サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

The influence of apparent vocal-tract size, contrast type, and implied sources of variation on the perception of American English voiceless lingual fricatives

Benjamin Munson,Alexander Coyne

詳細情報

タイトル The influence of apparent vocal-tract size, contrast type, and implied sources of variation on the perception of American English voiceless lingual fricatives
著者 Benjamin Munson
著者 Alexander Coyne
シリーズ名 Feature articles: Current trends in experimental OT and laboratory phonology
出版年 2010-04
別タイトル アメリカ英語の無声摩擦音知覚に与える口腔サイズと対立タイプとバリエーション要因の影響について
件名(キーワード) voiceless fricatives
件名(キーワード) contrast type
件名(キーワード) perception
件名(キーワード) formant- and fundamental-frequency
件名(キーワード) variations in sex and age and height
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(ISSN形式) 13428675
掲載誌情報(ISSNL形式) 13428675
掲載誌情報(URI形式) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000101298-00
掲載誌名 音声研究 / 日本音声学会 編
掲載巻 14
掲載号 1
掲載ページ 48~59
言語(ISO639-2形式) eng : English

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで