有斐閣
出版年 1969
大きさ、容量等 783p 図版 ; 22cm
注記 兼子博士還暦記念
注記 編集者: 小山昇
価格 3200円 (税込)
JP番号 72007703
巻次
部分タイトル 国政調査権(斎藤秀夫) 違憲審査と立法政策(平賀健太) ドイツ連邦憲法裁判所の一七年(山田晟) 英国のカウンティ・コート(桑原正憲) 司法免責権(西迪雄) イギリスの裁判官の思惟方法の分析(小山昇) 大司法改正と西独裁判官同盟および弁護士会(中務俊昌) 弁護士二元制の動態(木川統一郎) 法学教育と法曹教育(賀集唱) 弁護士会における実務修習(釘沢一郎) 裁判の民主的コントロール(森川金寿) 検察からみた検察審査会(本田正義) 本案判決請求権説批判(伊東乾) 兼子博士の既判力論(権利実在説)について(鈴木正裕)
部分タイトル 民事裁判書(畔上英治) 訴答文例小考(滝川叡一) 民事交通訴訟の課題(倉田卓次) 特許争訟手続における審判と訴訟(田倉整) 特許訴訟における争点の設定(三宅正雄) 労働事件と民事訴訟(萩沢清彦) 裁判と労働委員会の命令(中島一郎) 不当労働行為の民事救済に伴う諸問題(三宅正男) 処分禁止仮処分の許容性(松浦馨) 行政処執行停止(緒方節郎) 財産分与請求権の保全方法(山田隆子) 家事審判と再審(西塚静子) 世界銀行の国際投資紛争解決センターの仲裁判断の超国家性とその問題点(喜多川篤典)
出版年月日等 1969
件名(キーワード) 司法制度
件名(キーワード) 裁判
NDLC A771
NDC 327.04
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで