サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

日本語とペルシア語における受身文の使用頻度--書き言葉の分析を通した一考察

五十嵐 小優粒

詳細情報

タイトル 日本語とペルシア語における受身文の使用頻度--書き言葉の分析を通した一考察
著者 五十嵐 小優粒
出版年 2010-12
別タイトル The frequency of usage of the passive voice in Japanese and Persian: one consideration through the analysis of the written language
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(ISSN形式) 09182233
掲載誌情報(ISSNL形式) 09182233
掲載誌情報(URI形式) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000082377-00
掲載誌名 日本語・日本文化研究 / 大阪大学言語文化研究科言語社会専攻海外連携特別コース 編
掲載号 20
掲載ページ 37~50
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで