サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

頚椎選択的椎弓形成術におけるC2,C7棘突起付着筋群温存の意義

加藤 相勲,中村 博亮,小西 定彦 他

詳細情報

タイトル 頚椎選択的椎弓形成術におけるC2,C7棘突起付着筋群温存の意義
著者 加藤 相勲
著者 中村 博亮
著者 小西 定彦 他
シリーズ名 特集 頚椎症性脊髄症治療の進歩
出版年 2007-08
別タイトル Effect of preserving the posterior muscle from the spinous process of C2 or C7 in selective laminoplasty
件名(キーワード) Laminoplasty
件名(キーワード) Axial pain
件名(キーワード) Cervical spine
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(ISSN形式) 03874095
掲載誌情報(ISSNL形式) 03874095
掲載誌情報(URI形式) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000031808-00
掲載誌名 整形・災害外科
掲載巻 50
掲載号 9
掲載ページ 977~983
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで