サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

アメリカ刑事判例研究(30)Brady v. Maryland, 373 U.S. 83 (1963) : 検察側による被告人に有利な証拠の秘匿は検察側の善意・悪意にかかわりなく第14修正のデュー・プロセス条項に違反する。

小早川 義則

詳細情報

タイトル アメリカ刑事判例研究(30)Brady v. Maryland, 373 U.S. 83 (1963) : 検察側による被告人に有利な証拠の秘匿は検察側の善意・悪意にかかわりなく第14修正のデュー・プロセス条項に違反する。
著者 小早川 義則
出版年 2013
別タイトル Case Study of American Criminal Law(30)Brady v. Maryland, 373 U.S. 83 (1963) : The Suppression by the Prosecution of Evidence Favorable to an Accused Violates the Due Process Clause of the Fourteenth Amendment Irrespective of the Good Faith or Bad Faith of the Prosecution
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(URI形式) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007722609-00
掲載誌名 名城ロースクール・レビュー / 名城大学大学院法務研究科 編
掲載号 28
掲載ページ 75-84
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで