サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

国立国会図書館デジタルアーカイブポータルの現状と今後  -Web2.0世代のデジタルアーカイブポータルの提供を目指して-:―Web2.0世代のデジタルアーカイブポータルの提供を目指して―

久古 聡美,吉田 曉,中山 正樹

詳細情報

タイトル 国立国会図書館デジタルアーカイブポータルの現状と今後  -Web2.0世代のデジタルアーカイブポータルの提供を目指して-:―Web2.0世代のデジタルアーカイブポータルの提供を目指して―
著者 久古 聡美
著者 吉田 曉
著者 中山 正樹
出版年 2006
DOI 10.1241/johokanri.49.313
別タイトル Current status and future of "NDL Digital Archive Portal" -Portal service of digital archives in the "Web 2.0" era-:-Portal service of digital archives in the “Web 2.0” era-
著者別名 KYUKO Satomi
著者別名 YOSHIDA Satoru
著者別名 NAKAYAMA Masaki
件名(キーワード) デジタルアーカイブ
件名(キーワード) ポータル
件名(キーワード) ワンストップナビゲーション
件名(キーワード) ダブリン・コア
件名(キーワード) 辞書
件名(キーワード) Web2.0
件名(キーワード) OAI-PMH
件名(キーワード) SRW
件名(キーワード) RSS
件名(キーワード) CGM
件名(キーワード) Webサービス
件名(キーワード) SOA
件名(キーワード) digital archive
件名(キーワード) portal
件名(キーワード) one-stop navigation
件名(キーワード) Dublin Core
件名(キーワード) dictionary
件名(キーワード) Web2.0
件名(キーワード) OAI-PMH
件名(キーワード) SRW
件名(キーワード) RSS
件名(キーワード) CGM
件名(キーワード) Web service
件名(キーワード) SOA
要約・抄録 国立国会図書館が目指している「国立国会図書館デジタルアーカイブポータル」は,広く国のデジタルコンテンツ全体へのナビゲーションを行うことを目指すものである。平成19年度以降の稼働に先立ち,プロトタイプを構築し「統合検索」のために必要な機能の検証を行ってきた。本稿ではプロトタイプの概要を示し,さらに今後の方向性について述べる。デジタルアーカイブを保有する各機関にWebサービスによるサービス提供機能の実装を呼びかけるとともに,Web2.0時代にふさわしいポータルの構築を目指し,機械的な連携とデジタル情報の一層の利活用を図る。
要約・抄録 The National Diet Library (NDL) is planning to construct “NDL Digital Archive Portal”, which aims at navigating users to any digital information in Japan. Prior to its full-fledged operation scheduled in fiscal year 2007, we build the prototype system and have verified the functions required for integrated retrieval. This paper will show the outline of this prototype system and our portal’s possible development in the future. We encourage the institutions who have digital archives to enhance their functions for Web services and make an effort to establish the portal designed for Web 2.0. Through these activities, we will achieve the connected systems among various institutions and improve the usability of digital information in Japan.
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(ISSN形式) 0021-7298
掲載誌情報(ISSN形式) 1347-1597
掲載誌名 情報管理
掲載巻 49
掲載号 6
掲載ページ 313-323

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで