サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

症例報告 抗てんかん薬減量により脳梁膨大部にMRIで一過性高信号を認めた2症例

片桐 匡弥,飯田 幸治,香川 幸太 他

詳細情報

タイトル 症例報告 抗てんかん薬減量により脳梁膨大部にMRIで一過性高信号を認めた2症例
著者 片桐 匡弥
著者 飯田 幸治
著者 香川 幸太 他
出版年 2014-06
別タイトル Transient high signal lesion in the splenium of the corpus callosum on MRI after withdrawal of antiepileptic drugs : Report of two cases
件名(キーワード) 抗てんかん薬 (antiepileptic drug)
件名(キーワード) MRI (magnetic resonance imaging)
件名(キーワード) 脳梁膨大部 (splenium of the corpus callosum)
件名(キーワード) ビデオ脳波モニタリング (video electroencephalographic monitoring)
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(ISSN形式) 03675904
掲載誌情報(ISSNL形式) 03675904
掲載誌情報(URI形式) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000020282-00
掲載誌名 広島医学
掲載巻 67
掲載号 6
掲載通号 761
掲載ページ 541-548
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで