サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

音楽療法における評価

板東 浩,佐治 順子

詳細情報

タイトル 音楽療法における評価
著者 板東 浩
著者 佐治 順子
DOI 10.1625/jcam.6.59
別タイトル Evaluation in the Music Therapy
著者別名 BANDO Hiroshi
著者別名 SAJI Nobuko
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 音楽療法
件名(キーワード) 評価
件名(キーワード) 音楽療法士
件名(キーワード) アジア音楽療法シンポジウム
件名(キーワード) 補完代替医療
件名(キーワード) music therapy
件名(キーワード) evaluation
件名(キーワード) music therapist
件名(キーワード) Asian International Symposium
件名(キーワード) Complementary and Alternative Medicine (CAM)
要約・抄録 音楽療法は広義(音楽健康法)と狭義(治療目的)に大別でき,後者では実践を通じて経時的に観察し評価を行う.頻度が高い高齢者対象のセッションでは,長期目標として,健常者には心身の諸機能低下を予防して認知症を回避し,認知症や脳血管障害者には諸機能低下を改善および維持し,重篤な病態や緩和ケアの患者には QOL の向上を目指す.評価法として,板東法では感覚,行動,ADL/QOL など 20 項目を,佐治法では積極性,持続性,協調性,情緒性,知的機能,歌唱演奏,手の操作,歩行式,身体の円滑さ,返答など 10 項目を評価する.松井は音楽療法診断表(一般用)と音楽療法評価表(老人用)をまとめ,北本(卯辰山)式,岡崎・門間式,赤星式などもある.日本音楽療法学会認定の音楽療法士が増加し,2009 年 3 月には東京で第 1 回アジア音楽療法シンポジウムも開催された.音楽療法は補完代替医療の中で他の療法との併用も試みられ,さらに重要となりつつある.<br>
要約・抄録 Music therapy(MT) is generally classified into recreational MT in broad sense and therapeutic MT in the narrow meaning. In the latter cases, observing and evaluating the case is necessary. The MT sessions are held rather common for the aged people. We must set a long-term goal in response to the cases; to prevent the reducing mental/physical function and to avoid dementia for the healthy people, to maintain/improve the various functions for the patients with dementia and cerebral vascular accident (CVA), to aim the advancement of QOL for the patients with severe status or in the palliative care. Various evaluating methods are seen: Bando proposed 20 items including sensation, behavior and ADL/QOL; Saji proposed 10 items including activity, persistence, cooperation, emotion, intelligence, singing/playing, handling, walking, smooth action, verbal response. Matsui summarized general MT diagnostic table and MT evaluation table for the aged, and other methods by Kitamoto (Utatsuyama), Okazaki/ Monma, and Akaboshi are seen. The number of the music therapists registered by Japanese Music Therapy Association is increasing, and 1<sup>st</sup> Asian International Symposium of Music Therapy was held in March 2009. Thus, MT has become more important in Complementary and Alternative Medicine (CAM).<br>
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(ISSN形式) 1348-7922
掲載誌名 日本補完代替医療学会誌
掲載巻 6
掲載号 2
掲載ページ 59-67

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで