サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

中世日本語における主格助詞標示と言語進化理論

小林 茂之

詳細情報

タイトル 中世日本語における主格助詞標示と言語進化理論
著者 小林 茂之
シリーズ名 ワークショップ 言語変化への認知的・形式的アプローチ
出版地(国名コード) JP
別タイトル Nominative Case Marking in Middle Japanese in Relation to Language Evolution Theory
出版年(W3CDTF) 2010
NDLC ZK21
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(URI形式) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000396109-00
掲載誌情報(ISSN形式) 13467964
掲載誌情報(ISSN-L形式) 13467964
掲載誌名 日本認知言語学会論文集
掲載巻 10
掲載ページ 750~753
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで