サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

教育権保障の理論と実態

日本教育法学会 編

詳細情報

タイトル 教育権保障の理論と実態
著者 日本教育法学会 編
著者標目 日本教育法学会
シリーズ名 日本教育法学会年報 ; 第1号
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社有斐閣
出版年 1972
大きさ、容量等 216p ; 22cm
価格 1000円 (税込)
JP番号 72006006
部分タイトル 全体研究集会 教育法学は何をなすべきか 教育現場から見た教育法(師井恒男) 学問の自由と教育(高柳信一) 討論 第一分科会 教育権と研修権 序 教師の研修権をめぐる今日の状況-問題をとりあげることの意義(鈴木英一) 教育裁判における教師の研修権-北海道・川上事件を中心に(五十嵐義三) 教育基本法体制における教師の研修権(鈴木英一) 教師の自主的研究の根拠と民間教育研究運動(内沢達) 教師の自主研修権をめぐる法律問題(兼子仁) 討論 第二分科会 教育条件整備の法制と実態 教育の「条件整備」論の前提作業(永井憲一) 学校災害補償について(佐々木享) 障害者の「生存と教育」の権利-発達権保障の立場から(清水寛) 討論 第三分科会 教育政策と教育裁判 教育政策と教育裁判-教育法の成立過程を戦後史の中で(本山政雄) 教育政策と教育裁判-教育裁判の機能と教育法(川口彰義) 杉本判決の到達点と教育法学の課題-教育権との関連で(榊達雄) 共同報告レジュメ
出版年月日等 1972
件名(キーワード) 教育を受ける権利
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC AZ-613
NDC 373.2
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで