サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

医療過誤 重要裁判例紹介(第77回)不妊治療中の患者の子宮筋腫核出術を行った際ガーゼを残置したため患者に卵巣嚢腫が発生し子宮外癒着及び卵管閉塞が生じた場合、これに気付かないまま3年間にわたり人工授精及び体外受精を多数回施行したことに対し、病院側にガーゼ摘出の費用のほか無益な人工授精等に要した費用及びこれに伴う慰謝料の損害賠償責任が肯定された事例[東京地方裁判所平成18.9.20判決]

加々美 光子

詳細情報

タイトル 医療過誤 重要裁判例紹介(第77回)不妊治療中の患者の子宮筋腫核出術を行った際ガーゼを残置したため患者に卵巣嚢腫が発生し子宮外癒着及び卵管閉塞が生じた場合、これに気付かないまま3年間にわたり人工授精及び体外受精を多数回施行したことに対し、病院側にガーゼ摘出の費用のほか無益な人工授精等に要した費用及びこれに伴う慰謝料の損害賠償責任が肯定された事例[東京地方裁判所平成18.9.20判決]
著者 加々美 光子
出版年 2007-07
注記 記事種別: 判例研究
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(ISSN形式) 09144161
掲載誌情報(ISSNL形式) 09144161
掲載誌情報(URI形式) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000059853-00
掲載誌名 民事法情報 : 総合情報検索誌 / 民事法情報センター 編
掲載号 250
掲載ページ 77~81
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで