サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 -

質問

明治10年に、ロシア領事館の抗議により、ロシアの漢字表記を「魯西亜」から「露西亜」に変更したとウィキペディアに書かれているがそれを確認するものは何かないか。(神戸市立中央図書館)

回答等

タイトル 明治10年に、ロシア領事館の抗議により、ロシアの漢字表記を「魯西亜」から「露西亜」に変更したとウィキペディアに書かれているがそれを確認するものは何かないか。(神戸市立中央図書館)
回答 ウィキペディアに引かれる参考文献は渡辺雅司『明治日本とロシアの影(ユーラシア・ブックレット)』(東洋書店2003)だが所蔵なし。『国史大辞典』にも記述なし。当館蔵書では平野岑一『文字は踊る』(大阪毎日新聞社 1931 )の152~154ページに「『魯西亜』と『支那』」があり、それには「明治二十二、三年ごろまでは、当時の帝政ロシアを『魯西亜』と書いてゐた。わが公文書にも、その字を用ひてゐた。これに対して『魯』の字は、『おろかもの』の意味であるといふので、ロシア政府から、わが政府に抗議して來た。その後は、『魯』のかはりに、『露』の字をあてるやうになつた」とある。 ただし、『日本経済新聞』2012.9.11. 6:30Web版に小林肇「ロシアの漢字略称「魯」が「露」に変わったワケ」があり、これによると「1855年の条約では「魯」の字が当てられたわけです。それが1875年の樺太千島交換条約の条文では「魯」に代わって「露」が使用され、以後「露」表記が主流になっていきます」・「幕末・明治期の歴史学者、重野安繹(しげの・やすつぐ)は1904年に行った講演で、1872年か1873年ごろにロシアから「魯と云うのは魯鈍の魯の字であって、字が悪いから露の字に変えろ」という照会があったと述べています(「歴史評論」457号の熊沢徹氏の論文による)」とあり、外交上の呼称変更は平野の記述より古くなるものと思われる。ただし外交文書以外で「露」が一般化するのは1880年代に入ってからで「中外物価新報(日本経済新聞の前身)」では「1878年3月23日付には「魯」が、1885年4月30日付では「露」がロシアを表す見出しとして確認でき」るという。なお明治10(1877)年の領事館による抗議云々については小林の記事には記載がない。小林氏が引いた熊沢徹論文とは「日魯から日露へ--ロシアの呼称」『歴史評論 言葉から歴史を考える<特集>』歴史科学協議会1988 p47~52のことだが、『歴史評論』は所蔵なし。ちなみに白川静『字統』には、魯の字は「金文には」「みな嘉善の意に用い」る。「金文の魯の字形からいえば、祖祭に魚を薦め、祝祷して魯寿を求めるのが、魯の字義であると思われる。〔論語、先進〕『参(曾子の名)や魯なり』という魯鈍の意は、朴魯よりの転義であろう」と述べられ、本来は「よろこび」「さいはい」「おほい」などの意味で、愚かの意味は転義であるとする。参考資料:『明治日本とロシアの影』 渡辺雅司 東洋書店 2003, (所蔵せず)参考資料:『文字は踊る』平野岑一 大阪毎日新聞社 1931, (pv:0000051834 070=45)参考資料:『日本経済新聞』2012.9.11. 6:30 Web版, 参考資料:『歴史評論 言葉から歴史を考える<特集>』歴史科学協議会 1988, (所蔵せず)
NDC 816
対象利用者 一般

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで