サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

非外傷性後骨間神経麻痺に対する超音波検査の意義

中道 健一,井田 雅祥,大賀 辰秀 他

詳細情報

タイトル 非外傷性後骨間神経麻痺に対する超音波検査の意義
著者 中道 健一
著者 井田 雅祥
著者 大賀 辰秀 他
出版年 2013-05
別タイトル Clinical Significance of Ultrasonography for the Diagnosis of Nontraumatic Posterior Interosseous Nerve Palsy
件名(キーワード) 非外傷性後骨間神経麻痺 (nontraumatic posterior interosseous nerve palsy)
件名(キーワード) 超音波検査 (ultrasonography)
件名(キーワード) 占拠性病変 (space-occupying lesion)
件名(キーワード) 神経のくびれ (nerve constriction)
件名(キーワード) 回外筋症候群 (supinator syndrome)
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(ISSN形式) 18813526
掲載誌情報(ISSNL形式) 18813526
掲載誌情報(URI形式) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008242782-00
掲載誌名 The Japanese journal of rehabilitation medicine / 日本リハビリテーション医学会 編
掲載巻 50
掲載号 5
掲載通号 399
掲載ページ 328-333
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで