サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

海上保安事件の研究(第57回)乗組員等が一人も生還していないことから,極めて人証と物証に乏しい事件で,船体構造と沈没の因果関係をどのように判断するかなど,海難原因の究明や過失の特定が非常に困難なケースであった,海洋調査船「へりおす」沈没(全損)事件について,船体の引き揚げに成功したことから,その全容がほぼ解明された事例(第一審,昭和63年仙審71号,仙台地方海難審判庁平成2年3月20日言渡,海難審判庁平成2年1・2・3月分裁決録1・2・3合併号。第二審,平成2年第二審9号,高等海難審判庁平成4年6月3日言渡,海難審判庁平成4年4・5・6月分裁決録4・5・6合併号696頁)

廣瀬 肇

詳細情報

タイトル 海上保安事件の研究(第57回)乗組員等が一人も生還していないことから,極めて人証と物証に乏しい事件で,船体構造と沈没の因果関係をどのように判断するかなど,海難原因の究明や過失の特定が非常に困難なケースであった,海洋調査船「へりおす」沈没(全損)事件について,船体の引き揚げに成功したことから,その全容がほぼ解明された事例(第一審,昭和63年仙審71号,仙台地方海難審判庁平成2年3月20日言渡,海難審判庁平成2年1・2・3月分裁決録1・2・3合併号。第二審,平成2年第二審9号,高等海難審判庁平成4年6月3日言渡,海難審判庁平成4年4・5・6月分裁決録4・5・6合併号696頁)
著者 廣瀬 肇
出版地(国名コード) JP
注記 記事種別: 判例研究
出版年(W3CDTF) 2011-04
NDLC ZA15
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(URI形式) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000104488-00
掲載誌情報(ISSN形式) 02868490
掲載誌情報(ISSN-L形式) 02868490
掲載誌名 捜査研究 / 東京法令出版株式会社 [編]
掲載巻 60
掲載号 4
掲載通号 718
掲載ページ 87~99
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで