サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

チャンピオンデータ比較法による原研研究成果の追跡評価(V):2003年~2007年

柳澤 和章

詳細情報

タイトル チャンピオンデータ比較法による原研研究成果の追跡評価(V):2003年~2007年
著者 柳澤 和章
出版年 2009
DOI 10.11561/aesj.2009s.0.39.0
別タイトル Ex-post Evaluation of JAERI Research Achievement by Champion Data Comparison (V):Year
著者別名 Yanagisawa Kazuaki
件名(キーワード) 途上評価
件名(キーワード) チャンピオンデータ比較
件名(キーワード) 原研
件名(キーワード) 日本原子力研究開発機構
件名(キーワード) 国際原子力情報システム
件名(キーワード) Ex-post Evaluation
件名(キーワード) Champion Data Comparison
件名(キーワード) JAERI
件名(キーワード) JAEA
件名(キーワード) INIS
要約・抄録 原子力に係わる優秀な研究機関に対し、計量書誌学的手法により途上評価をこれまで実施してきた。評価のツールとしてIAEAが主管するINIS、米国エネルギー省(DOE)が主管するECDおよびトムソンサイエンティフィックが主管するWOSを用いて来た。評価対象機関として、日本、米国(ORNL他)、欧州(仏、独)にある優秀な原子力研究機関を選択した。評価の対象期間はこれまで1978年から5年毎に25年間、すなわち2002年までとして来た。今回、評価ツールにINISを用い2003~2007年までの最新5年データを対象とした再評価を試みた。試みにあたっては、わが国の代表的原子力研究機関であった原研が、2005年10月に核燃料サイクル開発機構(JNC)と統合した経緯を鑑みて、従来型の比較に何らかの補正が必要なのかどうかについても検討した。
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌名 日本原子力学会 年会・大会予稿集
掲載巻 2009s
掲載号 0
掲載ページ 39-39

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで